1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-08-31 07:04:46

ひぐらし

テーマ:こい・いろごと

日が暮れて
ひぐらしの声がする


自転車で木々の間を駆け下りると
ひぐらしが啼く


丘を登る階段で息をつき
ひぐらしを聞く


夕日をまねく ひぐらしか
そのひぐらしの ひぐらしか


よせては引き
引いてはよせ


かなかな
可なり 可なり 可なりかな


遠く 近く
肯定だけする





*****スケッチ1


ひぐらしの声が好きだ。


三ヶ月の滞在のあと、日本を出る直前に、夕暮れ時に、横浜の港の見える丘公園を抜けて、外国人墓地まで歩いた。ひぐらしがそこここで鳴いていて、柄にもなく感傷的な気持ちになった。波のようなひぐらしの声。


空気は薄く青く染まっていて、港の見える丘公園からは海は見えなかった。港は見えていたけれど。


いろいろな問いが胸の中にあった。ひぐらしがそれを全部、肯定してくれているようでうれしかった。今でも、自分のことやそれを取り巻くさまざまなことを考えると、ひぐらしの声を思い出す。優しく肯定だけしてくれたあの夕暮れ。


可なり可なり可なりかな。


不注意さも、不道徳さも、嘘も、虚飾も、まちがいも、なにもかも、肯定するひぐらしの声が好きだ。





*****スケッチ2


小学生のころ、自転車が好きで、自転車に乗ると閑に任せてとんでもなく遠くまで行ってしまうことがままあった。


夏休みの一日、いい天気だったので、家を自転車に乗って出て、気持ちの赴くままにペダルを踏んでいて、気がついたらけっこうな山奥まで行っていた。もう日が暮れかけている。しまったと思って、必死で家に向かってペダルを踏んだ。


坂道を自転車で駆け抜けるとき、そこここの木々からひぐらしの声がする。遠く、近く、かなかなとふるような声が聞こえた。


家は遠い。夕暮れまでにはつかないだろう。波のように寄せては引いてゆくひぐらしの声を聞きながら、ペダルを踏み続けた。


そのときの、距離の遠さをいまだに覚えている。






***************************************


・・・・・・・・・・・。


コンさんにお約束していた詩です・・・。詩?


下手で仕事が遅い大工と、下手で仕事が速い大工、どちらがいいでしょう?

答え: 下手で仕事が速い大工(仕事が上手な大工はいません・・・すみません・・・)。


というわけで、いまいち、満足がいかないんだけど、とりあえず。度胸であげてしまいました。時期はずれになっても(もうかなり時季をはずしたかもしれないが)、まぬけなので。


お願い、批判しないで!


あ、褒めてもらうのは好き(をい)。



****************************


それから、ホワイトバンド。


一晩、漂泊しました。


WHITEBAND


だいぶん白くなったような・・・。やっぱり、ホワイトバンドだもん。白くなくっちゃあ・・・。



AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)
2005-08-30 06:05:11

・・・ホワイトバンド?

テーマ:日々雑感

これは、毎日海に入っていたせいなのでしょうか。


それとも、何かほかの理由があるのでしょうか? 


皆様のホワイトバンドはどうですか?

とりあえず、毎日つけていました。


とりあえず、先週くらいまではほとんど毎日、海に入っていました。

それで・・・



































































whiteband

これは、いったい。

ピンクバンド?





とりあえず、一晩、漂泊してみます。

AD
いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)
2005-08-29 17:43:02

なんなんだよ、これは・・・(脱力)

テーマ:日々雑感
すみません、Y○hooメールを使っていて、民主党の宣伝にげんなりしてるのは、わたしだけでしょうか?

