2005-12-06 20:10:17

簡単なはずのこと

テーマ:使い方

工房は、今のところ掘っ立て小屋です。それをまあ、春になったらぼちぼち直してちゃんとしたものを作ろうと思っています。そこで作業してると、マジで凍えます(笑)。


それで、工房の隣には、これまた小さな石造りの小屋がついています。総床面積は・・・20畳ないと思う。ワンルームマンションみたいなものです。小さいキッチンつき。便所とお風呂も着いているのがありがたい。こちらは、事務をしたり、絵を描いたり、デッサンしたり・・・と、あまり汚さない作業用兼居住エリア。


この小屋は、現地語の古語で石の場所という名前がついています。なんと、石が好きなわたしにはぴったりの名前だわ。という訳で、工房のことは、石の家、と呼んでいます。


石の家には電気は来ています。水道は、もしかして井戸水か?といわれていたのですが、何とか上水道が来ています。しかし、ガスも下水も来ていません。電話は何とか。


暖房は薪ストーブ。こんな感じ。


room


以前、谷川俊太郎の33の質問 でこんな風に答えていました。


18.一脚の椅子があります。どんな椅子を想像しますか?
  (形、材質、色、置かれた場所など)


適度に小さな石の床の部屋。木の椅子。ななかまどと楡でできていて、ものすごく古くて、少し傾いている。素朴な形だけど、座ると包み込まれるような木の暖かさ。

・・・これって、わたしのお気に入りの椅子のことですが。


それはこの石の家に置かれたわたしの椅子のことだったのです。




そして、そこで、この写真をみて、すてきー、きゃー、と思ったあなた。甘いです。


薪ストーブは薪が無きゃ暖かくないです。薪はどこから来るか。


買ってくるとすごい高いです。電気代の5倍くらいかかります。


石の家の裏には森があります。この森に行ってですね、枝を拾ってきて・・・。しかし、枝はあっという間に燃えてしまって、ぜんぜん暖かくないです。やはりある程度太い薪でなければ。


家の横に木が切って積んであるんですね。隣人の好意です。長さが1メートルくらい。これを切るんです。チェインソーは持っていません。恐いし。危険だよ、あれは。


という訳で、手で切ります・・・。手ごろな切り株の上に木を置いて、足でよっこらしょっと抑えて、のこぎりで。いつになったら切れるんでしょう・・・。


かなり太い木を切ったので、斧で薪を割ることにします。薪割りね、うん、よくTVとか映画でみるじゃん、簡単そうじゃんね。


・・・1分後、斧は木と別れられないと言い出しました。


・・・割らなくても使える太さのものだけ使うことに決定。


1時間くらいかかって、くたくたになって、汗だくになって、やっと3時間分くらいの薪ができます。


しかし、労働で暖かくなっても、薪ストーブが暖かくなければ話にならない。


木は乾いていると簡単に燃え点きます。新聞紙を丸めて入れて、その上に薪を置いてやって火をつければいちころです。


が、もちろん、薪を屋根のあるいいところになんて置いていません。湿っています。使う3日ほど前から室内に持ち込んである程度は乾いているけれど。


湿っています。


火がつかない・・・。


苦労して、苦労して火をつけても・・・ぱあっと燃え上がらない・・・。そう簡単には・・・。時間がかかります。


それで、やっと燃え上がって、暖かくなった、と思って油断をしていると。


薪が燃えつきとる・・・。


また一からやり直しで、火の付け直し・・・。


暖房、という、今の豊かな国の生活でこんなにも簡単なはずのことが、こんなにも難しいとは。今の自分の環境がいかに恵まれているのか、改めて考えてしまいました。


***************************


・・・というわけで、工房に行って何をしておったのかというと、毎日せっせと薪を作っては薪ストーブに火をつけていました。森の家にいたときには暖炉がありましたが、ちゃんとセントラルヒーティングがあって、暖炉は楽しいからつけてただけだし。石炭だったし。


