キャリアコンサルタントが伝える絵本を仕事・生き方に活用する方法

絵本を通して本音で語れる場を提供。
チームビルディングや会議、グループカウンセリング
などに絵本を活用するキャリアコンサルタントのブログです。
大人が絵本を深読みする効果とは・・・

こんにちは 絵本を使うキャリアコンサルタントの福島瑛子です。

 

ホームレス支援の雑誌『ビッグイシュー』

というのがあります。

 

ホームレスさんが販売し収入を得ることで

自立に繋げようというものです。

 

この雑誌では時たま絵本に関する

記事が載ります。

 

今月最初は、かわいい14匹のねずみの絵が

表紙でした。

いわむらかずお 
という絵本作家の14ひきシリーズです。

14匹のねずみの大家族の森での生活を描いたものです。

 

 

『ビッグイシュー』の特集によると

作者自身、若いころに水道も電気もなかった

栃木県の山奥に幼い子供を連れて移り住み、
まさにねずみたちそのものの暮らしを
営んでこられたそうです。

 


記事の中で実体験を通じて五感を
研ぎ澄ますことの大切さを
話しておられます。

 


例えばまきをくべてご飯を炊くことで、
火の加減というものを知り、
グツグツという音
立ち上る湯気の量や匂いで
釜の中の状態を知る。
こうして五感が研ぎ澄まされていく。

 


バーチャルではなくて
実際に体験してこそ
自分の感覚として身につき、
それが表現の世界へとつながっていくと。

 

 

たぶん遠くない将来
バーチャルの世界でも
匂いや温度を感じることが
できるようになることでしょう。

 

ではそれで五感が「研ぎ澄まされる」か
というと、そう簡単ではないように思います。

 

 

グツグツと煮えた
湯気が立ち上った
これは常に同じではありませんね。

 

私たちはそれを
周りの空気、温度や湿度、風があるとかないとか、
さらには一人で作業していたとか、
誰かがいた、犬が吠えた、鳥が鳴いた
そんな様々なこととひっくるめて感じています。

 

その時その時で微妙に異なることを
感じ取ってこそ
五感が「研ぎ澄まされて」いくのでは
ないでしょうか。


そしてそれはきっと
強く豊かに生きていくための
力となる。

 

 

世界はきっと、
思っているよりも美しい。

五感を使って周りの世界を感じていると

そんな思いが沸き上がってきます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

あけましておめでとうございます。
絵本を使うキャリアコンサルタントの福島瑛子です。 

 

「大人が絵本を深読みする会」

今年第一弾が決定いたしました。

 

【日時】 1月21日 (土) 15:00~17:00

【場所】 カウンセリングオフィスにじいろ
      大阪・堺筋本町駅すぐ
     アクセスはここをクリックしてください。 

【参加費】 1000円 (当日会場でお支払いください)

【お申込】 お申込みフォームはここをクリックしてください。

 

今年も様々な年齢・経歴の人たちと

たくさん語り合って、たくさんの気づきを得ていきましょう。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

こんにちは 絵本を使うキャリアコンサルタントの福島瑛子です。

 

クリスマス絵本というと

私が真っ先に頭に浮かべるのは これ下矢印

 

 

絵の美しさでは もう随一!

 

でも、ウェブ上では長いこと買えない状態になっていたので

あまり紹介はしてきませんでした。

 

もうこの人の絵本は日本では出版されないのかな

そんな気持ちでいました。

 

でも

 

昨日、書店の絵本コーナーを眺めていて

「はっ!」

と息を飲みました。

 

これは、あの大好きな
『こねこのみつけたクリスマス』
の絵を描いた人じゃないかしら!