なにが、「幸せにしたい。」だ、このやろう・・・。




↑これは小さいバージョン。大きいバージョンで、この後ろの同心円が動く奴はほんとにたちが悪い。暗示かけられてるみたいでさ。

頭にくるけど、この広告が表示されない人もいるみたいなので,、ま、参考程度に。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-08-29 04:35:55

紅茶を飲んで思い出した: 嗚呼、聞きまちがい。

テーマ:使い方
みさんのこちらの記事を拝読したときに、

日本語が外国語ではどんな風に聞こえているか
面白いネタがあったら
一度お教えください。


とレスをいただいた。で、考えていたんだけど、うーん、ないなあ・・・。

例えば、ショーン・コネリーが日本に行ってどーのこーのって映画で、彼の日本語が爆笑もんだった、とかはあるんだけど。



で、今日、またしても紅茶を飲んでいた。だんなが出張中なので、仕方がないので、自分で一人分だけ入れる。ちょっと贅沢にウェッジウッドのワイルドベリーのセットなど出してみる。



まったくよ、これで、縦ロールの髪型で、フリフリの洋服なら、少女漫画だよ、などと思いつつ、紅茶を飲む。

実は、この茶漉しはアンティークなんだけどなかなかパターンがきれいなので気に入っています。



本来なら、これをおく銀の受け皿もなければいけないんだけど、ガラクタ屋で見つけたときには、受け皿は行方不明になっていました。

で、店のオヤジ、

「500円払え」

言うんです。

「アホかいな、おっさん。受け皿あらへんかったらこんなもん10円の価値もないで。200円に負けんかい」
「・・・250円?」
「225円」
「売った!」

という経緯で、半額以下で買った満足の一品(しかし、せこい値切り方・・・)。

で、紅茶を飲んでいたら、思い出した! ネタや!

それは・・・。

イングランドに住んでいて、わたしの友人の英語のできない奴が来ていたとき。金魚の糞みたいに引っ付いてまわられたので、いい加減頭にきて、近くの町の真ん中に捨てたことがある。

「ああ・・・お願い、捨てないで・・・」
「ええい、うるさい。蹴ったるでぇ」
「嗚呼、切れろ別れろは芸者のときに言う言葉・・・」

なんだか、金色夜叉湯島の松がまぜこぜになっとりますが。

とにかく、用事を済ませる間、そこのカフェで待っとけ、と友人を置いていきました。

しばらくして、カフェに迎えに行くと、友人がこういいました。

「あのな、英語できひんやん。そやから、難しいものたのまんと、簡単なものにしたらええわ、思ったん。それで、コーヒーやったら大丈夫やろと思って、

コーヒー

ってはっきりいったん。そしたら、紅茶が出てきた・・・」

二人で、何でやろ?と悩んだ。しかし、わからん。

夜に、だんなが帰ってきたので、聞いた。

「コーヒー、って言ったら、紅茶でてきたんやけど」

「ああ、それはね・・・

こ・お・h・い

って聞こえたんだよ。

こ = カップ (地方ではくっぷと発音するところもあるので)

お = of (実際の発音は確かにfを落として「お」に近いことがある)

h = 訛りとして無視。

い = ティーのT抜き。

要するに、

こ・お・い

Cup of tea

って聞こえたんだね。」

おお、だんな、英語できる・・・。

結婚して10余年、初めて尊敬のまなざしてだんなを友人と見つめてしまいました。

というわけで、イングランドで紅茶が飲みたい場合には、自信を持って、日本語発音で、

コーヒー

とはっきり言えばよろしいようです。



いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005-08-27 00:41:32

秋の気配

テーマ:日々雑感
日本は台風が通過して、夏季の気配が濃くなってきているころでしょうか。

こちらはすっかり秋です。気持ちが

しん

と沈む秋の空気です。





風が強くなり始め、海が荒れています。

つい、最近まで毎日入っていたのに。





sea

かもめも、浜に上がってお休み中。







sea

波が寄せてきて。









sea

引いていくと、小石がきれいに光ります。









sea

夏の忘れ物。片裸足で帰ったんでしょうか。







sea

夕暮れ時。一人でゆっくり散歩に出てみました。雲が出ている上空はすっかり秋の色です。







sea

かもめたちが帰ってゆきます。夜の間、カモメ達はどこにいるのでしょう?









