1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-04-30 19:30:30

本物の・・・・・

テーマ:日々雑感

今日は土曜日でしたが、日本では休日ではないんですね・・・。忘れてた。子供たちが学校に行くのをみて、あれ?? なんて思ってました(笑)。


はてさて、看護というのは結構接近して行います。


そりゃそうだ。遠くからじゃあ、起こしてあげたり、なでたり、マッサージしたり、できないもんね。


義母は身体が少しずつ動かなくなっています。ベッドの上に起き上がる、という行動が非常に難しいようです。筋肉が落ちてうまく動けないんですね。


そこで、わたしが抱きかかえるようにして上半身を起き上がらせます。


大接近。


そのとき、義母が言いました。


「eiさん、いつも思っているんだけどね・・・














































その胸

本物なの?」 

き、聞かれてしまいました~~~~。


そして、わたしは、











































































「もちろんですよ。

触る?」 
お前、何しに帰ってるんや・・・・。看護せんかい!
































義母はもちろんもみもみしました。


そして、
































































「あたしのは

偽物なのよ。

やっぱり本物は

違うわね」 



そりゃもう、そうに決まってます。はい。


わたし、ほめられたのか?


AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)
2005-04-29 19:31:40

店員の教育って大事よね

テーマ:日々雑感

時差ぼけで横浜にたどり着いたわたしは、とにかく携帯電話を買い求めるため、○ドバシカメラを目指した。

開口一番、店員さんに聞いた。

「安くて、使いやすくて、何でもできて、契約なんかの解消もあとくされのない携帯、ひとつください」

「あの、お客様・・・そう申されても、当店ではさまざまなタイプをご用意しておりますが・・・どのようなタイプがお好みでしょうか」

そして、時差ぼけのわたしは、思いっきり大きな声で言ってしまった。





































「もちろん、女やったら、
純情の深情け
やなくて、
床上手の技巧派で
あっさりさよならタイプ!」


数秒の空白。見詰め合うわたしたち。
真っ白な頭の中で、わたしは思った。
















































ボケたんやから

突っ込んでえな

これやから関東モンはあかん。
(↑反省、というものを知らないらしい)




あ、結局、店員の対応がいまいちだったので、○ドバシカメラではかわずに、ビッ○カメラで買いました。ちゃんと、つっこんでくれたのよ。店員教育って大事よね。(←やっぱり、反省のない奴)

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005-04-28 22:56:22

お久しぶりです。暗いです。

テーマ:ブログ

ただいま、少々疲れておりまして、皆さんのブログに遊びに行っていません。そのうちいきたいと思います。

たくさんたまった記事を一気にどどどどど、と読むのが、活字中毒のわたしには楽しみです。


本日の記事は、非常に暗いです。尊厳死を考えるときに、理論的に考えることのなんて簡単なことか、と思っています。暗い話ですので、スルーしてください。このブログをするにあたって、ルールとして守っていた、自分の中身をぶちまけない、ということを今回だけ、ちょっと破ります。

また、批判もおやめください。わたしたちは苦しんでこの結論に到達しそれを最善の方法でしていこうとしています。それに対する批判など、わたしはわかっています。いけない部分もわかっています。それでも、わたしたちにとってはこれが最善の選択肢でした。そして、批判にきちんと反論もできます。しかし、今、わたしはそのようなことをできる精神状態にありません。ですから、ここで、形而上学的議論をするつもりは一切ありません。


わたしは現実の話をしているのです。それは、今、わたしが直面し、血を流している現実です。



















































義母は末期の肺がんです。劇症ではないのですが、徐々に徐々に弱っていったため、完全に末期の末期になるまで誰も気がつかなかったのです。そうなったのにはわたしたち家族の長い歴史やさまざまなトラウマ、思い出、すれ違い、争い、などを抜いて説明することは不可能です。ただ、わたしとだんなは、そしておそらくは義母も、これを避けがたいいつかは来なければいけなかった事態と受け止めています。その際に、しかしながら、自分たちの思惑だけではやっていけず、善意の他人をおそらくは最低でもその人の健康を損なう事態となり、わたしが一時帰国をして彼女の最後の看護をすることになりました。