もう、薪ストーブだけで、へろへろになる毎日でした。


で、近所のきこりのおじさんと知り合いになって、薪を譲ってもらうことで解決しました・・・。うう・・・現代人よ、汝の名は軟弱なり・・・。


きこりのおじさんありがとう。


という訳で、薪作りの重労働から開放されたので、これから、コメレスなどさせていただきます。

AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2005-11-24 14:44:52

うーん・・・ちょっと主義に反するが・・・

テーマ:使い方

なるべく環境に優しく生きていきたい。リサイクルして、ゴミを出さないように、車には乗らないように、主電源も切り・・・。


と、思っています。まだまだ努力が足りないけど。


で、車には乗らないようにしていたんですが・・・。


実は、工房がやっと手に入りました。わたしの仕事は騒音もすごいし、砂埃もすごいし、周りには迷惑がかかるし・・・なので、町の中、というわけにはいきません。


必然的に、人里はなれた山の中に工房を立ち上げることになります。


そして、手に入れたのは、ほんとに、人里はなれた山の中の物件・・・。山を越え、谷を越え、1.5車線簡易舗装、ガードレールなし、最大傾斜角度18%・・・。この前なんか、羊がぶつかってきた(笑)。


ある日、工房に向っていたら農家のおじさんが羊をゲートに追い込んでいるところにぶつかっちゃったんです。頭のよさそうな、きりっとしたシープドッグが二匹でうまいこと羊をゲートに追い込んで行きます。道は羊でふさがれているので、とりあえず、車を止めて成り行きを見物していました。


そのうち、気の強そうな一匹がシープドッグに逆らって自由の地への憧憬を追いかけようとしはじめました(要するに脱走を試みた)。


シープドッグに追いかけられ、必死で逃げる羊。その退路を断った形になっちゃったわたしの車。


一瞬考えて、羊は車に向って猛ダッシュ。それを止めようと必死になるシープドッグ。羊に噛み付いたりして止めようとしていますが、いかんせん、羊の方がでかい。力技では止められません。羊だって、パニックしてるから、思いっきり車に向ってきます。で、ぶつかってくる・・・。


これは、普通の乗用車ではいつか、羊に殺されるかもしれん・・・。


今の車では・・・ちょっと、心配。これから寒くなると路面の凍結、積雪、なども懸念される・・・。


という訳で、ついに、ついに・・・。


憧れの4輪駆動を手に入れました。わーい。


あこがれていた、あの、4輪駆動。ずーっとずーっと、いつか四輪駆動を買おう、買うんだったら絶対にこれ、と決めていた、あの名車。


それは・・・


jimny

スズキのジムニー!

もちろん、マニュアルトランスミッション。

わたしのは赤。


スピードが出なくてもいいの。

快適なサスペンションもいらないの。

大きな車なんて恐くて運転できないの。


小さくて、小回りがきいて、どこにでも一緒に行ける子がほしかったの。


ドイツ系の車の滑らかなギアボックスに比べると、ぎっこんぎっこんギアを入れる感じも、硬いサスペンションで、路面が直接感じられることも、ちょっと高めの車高からの眺めも、重心が高いからちょっと不安定なコーナリングも、ぜーんぶ最高。


おれのこころを~わかっているのか~

もえるわたしの~

あかいじーむにー

それがおまえ~だぜ~

それがおまえ~だぜ~~~♪


なんて、うろ覚えの赤いトラクター(小林旭)をもじって歌っちゃったり。

赤いジムニーくらいしかわかりあう相手がおらんのか、とかつっこまないでね。一応、オカメとも分かり合っていると・・・思いたい・・・。・・・ほかにも・・・いるもん・・・分かり合ってる相手・・・いる・・・かな・・・(フェードアウト・笑)。

・・・というわけで、うきうきと工房に通っております。そのため、最近、ちょっと放置気味。


工房は立ち上げ作業がぼちぼち始まっているところ・・・。完全立ち上げは来年の9月くらいまでかかるかな・・・。


ちなみにこんなページ も・・・。



************************

わたしの愛する海さんから、バトンがまわってきました。イメージバトン。面白そう・・・。


次回に答えてみたいと思います!


海さん、ありがとう♪ 愛してるわ。

AD
いいね!した人  |  コメント(23)  |  リブログ(0)
2005-10-19 16:04:13

逆らわないでね

テーマ:使い方

↓の記事で、作品の部分見せをして、失敗したと思っているわたしです。なんだか、期待を高めてしまったようで・・・。全体って、ほんのちょっと大きいだけで、そんなにたいしたことはないので、部分だけ見せたんですよ・・・。