sea

眠れないまま、窓からさやかに差し込む十六夜月の光に起きてみました。

白玉の歯に染みとおる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり
若山牧水





そういう月でした。






sea

そのまま、朝を迎えました。穏やかな朝。
青空に浮かぶ月が好きです。









sea

海も穏やかです。



でも、もう秋ですね。





************************************

一週間ほど前の写真です。




お詫びの追記:

コメレスで、月の女神をアテナとかいてしまいましたが、アルテミスのまちがいでした。同じアで始まるので、混同していました。

アルテミスもアテナも処女神で男嫌いの冷感症・・・というわけで、混乱していたんですね。それで、アルテミスは別名ディアナ(またはダイアナ)なので、余計に、区別がつきにくい(笑)。アテナとダイアナって似てるしさ(どこが?)。

それで、一応、調べたんですが、おもしろいことが分かりました。ギリシャやローマの神は時代によって属性が変わったりするのですが、アルテミスは三日月が属性で、アテナは満月が属性になっていた時代があるのだそうです。

ただし、月の女神はあくまでもアルテミス(ディアナ・ダイアナ)です。

というわけで、訂正です。

メールでこそっと指摘してくれたお優しい方にお礼を申し上げます。
ありがとよ。
(↑いまいち感謝の態度が悪い・笑)
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
2005-08-26 01:13:53

フラクタルな・・・

テーマ:日々雑感

大学一回生のころだと思う。中沢新一の「雪片曲線論」を読んだのは、そのころだ。


世界というものが、ある種の固定されたいくつかのブロック(個人、社会、コミュニティー、国家、国境、歴史叙述、本、宗教・・・)から成立していると普通はとらえれられている。


だから、個人と個人がかかわりを持つわけだし、社会の中における個人が存在できる。その周囲にはっきりとした境界線がある独立した存在であると考えるから、かかわりを持ったり、その中に存在したりできるわけだ。


個人は先天的に個別され、その属性も生れ落ちたときから固定されている。男は男、という個体的属性を持っていて、女は女、という個体的属性を持っている。そして、その属性は先天的に与えられていて、交換不可能。


でも、それは違う。


そんな風な静的な世界観は間違っている。


微分的に細かく細かく見ていけば、世界を構成する要素が見えてくるはずだ、なんて考え方は間違っている。


細かく見ていけば行くほど、より複雑怪奇な現象が目の前に展開され、どこまで行っても根源になんかたどり着きっこない。世界は、男は男で、女は女、なんて、そんな単純な固定化されたものじゃない。


そういう主張にガツンとやられたのを覚えている。


フラクタルのように、全体が一つの形になっているけれど、その部分も一つの形となっていて、そこをまた見ていくと・・・と言う無限の連鎖がそこにはある。


その無限の連鎖を細かく切り分け、静的なブロックとし、それをもう一度組み立てて、世界を再構築する。それが表現することの本質だろう。


その再構築された世界は、再構築される前の世界と同じに見えるけれど、実はその要素が分断されてしまっているので、もとの世界が持っていたなめらかさをなくしている。世界のように見える贋物。それをついつい本物としてとらえるから、セクシュアルティーや個性やそういったものに対して柔軟性のない意見がまかり通ってしまう。


そのなめらかさ、流体的特質を保ったまま、いかにして、表現活動を行うか・・・。


などど、またしても、いまいち役に立たないことを考えながら、八百屋に行くと。


こんなブロッコリーがありました。

ftac

フラクタルのブロッコリー。
気持ち悪いんですけど・・・。


ま、簡単にいえばこのブロッコリーがわたしの目指すものと、言えましょうか。


しかし、このブロッコリーは、料理という表現を通じて、分断化されて、茹でられて、消費されるのでした。


やっぱり、表現って、先天的に分断化固定化するもんなんでしょうか・・・。うーむ。


*********************


フラクタルについてはこのページ を参考にしてみてください。ロマンだよねぇ・・・うっとりしちゃうよ。それで、こういう数学や科学の新しい知識って本当にわたしたちが世界をどう見るかに大きな影響を与えているんですよね。