わたしの彼女の間には以前にはあったよくある嫁姑の確執はもうありません。奇麗事を言うつもりはありませんが、わたしのほうがそんな勝負にかかわることの不毛さに嫌気が差し、それくらいならば、関西風にボケをかましまくり笑って済ませてしまおうと決めたからです。不思議なことに、彼女はわたしのこの態度を高く評価してくれ、彼女の周りの人が信じられないというくらい、わたしたちの間は穏やかです。



彼女は少しずつ身体が動かなくなってきています。痴呆症状もかなり進んだ段階で、同じ話を何度も繰り返さなければなりません。


その話題のうちのひとつは、「わたしはいつ退院できるのか」という彼女の問いです。彼女には肺がんの告知はしたものの、もちろん覚えていません。脳のどこかには残っているのだと思いますが、自分が入院したのは肺がんですよ、といっても理解もできないだろうし、覚えてもいないでしょう。

この彼女の問いに対して、正直に答えればい、と関係のない時点のわたしであれば言っていたと思います。また痴呆が進んでいなければ、正直に彼女の病状を告げたと確信しています。もちろん、そうであれば、この話をなんどもするひつようはないわけですが。

この期に及んで、肺がんであると言うのは、意味のないいじめなのでは、と感じています。関係者と話し合い、それはもう言わないことにしています。

ですから、栄養状態が悪く内臓が衰弱していて肺炎の危険があるので、点滴などの治療を受ける必要があり、それには時間がかかると説明をしています。それを一日に30回も40回も繰り返します。退院はできない。これは死への旅路の入院なのだ、と悟らせないため、明るく笑いながら、確信を持った口調で繰り返します。

それがわたしの役目なのです。それが、ここまで、自分を蝕むとは思わなかった。

それだけではなく、いよいよ衰弱が始まり、静脈が点滴を受け入れなくなりました。この段階では、中心静脈にカテーテルを挿入し、高カロリー点滴をするしかなくなりました。

中心動脈とは、大静脈に平行して走っている静脈なのだそうです。左右頸部と左右祖頸部の4箇所、点滴可能位置があるそうです。これをすると、もちろん動くことは禁止され、オムツになります。

この高カロリー点滴は延命治療ともいえるもので、これをするべきかどうか、決めなければいけません。周りからはするべきではない、痛みのコントロールのみするべきで、衰弱していくのはそのままにしておくべきだ、ここでオムツをするなど彼女の最後に残された尊厳を奪うような行為をすべきではない、といわれています。

関係のない時点のわたしであったら同じことを言っていたと思います。

しかし、今はわからない。

そして、したほうがいいのではないか、という考えの背景には、自分がいい子でいたいという利己的な部分がある。

人間なのだから、そうであってもしょうがない。しかし、介護をする毎日の中でこの問題を突きつけられたくはない。そういう利己のスパイラルの中で動きが取れなくなりつつあります。早く帰ってしまいたい。しかし、それは彼女の死を願うこと。

かくも、わたしたち人間とは関係の中でのみ生きてゆく動物で、こういった関係の前には、合理主義など(もともと信じていませんけど)、何の役にも立たない。死とはその個人の事件ではなく、その人にかかわるすべての人をいやおうなしに巻き込んでいくイベント・祝祭なのだと感じています。この中で身動きが取れなくなりながら、最後まで行くしかない。あるとあらゆる矛盾を内包した立体的な物語の迷路を迷い続けるのでしょう。それが、本来の個人主義なのだと考えています。


ともかく、いけるところまで行ってみます。行き着いたら、そこで次のことを考えてもいいと思っています。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-04-22 03:22:30

占いは信じないけどさ

テーマ:こい・いろごと

これは信じてもいいな。うん、これは当たってる。

Honey Bunさんのところで教えてもらった

 

エロがきさんのエロがき占い

 
わたしの結果は・・・


eiさんな えろガキY バイ! 