あの作品のテーマについては、ここしばらくずっと考えていました。


もちろん独立した作品ではあるんです。でも、ほかの作品とも微妙につながりあっていて・・・。写真に写っている部分のモチーフは以前にも使ったことがあります。


アンモナイトのイメージです。びしっと気が付いていただけてうれしい限りです。でんでんむしとか言われたらどうしようと・・・ガクガクブルブル・・・してました。


でも、アンモナイトそのものではなくて、アンモナイトが外れた跡。あったものがなくなって残された空間。VOIDです。


何をなくしたのか・・・。残った凹みに何を入れるのか・・・。



と、いうようなことをボケーっと考えながら、石を削っております。初めは電動の工具で一気にあるていどまで形を作ります。力と技って感じ。


その後、鑿(のみ)と槌(つち)で細部を彫っていきます。


tool


鑿(のみ)で一番よく使うのはこの写真の左のクロウという形のものです。沢山がばっと削ったり、下の記事の写真のみぞみぞパターンを作ったりします。ものすごく消耗するので、先っぽの歯は付け替えができるようになっています。


鑿(のみ)はカーボンスティール(炭素鋼鉄、かな?)でできています。それで、槌(つち)は金属の頭で木の握り、重さはそれぞれ1.5kg、1kg、0.5kgなんですけどね。


この間、しみじみとこのクロウを見て、


「クロウや、苦労をかけるねえ」


と、自分でも寒くなるしゃれをかましていたんです。よくよく見ると・・・。


これが、本来の鑿(のみ)のたたかれるところです。


tool  台形っぽい。


そして、これがクロウの同じ部分・・・。



















































































tool  真平・・・。


これを、反抗期真っ只中で、憎たらしいことばかり言ってくる息子に見せて、


「おかあに逆らったらあかんで」


と、優しく言っておきました。


彫刻をしていてよかった、と思った瞬間です。




**********************************************************

関係ないんですが・・・。鑿(のみ)という漢字・・・


↑拡大して初めて字の形がわかった・・・。

この字は、何でこんなに画数が多いんでしょう? 絶対に書けない。これ、画面上では真っ黒につぶれているのではないかと・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005-10-10 01:55:25

りんごのジェリー

テーマ:使い方

この時期になると、あちらこちらの友人たちからりんごが届く。自分たちの庭になったりんごが自然に風で落ちたものを集めて、


「今年のりんご」


といって、届いてくる。これが来ると、ああ、秋が深くなる・・・と思う。


なぜか知らないけれど、木lになっているりんごは摘まない。風で落ちてくるまで待つ。


虫が食っていたり、鳥がつついていたり、一部腐っていたり、形も悪いし、色も変。


apple


友人たちにしてもりんごの世話をしているわけではない。ずっと昔に誰かが庭に植えたりんごの木が、今でも実をつけて、それが風で落ちてくるのを拾っているだけだ。


このりんごは食べてもいい。すっぱくておいしい。品種改良されていない昔のりんごの味。大好き。


でも、風で落ちたりんごはすでに熟しきっているので、日持ちがしない。だから、たくさんもらうとジェリーにする。イングランドに住んでいたとき、ヤマモモのシロップの作り方と引き換えに、教えてもらったりんごのジェリーの作り方。


1) りんごを洗って丸ごと鍋に入れる。


2) 水をりんごの半分くらいの量入れる。(入れるのは水だけ)


3) 強火にかけて、りんごが崩れるまで煮る。


4) 途中、煮てできたりんごのどろどろ液の表面に木ベらで字が書けるような硬さだと硬すぎるので、少し水をたす。あんかけのあんくらいの硬さが理想。


5) りんごがよく崩れたら、モスリンを二重にしたもので全体を包み、天井や適当な場所からぶら下げて、一晩、りんご液を搾り取る。このときに力を使ってもいいんだけど、そうすると果肉がりんご液に入って出来上がりが透明にならない。


apple  

うちでは階段の欄干からぶら下げます。

すごい所帯じみた写真だ(笑)。


6) 一晩かけて集めたりんご液1パイントに、砂糖1パウンドの割合で砂糖をたす。このとき、ペクチン入りの砂糖を使う。また、集めたりんご液はにごっているんだけど、砂糖をたして火にかけるときれいな透明になります。ペクチンがいやなら、レモンでも代用できます。


apple

これが、モスリンで濾しとったりんご液。

どろっとしてて、ネクタージュースくらいの感じ。

この段階ではにごっています。


7) しっかり沸騰させて、そのあいだにビンもオーブンでしっかり暖めて消毒して、熱いビンに熱いりんご液を入れて、まだ熱いうちにふたをします。


apple

ビンに入れたもの。ちょっと透明になってる。



8) これで、2週間ほど待つとしっかり固まってりんごジェリーができます。


apple

これは、去年のりんごジェリー。

熟成すると色がこんな風なキレイなオレンジになります。

透明でキレイでしょ。

すっぱくておいしいです。



ベーコンを食べるときに一緒に食べても、チーズと食べても、豚肉と食べても、おいしいです。


鹿肉のステーキのを食べるときの緑胡椒のソースにたしてもいいし、カレーに隠し味としてたしてもおいしい。


ジャムみたいにパンに塗ってもおいしいです。スポンジケーキに塗ってもいいし。


このりんごジェリーの瓶詰め作業が始まると秋が深まるなあ、って感じです。そして、りんごジェリーがしっかり固まって、はじめのビンのふたをあけるころ、冬がそっとやってきます。

いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)
2005-09-06 06:41:20

のんべいバトンがまわってきました

テーマ:使い方

ふふふ。


いきなり不気味な笑いですみません。


だって、まわってきたんだもん。のんべいバトン。お気楽堂本舗のみさんから。一緒に飲んだくれてみたいって・・・ふふふ。うれしいなぁ。


というわけで、お答えしていきます。


Q1.今、冷蔵庫に入っているお酒の量は?


入ってません。えーと、冷やして飲むような酒を飲まないので。ウォッカが冷凍庫に入ってるけど。ウォッカは冷凍庫で冷やして、トローンってなったのを、クリスタルのショットグラスで一気にぐっと行くのが好き。厳寒のロシア、って感じがしますよねー。


白ワインは飲まないので、冷蔵庫には入ってないし。


普段は赤ワインばっかりで、これは室温で飲むので(冷やさないんだよ)、冷蔵庫に入っていないし。ビールも、冷やして飲むタイプじゃない、地ビールの室温で飲むタイプ(エールとか、スタウトとか・・・)が好きなので、やっぱり冷やしてません。


たくさん作ってる果実酒は戸棚の中に入っています。9月から10月に山に行って、いろんな野生の果物を集めてきてジンに漬け込みます。比率は、果物1:ジン1:砂糖1。覚えやすい・・・。
 
 
Q2.好きな銘柄は?


赤ワインは、絶対にボルドーしか飲まないわがまま者(笑)。バーガンディーの薄い赤ワインは物足りないし、オーストラリアの赤ワインは甘すぎるし。チリとかイタリアの赤ワインもいまいちボディーが弱くって。でも、銘柄とか気にしないです・・・。だいたい一本1000円くらいのメルロー系のものを飲みます。キャバネソヴィニオンは、ボルドーなんだけど、うーん、やっぱり甘くていや。


そうですね・・・あえて言えば、ボルドーの中でもメドックはおいしいな。


白ワインだと、ほとんど飲まないけど、シャドネー系のドライなのが好き。暑い夏の夕暮れにピクニックしながら飲むのがおいしいよね。アンツゥルドゥメールもドライでいいなあ。夏のワインとして最高の白ワインは、アルザスのゲブルツトラミネールかな。きんきんに冷やして、フルート・グラスでいただきます。


日本酒だと、一の蔵。これしかないって感じ。


ビールは絶対、ギネス。ダブリンで飲むギネスが最高。ダブリン。行きたい。麗しのダブリン。


ウィスキーは、グレンモランジー。クリアーで静けさを感じるウィスキー。あー、ウェストコーストのスコッチもいいけど・・・タリスカーとか。アイルランドのブッシュミル、ジェームソンも好き。


ジンは、タンカレーひとすじ。


ウォッカはスウェーデンのアブソルート・ウォトカ。ロシアのストリーチナヤも好きだけど。手に入らなくなりましたねえ・・・。



Q3.最近最後に飲んだ店は?


外で飲むのがあまり好きじゃないんですよ。家で、ゆっくり飲む。窓から見えるハーバーと海。好みの音楽。これが好きなんです。気のあう友人達を招いて、つまみを作って・・・。


最後に飲んだ店は・・・えー、もしかして、日本にいたときにcomplexologistさんと渋谷で飲んだのが、最後かも(笑)。


Q4.思い入れのあるお酒


一の蔵。


仙台に行ったときに、たくさーん飲ませていただいた。で、そのとき、仲間と大いに盛り上がった。科学と芸術の将来の幸せな共存について、獣道的観点から議論をした(要するに酔っ払ってて、好きなことだけ言っていた・笑)。


一の蔵は3ヶ月日本に帰ってたときに、しょっちゅう一人で飲んでいた。飲んでるときに人が訪ねてきたこともあった。友人よ、酔っててすまなかった(笑)。


 
Q5.ジョッキを渡す5人。


ふーむ。一緒に飲みたい人。


海さん  (ゆっくりと大人の雰囲気で、キャンドルライトで赤ワインなど)
かみたさん  (撃沈するまで飲みましょう)
おばちゃんさん  (おしゃれにシャンペンでもいかが?)
yosh-guanさん  (なんか知らんけど、酒飲んで語りましょう!)
うりぼうさん  (スペインのコルクの木を思いながら、CAVAの栓を抜きません?)