 


まさか別の本が出ていたなんて。

 

手に取って開いてみると
そうそう、あの煌びやかで美しく
繊細で優しい世界が広がっています。

 

そして主人公のねずみの
なんと可愛らしいこと。

 

ストーリーはクリスマスイブの日に
華やかな飾りつけやごちそうの中で
はしゃくねずみの一夜をつづったもの。

 

劇的なことが起きるわけではありません。


ほのぼのと心温まる
作者の愛情がジワリと伝わってくる1冊。

 

一人ぼっちの人にも
悲しみや苦しみの中にいる人にも
ポッとともしびをともしてくれる
そんな美しい絵本です。

 

帯にある
「小さな宝石箱のような」
という言葉がすごくぴったりときました。


美しい絵本が

あなたの心をそっと温めてくれますように。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

こんにちは 絵本を使うキャリアコンサルタントの福島瑛子です。

 

昨日、11月の

「大人が絵本を深読みする会」を開催いたしました。

 

これまでの最長は

1冊の絵本で2時間の語り合いですが、

今回はそれに次ぐ1時間半の語り合いとなりました。

 

 

まず最初に読んだのは

 

 

『かいじゅうたちのいるところ』の
 モーリス・センダックが絵を描いています。

 

ロビンフッドのあなたが森で本を読んでいたら
ノッチンガムの軍長に牢屋へ連れていかれそうに
なった。そんな時どうする?

 

プティングをほおばっている時に
かっこいい王子様から突然プロポーズされた。
そんな時どうする?

 

答えは
「だよね~」と言わざるを得ないことばかり。


だってこの絵本
「楽しい礼儀作法の本」だから。

絵本と違う答えが出てきたら
それがとってもおいしい楽しい絵本です。

 

 

次に読んだのは

 

 

30分くらいで終わるかなと予想していたのですが、
延々1時間半に及ぶ語り合いになりました。

 

・子どもに障がいがあることに、

家族は近すぎてなかなか気づけなことがある。
この絵本では、外側にいるおばあちゃんの指摘が
よいきっかけとなっている。

 

・親は上の子や同じ月齢の子と比べるとすごく不安になる。

 

・幼い子は自分が出来ないことがあると
「だって!」「できへんのやもん!」と反抗してくるが、

この絵本のふうちゃんは
「ごめんなさい」が自分が出来ないことを表現する言葉。
外に向けて発散するのではなくて、
内に引っ込んでいったというのが心が痛くなる。

 

・この絵本は根本的に親もお姉ちゃんも愛情がある。だから救われる。

・この子のように「ごめんなさい」ばかり言ってると、

自分を好きになれない人になる可能性がある。肯定感が下がる一方になる。
だからこの絵本のタイトル「ごめんなさいがいっぱい」には、すごく興味を持った。

・大人が使う「すみません」もやはり、自己肯定感が下がる。

 

・「ごめんなさい」には、自分が出来ない苛立ちと
周りが一生懸命やってくれてるのにできないことへの謝罪の思いがある。

・この絵本では眼鏡を買ってハッピーエンドになっているけれど、

もしすぐに治せない障がいだったら、どんな絵本になるんだろう?

 

・この絵本を、子どもが生まれたばかりの夫婦に
贈ったらどう思うかな?いやがるかな?気を付けようと思うかな?

 

・「ごめんなさい」が多くなったら、周りはすぐに何かを感じ取らなくてはいけない。

(よくない事態だ)
・「ごめんなさい」を繰り返すことに気が付いてあげられる大人になりたい。

 

・「ごめんなさい」を連発されたらどう思う?
 ・追い打ちをかけてしまうことがある。
 ・本当に悪いと思ってるの、と思ってしまう。
 ・そういうことで、それ以上傷つかないようにブロックしている。
 ・いろんな「ごめんなさい」がある。

 

・親が子どもに謝っている場面があるのは、子どもにとってすごいことなのではないかな。
おとうさんやおかあさんでも間違えるし、謝るんだと。

 

・「4才から5才対象」と書いてあるけれど、
そんな年齢の子がこれを読んだら何を感じるのかな。作家は本当は、誰を対象にしてこの絵本を書いたのだろう?

 

・「ごめんなさい」は本来いっぱいあってはいけないもの。

使う時は心を込めて大事に使わなくては。

・出来る出来ないの基準だけで子どもを見ていたら、大切なものを見落としてしまう。

 

 

この絵本の中で、生まれつき障がいのある子はそれが当たり前だから、何か不自由があるかと問われても「何もない」と答えるというような場面があります。そのために特に見えない障がいだと周りが気づきにくいのです。
そこから語り合いは、障がいと社会の関わりというような方向へ向かいました。

 

 