ちなみに、このブロッコリー、めちゃくちゃにおいしかったです。近所の農家から買ってきたもので、新鮮で、こりこりしていて。マヨネーズとか、そんなものなしでいただきました。ブロッコリーを茹でるときは丸のまま茹でて、色止めをしてから切り分けます。そうすると栄養分が流れ出すのを最小に食い止められる、とか。

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005-08-25 06:19:22

数をめぐる思い

テーマ:使い方
皆さん、ご存知の通り、わたしは微分積分のおかげで高校から卒業できなかったかもしれない人間です(こちらの記事参照)。

でも、苦手=嫌い、ではありません。

どちらかと言うと数学は好きです(できないけどさ)。

素数の性質なんて、どきどきします。わたしの好きなアカデミックなタイプの人に、ゆっくりと素数について語られたりすると、かなり危険なんじゃないか、という気がします。

フェルマーの定理というのがありまして、それが1995年にアメリカの数学者ワイルズによって証明されました。(この記事をご参考までに)

このとき、このフェルマーの定理にかかわった数学者達のドキュメンタリーをTVで見たのですが、もう、なんていうか、好みの男性が続々と・・・あ、ちょっと違うか(笑)。この証明にかかわった人たちのことを書いた本もあるんですが、非常におもしろかったです。わからないところも多かったけど。

先日、complexologistさんのところで、数字の話が出ていて、そこに彼の彼女さんが23は素数と躊躇せずにおっしゃったという記述を読んで、つくづく、自分が男だったら、なんて思ってしまったり(笑)。コンさん、負けないぞ(←わけのわからない競争意識・笑)。

それで、素数の性質で、

2以上の任意の数を選んで二倍にすると、もとの数と二倍になった数の間には必ず一つは素数がある

とか、

偶数は必ず2つの素数の和で表せる

奇数は3つの素数の和で表せる

なんて話を聞くと、うっとりしてしまいます。

あるとき、奇数の性質について本で読みました。それを図で表すと、まあ、こんな風になります。

 1 ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎  1x1=1
 3 ○ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎  2x2=4
 5 ◎ ◎ ◎ ○ ◎ ○ ◎  3x3=9
 7 ○ ○ ○ ○ ◎ ○ ◎  4x4=16
 9 ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ○ ◎  5x5=25
11 ○ ○ ○ ○ ○ ○ ◎  6x6=36
13 ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎  7x7=49

これを見たときには感動しました。それで、その感動を、そのとき教えていた子供達に伝えたくて。この図を見せ、

「では各グループごとに1から10000までの間にあるすべての奇数を足した和を求めなさい。はい、今から10分!」

・・・そうしたら、やっぱり、いきなり足しはじめるんだよね、1から順番に。まあ、一人で全部足そうとしないで、グループのメンバーで手分けをしていただけ、わたしが教えた成果があったというか・・・。この図を見ただけで、分かれって子供達に言うほうが無理があるんです。で、予定調和的に、やっぱり足したか、と笑えたのでした。

そこで、おもむろに、

「君達、君達・・・(大げさなため息)」

なんて、絶望の芝居をしたりして。そして、(出来もしないのに)数学者ぶって、もったいぶって説明をして。

このほか、ピタゴラスの整数論とかピタゴラスの定理、完全数とか・・・自分ではそんなもの上手に説明できないけど、話を聞くとワクワクします(ピタゴラスの定理くらいは証明できますが)。

数っておもしろいですよね。ルネッサンス期の科学者達が神様を数に見出していたのも納得してしまいます。人間が作ったのか、自然に存在しているのか。そのあたりも不思議です。きっと、宇宙の果てに行っても数ってその性質は同じなんですよね。

だから、ほかの星への宇宙に向けてのメッセージは数の性質を使用して行われているんだそうです。2進法を用いて、様々な方法で自分たちの文明と挨拶を宇宙に送る。それには言葉ではなくて、数の性質が使われるんですね。

数の性質は、これからの世界や宇宙の共通言語となるんだろうなと、思ったしだいです。そして、しまった・・・勉強しときゃよかった、なんて、今更ながらに後悔するのでした。