お願いします。あ、お前となんか飲みたくないって言わないで。酒癖はそんなに悪くありません。時々歌っちゃう程度です(笑)。
 

いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)
2005-08-29 04:35:55

紅茶を飲んで思い出した: 嗚呼、聞きまちがい。

テーマ:使い方
みさんのこちらの記事を拝読したときに、

日本語が外国語ではどんな風に聞こえているか
面白いネタがあったら
一度お教えください。


とレスをいただいた。で、考えていたんだけど、うーん、ないなあ・・・。

例えば、ショーン・コネリーが日本に行ってどーのこーのって映画で、彼の日本語が爆笑もんだった、とかはあるんだけど。



で、今日、またしても紅茶を飲んでいた。だんなが出張中なので、仕方がないので、自分で一人分だけ入れる。ちょっと贅沢にウェッジウッドのワイルドベリーのセットなど出してみる。



まったくよ、これで、縦ロールの髪型で、フリフリの洋服なら、少女漫画だよ、などと思いつつ、紅茶を飲む。

実は、この茶漉しはアンティークなんだけどなかなかパターンがきれいなので気に入っています。



本来なら、これをおく銀の受け皿もなければいけないんだけど、ガラクタ屋で見つけたときには、受け皿は行方不明になっていました。

で、店のオヤジ、

「500円払え」

言うんです。

「アホかいな、おっさん。受け皿あらへんかったらこんなもん10円の価値もないで。200円に負けんかい」
「・・・250円?」
「225円」
「売った!」

という経緯で、半額以下で買った満足の一品(しかし、せこい値切り方・・・)。

で、紅茶を飲んでいたら、思い出した! ネタや!

それは・・・。

イングランドに住んでいて、わたしの友人の英語のできない奴が来ていたとき。金魚の糞みたいに引っ付いてまわられたので、いい加減頭にきて、近くの町の真ん中に捨てたことがある。

「ああ・・・お願い、捨てないで・・・」
「ええい、うるさい。蹴ったるでぇ」
「嗚呼、切れろ別れろは芸者のときに言う言葉・・・」

なんだか、金色夜叉湯島の松がまぜこぜになっとりますが。

とにかく、用事を済ませる間、そこのカフェで待っとけ、と友人を置いていきました。

しばらくして、カフェに迎えに行くと、友人がこういいました。

「あのな、英語できひんやん。そやから、難しいものたのまんと、簡単なものにしたらええわ、思ったん。それで、コーヒーやったら大丈夫やろと思って、

コーヒー

ってはっきりいったん。そしたら、紅茶が出てきた・・・」

二人で、何でやろ?と悩んだ。しかし、わからん。

夜に、だんなが帰ってきたので、聞いた。

「コーヒー、って言ったら、紅茶でてきたんやけど」

「ああ、それはね・・・

こ・お・h・い

って聞こえたんだよ。

こ = カップ (地方ではくっぷと発音するところもあるので)

お = of (実際の発音は確かにfを落として「お」に近いことがある)

h = 訛りとして無視。

い = ティーのT抜き。

要するに、

こ・お・い

Cup of tea

って聞こえたんだね。」

おお、だんな、英語できる・・・。

結婚して10余年、初めて尊敬のまなざしてだんなを友人と見つめてしまいました。

というわけで、イングランドで紅茶が飲みたい場合には、自信を持って、日本語発音で、

コーヒー

とはっきり言えばよろしいようです。



いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005-08-25 06:19:22

数をめぐる思い

テーマ:使い方
皆さん、ご存知の通り、わたしは微分積分のおかげで高校から卒業できなかったかもしれない人間です(こちらの記事参照)。

でも、苦手=嫌い、ではありません。

どちらかと言うと数学は好きです(できないけどさ)。

素数の性質なんて、どきどきします。わたしの好きなアカデミックなタイプの人に、ゆっくりと素数について語られたりすると、かなり危険なんじゃないか、という気がします。

フェルマーの定理というのがありまして、それが1995年にアメリカの数学者ワイルズによって証明されました。(この記事をご参考までに)

このとき、このフェルマーの定理にかかわった数学者達のドキュメンタリーをTVで見たのですが、もう、なんていうか、好みの男性が続々と・・・あ、ちょっと違うか(笑)。この証明にかかわった人たちのことを書いた本もあるんですが、非常におもしろかったです。わからないところも多かったけど。