・大人になってから発達障害があるといわれた人の親は「私の育て方の何が悪かったの」と自分を責めてしまうことがある。

・今世間ではコミュニケーション力が大切としきりにいわれるけれど、コミュニケーションが苦手な人がコミュニケーション力を除いたところで力を発揮できる場が必要。

 

・筋ジストロフィーの人でも、最初の段階では家族はなかなか気づかない。

「この子は健康だ、正常だ」という潜在意識が邪魔をしていることもある。
また家族のプライドやポリシー、環境などが影響して気づきにくくしている場合もある。
知識のある人がいち早く気づいて、アドバイスすることがすごく大事。

 

・障がいで話すことが不自由だと、知能が低いと思われて赤ちゃん言葉で話しかけられる場面がよくある。
それは「いたわり」とは違う。どんな人に対しても、一人の人格として接さなくてはいけない。

 

 

最後に

 

 

2冊を続けて読みました。

 

残り時間30分だったのですが、
2冊を続けて読んだのは時間がなかったからではなくて、同じような思いが含まれていると思ったからです。


・昔子どもと歩いた風景を思い出し、懐かしさを感じた。
・お地蔵さんの宗教性って、とても大切。仏教の儀式ではなくて、心の中にある宗教性として大事。お寺のお坊さんにお布施をしたりするということよりも、毎日手を合わせることが大事だと感じる。

 

・絵本出版社瑞雲舎の社長に「絵本の中ではあらゆるものが同列である。共生している」という話を聞いてきたばかり。まさにそんな絵本だと感じた。道具も熊も神(カムイ)も。熊の命をいただくということは、食べ物を表しているし。

 

・日本人として自然とともに生きてきた風習をきちんと伝えていかないと、大事なものが無くなっていくと感じている。

 


もっと語れそうでしたが、時間切れでここでお仕舞い。

 

たくさんの差し入れと、天満橋のギャラリーほたるアートの手帳をありがとうございました。


今年の絵本深読み会はここまでです。
今年もほぼ満席で終えることができました。
本当にありがとうございます。

来年もよろしくお願いいたします。
 






 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

こんにちは 絵本を使うキャリアコンサルタントの福島瑛子です。

カウンセリングにつきものの「傾聴」。
ただただ寄り添って聴いていく。

これが簡単なようで
なかなか難しい。


寄り添うことは、難しいです。

でもそれを「図書館犬」は簡単に

やってのけます。
 

 

 

欧米には訓練を受けた
「図書館犬」や「図書館猫」がいて

本を読むのが苦手な子どもたちに

寄り添っています。

 

間違っても笑わない

もっときちんと、とも言わない。

ただただ寄り添って

聞いています。

子どもたちは犬相手に読んでいるうちに
次第に上手に読めるようになるそうです。


なんなのだろうな、
と考えてしまいます。


これってきっと
人間ではだめなんでしょうね。

いくら何も言わずに
黙ってきいていても
人間には動物ほどの
安らぎは与えられない
のではないでしょうか。


この表紙の犬のように
フワフワになって、
それだけで安らぎを与えられるように
なりたいと思うのです。


犬の方もなんだか
しあわせそうに見えるし。
 

-------------------

「大人が絵本を深読みする会」参加者募集中です。

 

日時:11月26日(土)

    15:00~17:00


場所:カウンセリングオフィスにじいろ
    大阪・堺筋本町駅すぐ

 

参加費:1,000円

くわしくはここをクリックしてください。

 

すぐにお申込み下さるかたはこちらをクリックしてくださいね。

 

------------------------

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

あなたの人生を少し豊かにするお手伝いが

できていたら嬉しいです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

こんにちは 絵本を使うキャリアコンサルタントの福島瑛子です。

朝晩、特に夕方日が落ちると急に冷え込むようになりましたね。
体調を崩す方もいらっしゃるようですが、
あなたは大丈夫ですか?