中沢新一の「バルセロナ、秘数3」を読んで、バルセロナに行きたい、と思ったりもしたことがありました。

こういう美しいものが不思議な形で存在しているこの世界が愛しいなあ、とか、なんだか、ちょっとしんみりしたりして。


******************





サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで

わたしが読んだのは、一応原書(あ、自慢じゃなくて、それしか手に入らなかったのです)。日本語訳も出てるんですね。こういう数学史とか科学史ってすきです。今、わたしたちが当たり前としてとらえているものが、いかに当たり前でなかったかがよくわかります。





ハンス・マグヌス エンツェンスベルガー, Hans Magnus Enzensberger, 丘沢 静也, ロートラウト・ズザンネ ベルナー
数の悪魔―算数・数学が楽しくなる12夜

この本もおもしろかったです。数というものの美しさ、おもしろさ、不思議さがよくかかれていて。息子にも読ませました。数学が嫌いって言う人でも、読むべきです。学校の小うるさい先生みたいな数の悪魔にほれました(笑)。

***********************************

ええと、文中の図の解説を記事にしました。こちらからどうぞ

あれ、分からなくて当然です。わたしも分からなくて、3日くらい考えていました(笑)。
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2005-08-23 23:25:46

朝、髪の・・・・

テーマ:こい・いろごと
万葉集の読み人知らずの歌で

朝髪の思い乱れてかくばかり
なねが恋うれぞ夢に見えける


というのがある。

もしそれが本当ならば、わたしはきっと夢の中に会いに行く。

あなたに、会いに行く。



**************

でも、これって、よく考えてみると、

朝起きたら髪の毛がぐっちゃぐちゃでさ

って意味ですよね。それで、思いっきり八つ当たりしてるの。

「もう! 君のせいで、見てよ、髪がぐちゃぐちゃじゃないー。きー」

とかいって。

それで責められたほうは、

なにいってんだよ。君の寝相が悪いんだよ。それは、寝癖!

って、心の中で言いつつも、夕べの想い人の乱れた様子を思い浮かべて、かわいかったな、なんて思っていて。

そういう、いつもの朝。

それが、「いつもの朝」なら・・・どれほど。




だから、一人、寝癖頭をもてあましつつ、朝に鏡の前でつぶやいているのかもしれない。

朝髪の思い乱れてかくばかり
なねが恋うれぞ夢にみえける


想いをかければ、夢の中に会いにいけるのなら。

そうすれば、全身全霊をかけて、あなたを想う。

夜を抜けて、月を越えて、会いにいく。

夢ででも、あえるのならば。

夢ですら、あえないからこそ。







****************************

などど、書いてみました。むぅ・・・。若いっていいよな・・・(意味不明)。

なんとなく、つまらない思いのする今日この頃(笑)。

皆様、夢でお会いしましょう。

で、わたしの寝癖は、いったい、だれのせいなんだよ、まったく。
毎朝、ひどいんだから(笑)。

いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2005-08-23 22:34:56

数をめぐる思い2

テーマ:使い方

8月26日の追記です。


あの、「数をめぐる思い」の記事で、奇数の性質を図式化したものを乗せました。わざと説明つけずに。あれは、1から順番に奇数だけを足していった和の大きさの不思議を表すものなんです。しかも、一箇所省いているし。

例えば、1は1番目の奇数です。○はいっこだけ。だから1x1=1。この答えが、1番目の奇数だけを足した答えになっています。そりゃそうだ、1しかないんだもん。

2番目の奇数は3です。で、◎を3つ初めに書いた一つの○の周りに配置します。
すると、一辺に二つの円がある方形になります。

○ ◎
◎ ◎ (図1)

ここにある円の総数は一辺が2ですから、2x2=4。この2は二番目と言う値と一致しています。

これが1+3の答えと同じになっています。

3の次の奇数は5です。小さいほうから3番目の奇数。5つの○を先ほどの図1の周 に配置します。

○ ◎ ○
◎ ◎ ○
○ ○ ○   (図2)