先日、complexologistさんのところで、数字の話が出ていて、そこに彼の彼女さんが23は素数と躊躇せずにおっしゃったという記述を読んで、つくづく、自分が男だったら、なんて思ってしまったり(笑)。コンさん、負けないぞ(←わけのわからない競争意識・笑)。

それで、素数の性質で、

2以上の任意の数を選んで二倍にすると、もとの数と二倍になった数の間には必ず一つは素数がある

とか、

偶数は必ず2つの素数の和で表せる

奇数は3つの素数の和で表せる

なんて話を聞くと、うっとりしてしまいます。

あるとき、奇数の性質について本で読みました。それを図で表すと、まあ、こんな風になります。

 1 ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎  1x1=1
 3 ○ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎  2x2=4
 5 ◎ ◎ ◎ ○ ◎ ○ ◎  3x3=9
 7 ○ ○ ○ ○ ◎ ○ ◎  4x4=16
 9 ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ○ ◎  5x5=25
11 ○ ○ ○ ○ ○ ○ ◎  6x6=36
13 ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎  7x7=49

これを見たときには感動しました。それで、その感動を、そのとき教えていた子供達に伝えたくて。この図を見せ、

「では各グループごとに1から10000までの間にあるすべての奇数を足した和を求めなさい。はい、今から10分!」

・・・そうしたら、やっぱり、いきなり足しはじめるんだよね、1から順番に。まあ、一人で全部足そうとしないで、グループのメンバーで手分けをしていただけ、わたしが教えた成果があったというか・・・。この図を見ただけで、分かれって子供達に言うほうが無理があるんです。で、予定調和的に、やっぱり足したか、と笑えたのでした。

そこで、おもむろに、

「君達、君達・・・(大げさなため息)」

なんて、絶望の芝居をしたりして。そして、(出来もしないのに)数学者ぶって、もったいぶって説明をして。

このほか、ピタゴラスの整数論とかピタゴラスの定理、完全数とか・・・自分ではそんなもの上手に説明できないけど、話を聞くとワクワクします(ピタゴラスの定理くらいは証明できますが)。

数っておもしろいですよね。ルネッサンス期の科学者達が神様を数に見出していたのも納得してしまいます。人間が作ったのか、自然に存在しているのか。そのあたりも不思議です。きっと、宇宙の果てに行っても数ってその性質は同じなんですよね。

だから、ほかの星への宇宙に向けてのメッセージは数の性質を使用して行われているんだそうです。2進法を用いて、様々な方法で自分たちの文明と挨拶を宇宙に送る。それには言葉ではなくて、数の性質が使われるんですね。

数の性質は、これからの世界や宇宙の共通言語となるんだろうなと、思ったしだいです。そして、しまった・・・勉強しときゃよかった、なんて、今更ながらに後悔するのでした。

中沢新一の「バルセロナ、秘数3」を読んで、バルセロナに行きたい、と思ったりもしたことがありました。

こういう美しいものが不思議な形で存在しているこの世界が愛しいなあ、とか、なんだか、ちょっとしんみりしたりして。


******************





サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで

わたしが読んだのは、一応原書(あ、自慢じゃなくて、それしか手に入らなかったのです)。日本語訳も出てるんですね。こういう数学史とか科学史ってすきです。今、わたしたちが当たり前としてとらえているものが、いかに当たり前でなかったかがよくわかります。





ハンス・マグヌス エンツェンスベルガー, Hans Magnus Enzensberger, 丘沢 静也, ロートラウト・ズザンネ ベルナー
数の悪魔―算数・数学が楽しくなる12夜

この本もおもしろかったです。数というものの美しさ、おもしろさ、不思議さがよくかかれていて。息子にも読ませました。数学が嫌いって言う人でも、読むべきです。学校の小うるさい先生みたいな数の悪魔にほれました(笑)。

***********************************

ええと、文中の図の解説を記事にしました。こちらからどうぞ

あれ、分からなくて当然です。わたしも分からなくて、3日くらい考えていました(笑)。
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2005-08-23 22:34:56

数をめぐる思い2

テーマ:使い方

8月26日の追記です。


あの、「数をめぐる思い」の記事で、奇数の性質を図式化したものを乗せました。わざと説明つけずに。あれは、1から順番に奇数だけを足していった和の大きさの不思議を表すものなんです。しかも、一箇所省いているし。