11月の「大人が絵本を深読みする会」
開催日が決まりましたので、
おしらせいたしますね。

ーーーーーーーーーーーー
◆日時: 11月26日(土) 15:00~17:00


◆場所:カウンセリングオフィスにじいろ
     大阪・堺筋本町駅すぐ

◆参加費: 1000円

--------------------------

お申し込みはこちらからお願いいたします→ここをクリック

「大人が絵本を深読みする会」について
詳しくお知りになりたい方は
こちらをごらん下さい→ ここをクリック
----------------------------

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
この記事を読んでくださった あなたの人生が、

より豊かになりますように。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは 絵本を使うキャリアコンサルタントの福島瑛子です。

 

どちらかというと好きではないのに
新刊が出るとなぜか手に取ってしまう
ジョン・クラッセン。

 

みつけてんみつけてん
1,944円
Amazon

 2匹のかめ。
 

2匹のかめが見つけた帽子は1つ。

1匹は
見つけなかったことにしようと提案。

 

それに従いながら

もう1匹は 帽子への未練が残ります。

 

一緒に夕日を眺めてから
眠りにつく2匹。

 

「寝たか」と問う1匹に
もう1匹は「もう寝たで」と答えます。

 

「寝たで」と答えたかめは
どうやらもう1匹の気持ちはお見通し。

 

・・・・

 

友情、愛情、分かち合い、思いやりとか、
こんな場合はこういう方法があるんじゃないとか
色々考えさせられますが、

 

私が一番気になったのは

 

「美しい夕日を眺めている時に
人は何を思うだろう」

 

ということでした。
あなたは何を思いますか?

 

この記事を読んでくださった

あなたの人生が、

より豊かになりますように祈っています。

みつけてんみつけてん
1,944円
Amazon

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
こんにちは
絵本を使うキャリアコンサルタントの福島瑛子です。


今回の「大人が絵本を深読みする会」に
大阪・池田で介護サービスの会社「フリーステーション」を
経営されている小宮悦子さんが参加してくださいました。

その感想をブログに挙げておられます。

「男性が多いのでびっくりしました」とのこと。
女性だけでなく、
年代も様々な人たちと意見交換する環境を
重要視しています。

そのほうが多角的な話ができて
楽しいですしね。

地域のコミュニケーションなどに
使ってみたいという話をいただきました。

くわしくはこちらをお読みください。
↓ ↓ ↓
http://www.free-st.jp/wp04/?p=691

フリーステーション


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
あなたの人生にさわやかな風が吹きますように。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
こんにちは
絵本を使うキャリアコンサルタントの福島瑛子です。

「大人が絵本を深読みする会」
平日開催が難しくなったので
土曜の昼間に開催するようになった2回目。

おかげさまで満席と終えることができました。

心配していた男性の方も
かえってたくさんの参加をいただけて、
ホッとしています。


では、今回のご報告です。

今回は短めの絵本をセレクトしました。


-------------

もとこども (ポプラ社の絵本)/富安 陽子

¥1,404
Amazon.co.jp
もと大工だった僕のじいちゃんも、
ナースをやってる向かいの姉ちゃんも、
もっと昔は「もとこども」。


この絵本を読んでから
今の皆さんは子供のころから
好きだったことを仕事にしていますか?
と聞いてみました。


なにかしら片鱗があるかなという人もいれば、
子どものころは思いもしなかった世界を
だいぶ大人になってから知りつつある、
という人もいました。


自分の適職や強みを知るために
子どものころ夢中になったことを
思い出してみるというのは定番ですが、
あなたはどうですか?