● えろガキYさんな、穏やかバッテンが、ばさろ芯の強か人ばい。気配り上手で、周囲とん協調性でんが抜群バッテンが、時として内面の強さの表に出てしまうことのあるじゃろうね。そげんか時、周囲の人々のあんたに頑固者な一面ば見出すとバッテンが、見かけに寄らず一徹かところも、あんたん美点バイ。自分がポリシーば大切に守るこつが、最終的にあんたば幸せに導くとバイ。また、あんたな努力ばすっぎっと努力ばしたしこの結果の必ずつんのて来る人バイ。焦らんたっちゃ良かけん、ひとつん目標に向かって取り組んでみらんね。恋愛面では、いわゆるなごみ系ち呼ばるるタイプで、誰からでん好感ば持たるるやろ。相手はあんたと一緒に過ごすこつで、心からん安らぎば得よっとたいね。 

● eiさんに秘められた超能力は、パルプンテです! 

みんな、ここでなごんでね~。ほほほ、残念ながら、すでに人妻でございますわ。

人妻、って、そこはかとなく艶っぽい言葉よねぇ・・・。

ちなみに、パルプンテ、って何?? わたし、何が出来るの?

 

*****************

 

もう一つ、新しい記事が下にあります。久しぶりに、まじめな記事よ。

いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
2005-04-22 02:27:18

主権の意味

テーマ:世界の事情

主権、という言葉の意味ははっきりしているようではっきりしていない。主権国家、というけれど、国家が主権を行使すべき場は国際社会。しかし、国際社会は国内社会と根本的にその構造が違う。

国際社会を国内社会の類推で考えていると様々な弊害が生じてくる。例えば、イラク戦争は国内社会からの類推の考えによって、その開戦に踏み切った、と考えられる。

国内において、周囲に危険を及ぼす可能性が非常に高いと考えられる個人は、証拠がはっきりしていれば隔離することが出来る(それをすることがいいかどうかはまた別の議論だけど)。

主権国家であるところのアメリカは、国内社会における主権を持つ個人と同じ役割を国際社会において果たす、と国内社会の類推で考える。だから、同じ主権国家であるイラクがほかの国際社会のメンバーである主権国家に危険を及ぼす可能性が非常に高いのだから、イラクを「隔離状態」(フセインを捕まえ、現政権を打倒する)に置く権利が国際社会にはある、と解釈が出来る。

そして、その権利の行使者としてのアメリカ(協力者としてのイギリス)がある、ということだ。

でも、この際に、国内社会の類推によれば、「政府」「裁判所」「内閣」の機能を併せ持つ国連を無視してこういった行動にアメリカはでたわけだから、アメリカ・イギリスのイラク戦争は、実は、「違法行為」となる。だから、今になって、アメリカはまたしても国連を骨抜きにするか、無視するか、脱退するか、などと言い出しているわけだ。

さすれば、国内社会におけるアナーキストとなにが違うのか、と疑ってしまう。自分で勝手に国内社会に夜類推を用いて行動しながら、都合が悪いと、違う考え方を持ってくるのはいけないんじゃないかと思う。

が、実は、こういった行動そのものに「主権」という意味が隠されているらしい。

主権、とは、という質問について考える際、どうしても「〇〇する権利があること」という権利論に入って行きやすい。

しかし、カール・シュミットは違う、と議論をしている。

昨日、昼にうどんを食べていたら、だんながいきなり言い出した。

「主権があるって言ってもさ、それを使わなかったら、主権があっても無いのと同じじゃない?」
「なるほど。コンドームがあっても使わへんかったらあかんのと同じやな」
「うん。そうだと思う。だから、カール・シュミットは、主権は行動にある、って言ってんだよね」
「ああ、なるほど。そやから、主権を静的な持っている権利として考えたらあかん、ダイナミックな時空で行われる行為やって、言うやつらがいるんやな。はあ、なるほど~。分かったような気がするなあ」

中世の絶対王権の時には、王は自ら戦闘の先頭に立つことでその絶対的主権を確保した。フランス革命や名誉革命では国民が自ら立ち上がり自分たちの権利を勝ち取ることで国民主権を確立した。国際社会では、国内法を整え、国連などに参加をすることで国は主権国家として成立した。