すると一辺に3つの円の並んだ正方形が出来上がります。ここにある円の数は、だから3x3=9。一辺の円の数3は3番目という値と一致しています。

これが、1+3+5の答えと同じになっています。

つまり、1から数えてn番目の奇数かが分かれば、1からその任意の奇数までを順番に足していった総和が分かる、というわけなんです。

1から数えてn番目の奇数までの奇数の総和はnの二乗なんです。

13を考えると、これは7番目の奇数。だから、1から順番に奇数だけを足していった和は7x7=49となるんです。

それを表したのが、円が並んでいる図でした。あの図を完成させるために足し算の式を付け足すとこうなります。


 1 ◎ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎  1x1= 1=1
 3 ○ ○ ◎ ○ ◎ ○ ◎  2x2= 4=1+3
 5 ◎ ◎ ◎ ○ ◎ ○ ◎  3x3= 9=1+3+5
 7 ○ ○ ○ ○ ◎ ○ ◎  4x4=16=1+3+5+7
 9 ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ○ ◎  5x5=25=1+3+5+7+9
11 ○ ○ ○ ○ ○ ○ ◎  6x6=36=1+3+5+7+9+11
13 ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎  7x7=49=1+3+5+7+9+11+13

授業では、その前に教えたガウスの法則なんかも思い出させたかったので、わざといきなり計算をさせました。足し始めた子供達に、

「10分では足しきれないよ」

というと、確かにガウスの法則を使い出した子供もいました。それでも何とか計算はできるんです。

でも、もっと簡単に分かるんだよ。もう一度、図に注目させて・・・。

数の不思議さを味わうことができていたらいいな、と考えています。



こんな説明で分かりますか? やっぱり、こういうのって、説明する人と聞いている人のコミュニケーションがないとやりにくいですよね・・・。こうやって書くだけでは。

分からなければ、わたしの説明が悪いわけなので、どうぞ質問してください。匿名ででも。

あーあ、また教えたいなあ、って思っています。仕事、探します(笑)。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-08-22 05:02:05

宇治金抹茶ミルク白玉付

テーマ:こい・いろごと
↓にもう一つ本日の記事があります。
お待たせしました。オカメの「牙をなくした夜」です。


**********************************



どうしても、その人と一緒にさざえ堂が見たくて、無理をして会津若松まで行ったことがある。

うんざりするくらい暑い日で、よく晴れていて、蝉がうるさかった。

さざえ堂は、二重らせん構造になっている。中はけっこうな急傾斜になっていて、どんどん登っていくと、やがて頂上に達し、そして、そのまままっすぐ進みぐるぐると急傾斜を降りて行く。登ってきた斜面を降りているように感じるのだけれど、入ったところとは違うところに出る。

二つの螺旋はところどころ、中心部をぬける抜け道でつながれている。

遺伝子の二重螺旋構造に似ている。

さざえ堂のぼろい外観にその人は失望していたけど、とにかく中に入った。

上がって、降りる。

それで?

そんな感じで、わたしを見るので、抜け道があることを教えた。その人は抜け道を抜けて向こう側に行き、わたしはこちら側から、上っていった。

そして、てっぺんで出会えた。

また、反対方向に下りて行き、抜け道を通って会えた。

また登る。

てっぺんで出会う。

降りる。出会う。

登る。出会う。

そうして、何度も何度も出会いなおした。何度別れても、わたしたちは出会い続けた。

最後に出会ったさざえ堂のてっぺんの手すりに腰掛けて、接吻を交わした。






暑い日だった。

駐車場に下りて行くと、

ねえ、むこうでカキ氷売ってるんだけど。

その人がわたしを振り向いてそう笑った。

わたしの好きな宇治金抹茶ミルク白玉付は無かった。

残念。


************

仙台からさざえ堂に行くのに、電車ではいけなくて、バスを乗り継いでものすごい時間をかけていったのも懐かしい思い出です。とにかく、何が何でもさざえ堂が見たかったんですよ。数学者の友人から話を聞いて以来。

さざえ堂の情報はこちらです。

                                             Thanks.

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。