---------------
はなのひと/かみおか まなぶ

¥1,404
Amazon.co.jp
来る日も来る日もため息ばかり
ついていたひまわりに
天の声が聞こえます。

「花びらの数だけ夢をかなえよう」

花はまず自由に動けることを願い、
それから走ったり、電話をかけたり、
傘をさしたり、いろいろやってみます。


そしていよいよ最後の一枚になったとき、
花は考えました・・・


・花の夢はかなったのか?
小さいけれど1つ1つかなえていった。
やりたいことをとりあえずやってみたら、
それが次の「夢」につながった。

何でもいいから、とりあえずやってみたら?
やってみることが夢につながるのでは、
と言っているのではないか。

・自分はいろいろやったから、
続きは次の世代に引き継ごうと
最後には思えてきた。

・最初は「やりたい」だった。
最後は「なりたい」になった。
「なりたい」とは本来の姿に戻ることだった。

・最初は自分だけの夢だったが、
最後はみんなの未来を含めた夢になった。
人は年を重ねていくと、
最終的には次の世代に繋げることを考える。

・花が最後に植えた種は「希望」そのもの。

・花びらがなくなるにつれて、
自分じゃなくなるように思えて辛かった。

・他社との関わりが描かれてないので、
全体的に寂しさが漂っている。
人は一人では生きていけなので、
この話はあまり楽しめなかった。

・やりたいことはやったから後悔はしないけれど、
何かもっと大事なことがあったのかもと思い、
そのことを次の世代に託した。

・自分のたっめだけの夢よりも、
人の役に立つほうが素晴らしい夢だと気づいた。
それが種まきにつながった。

・花びらを1枚1枚失っていくことは、
何かを得るには代償があるということ。

・あれこれやらずに、
花として生きるのがまっとうだ、
ということをいいたいの?


----------------

いっしょに読んだものがたり/リチャード・ジョーゲンセン

¥1,404
Amazon.co.jp

幼いころからお父さんと本を楽しんできた記憶は、
大人になり子供ができてからも、
ずっと温かな思いとして生き続けています。

・壁に掛けてある小さな写真から始まって、
次第に大きな場面に広がっていく絵の展開が秀逸。

・父親から娘、娘から孫へ伝わる幸せな時間が、
現在進行形で続いている。

・こういう物語こそ、絵本でなくては。

・日本ではちょっとイメージしにくいかな。

・絵本を子どもの前で読んでやるのと、
膝に抱いて読むのとでは、温かみが違う。


---------------
最後は
こうまくん/きくち ちき

¥1,620
Amazon.co.jp
こうまくんが、ただただ走っていくだけ。
友達や小川や風が声をかけても、
「走ってるの」。

一見乱暴に書きなぐったような絵が
躍動感を生む、元気の出る絵本です。


せっかく声をかけてもらってるのに、
嫌われないかなあ、などと笑いながら
今回は終了しました。


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
あなたの人生がより豊かになりますように 願っています。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
こんにちは
絵本を使うキャリアコンサルタントの福島瑛子です。


キャリアコンサルタントの勉強では
言葉の大切さも学びます。

自分が使う言葉が生き方を方向付けてしまうことも・・・



絵本は「絵」が主体になることが多いためか

言葉で言わなくても心は通じ合える
とか
黙って抱きしめてあげるのがなによりも大切

というお話が圧倒的に多いです。


でも
言葉はとても大切。


言葉は不思議な力を持っています。

苦しみ悩んで
絶望の淵に立たされたときに、
遠くの友人からかけられた言葉に
救われることがあります。


現代、私たちは
遠くにいてもつながりあえます。
SNSであったり
スカイプであったり、
ああ、電話もそうですね。

手紙も、そう。
届くまでちょっと時間がかかるけど。


あなたを想っているよ。
あなたの苦しみをしっかり聴くよ。
そして

あなたを抱きしめるよ。


言葉でも
「抱きしめる」ことができるのです。


離れていても
あなたは一人じゃないよと
伝えることができるのです。


もうダメ!
もう限界!
そう思い詰めていたけど

「大丈夫。
今度話を聴くからね」
と言葉をかけられた瞬間に
光が差してくる。


言葉で抱きしめる。
言葉にはそんな力があるのです。


『だいじょうぶ だいじょうぶ』
もう何度かとりあげた絵本です。

なにがあっても、おじいちゃんの
「だいじょうぶ だいじょうぶ」
という言葉に救われてきたボク。


とても共感したり、
地震や津波やテロが起きて
内容が現実に合わない部分が
出てきたなと思ったりしました。


でもやっぱり
言葉の魔法を考えたときに
最初に頭に浮かんだのが
この絵本でした。



大型版 だいじょうぶ だいじょうぶ (講談社の創作絵本)/いとう ひろし

¥1,404
Amazon.co.jp



--------------------
大人が絵本を深読みする会
【日 時】9月24日(土)
     15:00~17:00
       
【場 所】北久宝寺町ビル2F C号室 
「カウンセリングオフィス にじいろ」
 大阪市中央区北久宝寺町1丁目5番8号
 (地下鉄中央線・堺筋線 堺筋本町徒歩3分)
 
【参加料】 1.000円 
お申し込みはこちらからお願いいたします。
↓ ↓ ↓
ここをクリックしてください。



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
あなたの人生が、より豊かになりますように願っています。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。