主権はわたしたちが持っている権利ではない。わたしたちが行動することによって存在できる権利なのだ。行動をすることでしかこの権利は守られない。

最近の例では、フランスの大統領選挙の折、投票率があまりに低かったため、超右翼が最終選に残ってしまう、という事件があった。主権の行使である投票をおろそかにしたからだろう。

その行為が必ずしも正しいとは絶対に思わないけれど、アメリカやイギリス、フランスなどは国際政治において重要な役割を果たし続けているからこそ、主権国家として認められるのだろう。

中国における反日デモを見ながら、日本が国連の安全理事国になるのはいいが、果たして、そのような重要な役割を果たせる主権国家として認められるほどの行動をしているのか、と考えた。

そして、それはひいては、日本の主権者である国民が主権をきちんと使っているのかという問いかけでもある。

**************

中国における反日デモは西ヨーロッパでは、アジア圏における権力闘争、との見方が強いです。UNのSecurity Councilの永久理事である中国が、日本がSCの理事になろうとしていることを阻止しようとしている、それがこの反日デモをめぐる一連の隠された議題だ、と分析されています。

わたしは外国に住んでいます。どこの国でも蛇蝎のように言われる移民です。幸運なことに、わたしは移民として差別をほとんど受けていません。しかし、自分の主権を奪われた状態にあります。主権者として行動できなくなって、初めて行動することの大切さが分かったとは、皮肉なものです。

移民、とは嫌な言葉です。しかし、どんなにいいつくろっても移民は移民です。例えば、マークス寿子のある本(題名は忘れた)で、

自分は電子レンジを使って料理はしない。時間をかけてゆっくり料理を楽しむのが英国流貴族流だ。時間をかけずに電子レンジを使って料理をするなんて移民のすることだ。

と書いていて、頭にきたことがあります。あなただって移民でしょ!! しかも、貴族は自分では料理なんかしません。

移民は貧しい教育の無い犯罪に走りやすい人たち、という偏見が彼女をしてこう書かせたのだろうと思います。そして、このような偏見が広くもたれていることに対して非常に憤りを覚えています。

 

久しぶりに、まじめな記事です。どうじゃ。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005-04-21 06:34:11

よく考えて、よく見ると

テーマ:日々雑感

なんだか、ここしばらく話題が偏っている。ものすごく偏っている。

このままでは雨風呂さんから、

「品性下劣で、良俗に反する」

と、削除されてしまいそうだ。

なんで、そうなのか考えてみた。まあ、実は、昔からそうだった。中学校のころから、某ローカル放送の夜の番組でつ〇いのりおが好きだったあたりから。

そうか、性格かあ。

そして、よく自分の目の前を見ると。PCの画面の前に、













































unchi
うんちくん。

・・・・・。

 

 

進歩がないのよ。

 

 

**************************

ちなみに、こういったrepresentation(代替物による表現)って、文化でコードが出来てるので、イングリッシュなわたしの息子にはこれがウンチ君だとは分かりませんでした。

「アイスクリーム??」

って言ってました。

へー、なるほどー。へー、これって日本のウンチなんやぁ。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-04-20 05:21:32

世界史って、インチキじゃん。そして、わたしの回答も・・・。

テーマ:日々雑感

高校のときの思い出話を、もう少し。

世界史もけっこう苦手な科目だった。だって、世界史、なんて、世界中の国や人を一つにまとめてナラティブが作れるわけないじゃないですか。作ったとしたら、それは、ある人、ある国、ある文化を中心的価値としてすえて、その視点から見たものに過ぎないでしょ。

誰もそんなことを考えていないところに、

「ああ、君の国はね、これこれこういう風に発展してきたんだよ。君の国の歴史はだから、こういう風になっているんだね」

って誰かが、偉そうに言ったら、

「はあ、そうなんですか」

って、それを受け止めてしまう。こうして、文化の帝国主義が起きるんだな。日本は特殊だよ、なんていうのだって、元をたどれば、明治期の初めにそういう風にたくさんの外国人が不用意に言ったからであって、よーくみれば、大して特殊じゃない。