例えば、1は1番目の奇数です。○はいっこだけ。だから1x1=1。この答えが、1番目の奇数だけを足した答えになっています。そりゃそうだ、1しかないんだもん。

2番目の奇数は3です。で、◎を3つ初めに書いた一つの○の周りに配置します。
すると、一辺に二つの円がある方形になります。

○ ◎
◎ ◎ (図1)

ここにある円の総数は一辺が2ですから、2x2=4。この2は二番目と言う値と一致しています。

これが1+3の答えと同じになっています。

3の次の奇数は5です。小さいほうから3番目の奇数。5つの○を先ほどの図1の周 に配置します。

○ ◎ ○
◎ ◎ ○
○ ○ ○   (図2)

すると一辺に3つの円の並んだ正方形が出来上がります。ここにある円の数は、だから3x3=9。一辺の円の数3は3番目という値と一致しています。

これが、1+3+5の答えと同じになっています。

つまり、1から数えてn番目の奇数かが分かれば、1からその任意の奇数までを順番に足していった総和が分かる、というわけなんです。

1から数えてn番目の奇数までの奇数の総和はnの二乗なんです。

13を考えると、これは7番目の奇数。だから、1から順番に奇数だけを足していった和は7x7=49となるんです。

それを表したのが、円が並んでいる図でした。あの図を完成させるために足し算の式を付け足すとこうなります。


 1 ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎  1x1= 1=1
 3 ○ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎  2x2= 4=1+3
 5 ◎ ◎ ◎ ○ ◎ ○ ◎  3x3= 9=1+3+5
 7 ○ ○ ○ ○ ◎ ○ ◎  4x4=16=1+3+5+7
 9 ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ○ ◎  5x5=25=1+3+5+7+9
11 ○ ○ ○ ○ ○ ○ ◎  6x6=36=1+3+5+7+9+11
13 ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎  7x7=49=1+3+5+7+9+11+13

授業では、その前に教えたガウスの法則なんかも思い出させたかったので、わざといきなり計算をさせました。足し始めた子供達に、

「10分では足しきれないよ」

というと、確かにガウスの法則を使い出した子供もいました。それでも何とか計算はできるんです。

でも、もっと簡単に分かるんだよ。もう一度、図に注目させて・・・。

数の不思議さを味わうことができていたらいいな、と考えています。



こんな説明で分かりますか? やっぱり、こういうのって、説明する人と聞いている人のコミュニケーションがないとやりにくいですよね・・・。こうやって書くだけでは。

分からなければ、わたしの説明が悪いわけなので、どうぞ質問してください。匿名ででも。

あーあ、また教えたいなあ、って思っています。仕事、探します(笑)。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-07-01 09:39:58

超インチキ計算で未来を占う

テーマ:使い方

明日からメンテナンスですね。今度はうまく行くのでしょうか。いろいろ変わるようで、もしかして、過去のページが文字化けする、なんてことはないでしょうね・・・。


うまく行くといいな、と思いますが、同時に、


「失敗しちゃえ、この野郎!」


って思っている部分もあります。それで、またまたバグったりしたら


「ほれ、見てみぃ!」


って思いっきり言いたいような(笑)。


(仮)花子さんが大好きな(仮)田中君に


「好き!」


って言うかわりに思いっきり殴っちゃうような心境です(分かるよね、分かるよね??)。


次のような数式があります。

(↑ないって、そんなもの・・・)。


{BR-E(for BR)+L}-{WR-E(for WR)+L}


それぞれのポイントをよく考えて、決めたら、数式に代入します。


最善の結果(BR): 300 (大好きな(仮)田中君と付き合える)
そのための努力(E): 200 (やせたり、化粧したり、おしゃれしたり、しおらしくしてみたり・・・)
うまく行かなかったときの損失(L): ‐150 (もう恥ずかしくって、顔もあわせらんない!!)


最悪の結果(WR): ‐50 ((仮)田中君から乱暴者と思われる) 
そのための努力(E): 0 (ちょっと手が痛いけど)
損失(L): 5 (損失があるというよりは、名前を覚えてもらうというお得な面があるのでプラス値) 


このとき、現状のポイントは0(ゼロ)とします。


現状(P): 0 (仮)田中君とは単なるクラスメート、または気にも留めてもらえない存在


で、計算結果が0より大きければ、最善の結果のために努力する価値あり。0であれば、何もしないで現状維持に努めるべし。マイナスになれば、最悪になったほうがいいんじゃないの?


(300-200-150)-(-50-0+5)=-5
↑式の書き方ってこうだっけ?? 計算はあっていると思いますが・・・(文系人間ですわ・・・)。


よって、(仮)花子さんは乱暴者として生きていくことを誓うのでした。


めでたしめでたし。


で、このインチキ計算、雨風呂のメンテがうまく行くかどうかにまったく関係ないです。 


いまだ、微熱が続く閑人のくだらない頭の回路をお見せしてみました。



************************************


閑人はひまじんではなくかんじんとお読みください。ね、こうすると、高級感が漂うでしょ。まるで古代中国の詩人のような(笑)。コンさん、この前、これをぱくったやろ! わたしが元祖閑人です(笑)。


追記(7月1日17:00)

海さんの御指摘や、自分で式を見ていて、これ使いにくいなあ、と思ったので、式の一部を変更しました。うん、これで使いやすい。人生の各転機にこの式をお使いください。


・・・しかし、こんな役に立たないくだらない式について考えているわたしって・・・本当に閑人だわ・・・。


では皆様、新しい雨風呂で、もし無事に会えたら、お会いします。うーむ、不確定な未来・・・シュレディンガーのネコ・・・ハイゼンベルグさま・・・。そうそう、BBC製作のドラマ、「コペンハーゲン」はすばらしいです。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005-06-12 09:20:38

またしても沖縄語の話

テーマ:使い方

すっかりはまっている「オキナワなんでも事典」。(はじめの記事はこちら )


今回、わたしのツボにはまった言葉は


うちあたい


なになに、まだ「う」までしか読み進んでいないのかね、とか言わないでね。ゆっくり読んでいるんです。エントリーをひとつ読むたびに考えてしまうし。ほかに3冊ほど並行して読んでいるし。


ともかく、うちあたい。これはいい言葉です。


たとえば、まったく関係のない誰かの失敗談を聞いていて、内心で「あちゃちゃ・・・わしもおんなじやわ・・・」とその内容が深く自分にはまってしまい、思わず反省をしたり後悔をしたり・・・。そんなことはありませんか。


このように、関係のないもので、内心に衝撃を受けること、これをうちあたいというのだそうです。この項を書いた新城和博氏のやまとんちゅの友人は内心打撲傷と翻訳したそうです。これも、なかなか奥が深いですが、やはり、


うちあたい


これのほうが感じが出ています。


で、使ってみる。


ブログの散歩に行くさー、

てーげーうちあたいっすっさー。


あってるのかな、これで。


しかし、こんなに素敵な表現がある言葉なのに、戦前から方言撲滅運動とも言えるような動きがあったそうです。戦争中には、沖縄語を話すとスパイと言われ処刑された、という悲しい話もあるそうです。


また、学校では、沖縄語を話すと「方言札」を首からぶら下げられ、ほかの誰かが方言を話すまでぶら下げていなければいけなかったそうです。要するに、沖縄語を話してしまった子供は、自分の友達を「方言を話した」と、告発しなければいけないわけです。


この、方言札の話は、しかし、沖縄に限ったことではありません。東北でも同じことが行われていたし、イングランドに征服されたウェールズ・アイルランド・スコットランドでも、英語を話すことを強制するためまったく同じことが行われていたそうです。ですから、ウェールズ・アイルランド・スコットランドの人たちのイングランド人に対する憎しみはかなり深いものがあります。


どこに行っても、征服をする側というのはひどいことを平気でして、相手を屈辱にまみれさせ、反抗心を奪うという、支配の基本をはずさないものです。こういった「征服の技術」は軍隊や、牢獄、捕虜収容所などに受け継がれていることは言うまでもありません。


こういった抑圧を受けても、自分たちの言葉は残っていくのでしょうか。アイルランドとウェールズでは自分たちの本来の言葉がかなり復興されていて、若い人たちも自分たちのことばに誇りを持って話しています。


言葉が、時代の移り変わりとともに変わってゆくのは当たり前だと思うし、若い世代が親の世代そのものの言葉を話す必要はないと思います。でも、なんというか、その言葉が持っている精神、その言葉が内包する自分のふるさと、そういったものは受け継がれていってほしいです。たとえば、関西弁の「ぼちぼち」みたいなもの。


うちなーぐちはどうなのでしょうか。観光の目玉や流行としてではなく、うちなんちゅのしなやかな精神でうちなーぐちがそれなりの形で受け継がれているであろうことを、ぼんやりと想像しています。三線を教えてくれたひとや、島のおじーのことを思い出しながら。



**********************************

著者: 池澤 夏樹
タイトル: オキナワなんでも事典
はまります。面白いです。
いいね!した人  |  コメント(23)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。