特徴があることと、特殊・ユニークであることは違う。

ユニーク、というのは、おもしろいとか、変わっているという意味ではなくて、世界中にそれ一つしかない、という意味。だから、ユニークっちゅえば、どの文化だって社会だって人だってユニーク。

でも、比べられるでしょ。それは、共通点があるからですね。だから、ほかの国と日本を比べる。ほかの人と自分を比べる。

日本とバナナを比べて、日本はユニークなのよ、って言わないでしょ。

日本とほかの国を比べる、という出発点そのもので、実は、日本とほかの国にはたくさんの共通点があることを暗黙の了解としているわけですね。でも、共通でない部分もある。これが特徴となるわけです。

同じ林檎でも、青いのと赤いの、すっぱいのと甘いの、料理用と生食用。こういった違いを集めて、「紅玉の特徴は・・・」っていいますね。

だから、日本にはほかにはないような特徴があるけれど、日本だけが特殊じゃない。このあたりの言葉遣いは注意したい。不用意にある表現を用いることで、思いがけない波及効果が生じることがある。

もちろん、高校生の時にはこんなことは考えていません。当たり前やがな。いかに楽をして、いい点を取るか、そればっかり考えていました。

ゆえに、一夜漬けをしてしまう。若い脳の記憶力に頼りきった戦術です。

しかし、もちろん、限界、というものは先天的に与えられています。

そして、世界史。脳みそオーバーヒート状態。

日本史はそこにある種の物語の筋みたいなものがあるから覚えやすい。でも、中国やって、いきなりローマに飛ぶんじゃない! どこにつながりがあるねん!! シルクロードだけやないか!


ことに、ローマ帝国の皇帝の名前の数々。長い上に、日本語とも思えない(って、日本語とちゃうって・・・)。


「おぎゃー、覚えられんー。お前はすでに死んでいる」


といって、ノートを、あちょちょちょ~ってつついても、試験はいやおう無しに来るのである。


そこに、友人S 、再び登場。


「これな、みんな、なんとかかんとかアヌス、って名前やろ。そやから、


アヌスちゃん、


って覚えたらええねん」


流石です。


そして、テスト本番。


これは、アヌスちゃん関連の事件、ということは思い出せるが、本名が思い出せん・・・。し、しまった・・・。進撃に気を取られて、補給を忘れておった・・・。旧日本帝国軍と同じ戦術上のミスを犯してしもうた・・・。


しかし、とりあえず、書いた。白紙答案は、愚か者の結論じゃあ。


「この皇帝は

アヌスちゃん

と呼ばれるべき人たちのうちの一人です」


もちろん、帰ってきた答案用紙には、でっかい



がついていました。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005-04-20 05:10:15

ほんとにどうもありがとう!

テーマ:日々雑感

新着記事はこの下です。

*******************************

新しい編集画面、盲人の方には使えないに等しいものだそうです。

マミ姉さんのところで署名をしています。ご興味があれば尋ねてくださるとうれしいです。

 

こちらからどうぞ

 

********************************


新しい編集画面は使いにくいです。しかもマニュアルがありません。
complexologistさんが無料で解説をしてくださっています。
ありがたや、ありがたや。

困っている方々、ここからcomplexologistさんのところへ行ってみてください。

 

それから、complexologistさんがやはり、簡単便利な書式テンプレートも提供してくださっています。

 

テンプレートはここからどうぞ。

アメブロは彼に給料を支払うべきでしょう。


thank you2 

 

バナー作ってみました。よかったら持ってってね。
出来ない人が作ったので、ちゃちいです。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005-04-19 05:04:03

自然の呼び声、といえば・・・

テーマ:日々雑感

昨日の続き(あるんかい!)です。
昨日の記事は

こちらからどうぞ

 

*********************

 

この町はいい町だが、欠点もある。

一番の欠点は、犬の糞がそこら中に落ちてること。

家族で歩いているとき、全員うんこセンサーをONにし、お互いに警報を発する義務がある。この義務を怠った場合、被害者からののしられても甘受しなければいけない。これは、新しい我が家の鉄則。

町の人は、自分の犬の糞を拾う。

でも、海辺の町だけあって、観光客が多いのですよ。そして、観光客はなかなか拾ってくれない。拾ってくれる人もいるんだけど、けっこう、無責任な人も多い。

こういう人を見ると、

「おのれの家の玄関先で、
ポーラ・ラッドクリフしたろかぁ」

って、えげつない脅しをかけたくなります。

町には、犬のお巡りさん(人間)がいて、そういう無責任な飼い主をビシバシとしかりつけてくれます。でも、犬のお巡りさんの目を盗んで、そこら中に犬の糞が転がる。

犬のサイズは様々ですので、うんこのサイズも様々。中にはものすごいのがある。

「うっひゃー、でかすぎー」
「すごーい」

息子と二人で騒いでいると、だんなが冷静に一言。



「人間じゃないね」
ようか~いにぃぃん~げん、ベム! ベラ! ベロ!

 

そこまで激しく非難をしなくても・・・・そりゃあ、飼い主は無責任ですよ。
でも、ねえ・・・。
























































 

「となりにが落ちてないからね」
うんこのことだったんですね・・・。

 

 

 

人生、いくつになっても、学ぶことが多い。
わたくし、一生、一学徒でございます。

あ、でも、先生! 

ポーラちゃんは

紙を使いませんでした。


**********************************


二日続けて、失礼いたしました。 見捨てないでね。

 

しかし、犬の糞は不潔です。寄生虫とかいろんな問題があるので、飼い主には是非是非、「うんこはお持ち帰りでお願いします」といいたいです。頼むよ、ほんとに。

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005-04-18 05:24:34

自然の呼び声

テーマ:日々雑感

日曜日はロンドンマラソンでしたね。

ポーラ・ラッドクリフ、またしても勝ちましたね。

しかし、途中で彼女はいきなり道端にかがみこみました。

すわ、アテネの悪夢の再現か???

どきどき見守る中、彼女は











































録音をしました。
(音入れ=おといれ)

衆人環視の中で、

するか
優勝するか


究極の二者択一でした。そして、優勝を選んだ彼女は、やはりスポーツマンとして覚悟が決まっているといえましょう。

それはともかく。

外でするおしっこは気持ちがいいものです。男の方は、立ってできるので、いつでもどこでも誰とでも(連れションかい?)。しかし、女の子はそうは行きません。いくら、おっさんなわたしでも、自分の肉体的特徴を超えた活動はしかねます。

やはり、しゃがまねば出来ない。ポーラちゃんと同じです。

そうすると、立ちション的快感を得るためには、高いところに登らねばなりません。しかし、高いところは目立つところでもあります。見通しがいい、ということは、そこらじゅうから見える、ということでもあります。 高くて、見晴らしがよくて、しかも人から見えないところ。

そんなところはあるのか。

あります。

山の上。

湖水地方は「ピーターラビットのふるさと」として有名ですが、それは日本でのイメージです。湖水地方はなんてったって山歩きのメッカです。

なんというか、日本アルプスの一番きれいなところ、標高2000mよりも上の部分を切り取って、平地に置いた感じです。大して高くないんだけど、とにかく山がきれい。ナショナル・トラストや国立公園の保護がばっちりなので、スカイラインやレストハウス、土産物屋はどこにもない。とにかく歩かねばどこにもいけません。もちろん、トイレもありません。なーんにもない。

そこで、する。

開放感に満ち満ちて、ああ、自然っていいなあ、って思う瞬間です。

あなたはなぜ、山に登るのですか。

自然を満喫するためです。 



 

 

lake

せめて、さわやかな写真を。湖水地方のGreat Langdaleを背景に。湖の真ん中でゴムボートに乗ってんのはうちの息子です。

ちなみに、どの報道を見ても、奥歯に物の挟まった言い方で、どちらかははっきりしておりません。わたくしの場合、大きなほうではありません(こんなことをきっぱり言ってどうすんねん・・・)。
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。