リハビリ・整体の勉強会セミナーなら臨床研究会愛媛祭【骨盤・内臓・脊柱・頭蓋・エネルギー】

理学療法士・作業療法士・整体師・鍼灸師・柔道整復師など、セラピスト向けセミナー・講習会・勉強会を開催しています。明日からの施術に活かせるセミナーを開催します。愛媛をセラピーの聖地に!愛媛県松山市を中心に活動しています


テーマ:

四国・愛媛松山の治療・リハビリ・整体の勉強会・セミナー情報なら愛媛祭で!!



こんにちは!



一応前回の続編的な感じで、自分の過去を振り返っています。



前回:止まらないこと





どんな困難な状況でも、止まらずに前に進み続ける。



ゆっくりでもいいから、止まらず前に進んでいれば、いつか花咲く時は来る。



そんな確信を持ったその後も、私はもがき続けていました。



まだまだわずかな光が見えただけ、完全に解放される所までは程遠い…



具体的に何に苦しんでいたかというと、経時的に見たとき、患者さんがちゃんと改善していくかどうかです。



即時的な変化は出るものの、経時的改善に繋がる率は上がってきたとはいえまだまだ低い。



ここは確かに多くのセラピストが悩むところであると思います。





その打開策を探るべく、リハビリの分野はもちろん、民間療法・東洋医学含め、あらゆるセラピーについて学びを深めていきました。



カイロプラクティック・オステオパシー・気功・整体などなど、本当に様々なものを学んだと思います。



その中で、様々な素晴らしい先生方に出会い、実際に施術をしていただいたり、たくさんの素敵な経験を積むことが出来ました。



もがき苦しむ自分にとって、まさにその先生方が心の支えでした。



そしてその偉大な先生方と関わったり、多くの事を学んだりする中で、ある決定的な事に気付きます。



一流の施術家達は、「自分が治してやろうと考えていない」ということです。





これは多くの偉大な施術家達が口をそろえて言うことですが、自分の中では特に操体法の考え方を学んだ時に一番しっくりくるものがありました。



操体法の創始者である故・橋本敬三先生は、「治療など下の下だ」という言葉を残されています。



これは、治してやろうなどと思う事自体邪心である、ということを表しています。



即自的にその場で変化がでれば、つい「俺が治したんだ」的考え方になってしましがちです。



ですがそのような変化が起こっているのも、患者さんの回復力がそうさせているわけであり、こちらはただそのためのきっかけを与えているに過ぎなかったのです。



これにはハッとしました。



当時の自分はまさに邪心の塊で、「俺が治してやる」という考えのみでやっていたような気がします。



だから患者さんの身体も無意識レベルで反発して良くなっていかない、そして自分自身の身体もどんどん悪くなっていく。



(私の当時の不健康ぶりは、前回記事で書いたとおりです^^;→止まらないこと



治してやるという傲慢な考えは邪心である。



施術における、最も大事な原理原則を知った時でした。



それ以来、私は治そうとする事を辞め、「患者さんが回復していくためのお手伝いをしよう」と考えを改めました。





そういう気持ちを持つことで、アプローチも変わりました。



部分的な診方ではなく、全体の調和を考え、回復できる身体に戻って頂く。



そして即自的な変化だけを求めるのではなく、確実に治れる身体に戻って頂くことを意識していく。



そうしてセラピーを行っていくと、経時的に回復し、無事リハビリ終了に至る患者さんの割合が相当増えていきました。



改善の難しい高齢者や慢性症状であっても、回復する力を持っているんだ。



経時的改善に向かっていく事ができるんだ。



という確信が持てた時、私は学生時代からの目標であった開業をすることを決意しました。



この時臨床二年目。



この翌年に準備期間を経て、私は晴れて自分の治療院を開業する運びとなりました。





今も自身の治療院にて、患者さんのセラピーに携わっている私ですが、いつも心に置いていることは、



「人の身体は自身の力でもって初めて良くなるもの、治すのではなく治るものだ」



「俺が治してやると思うのではなく、治って頂くためのお手伝いをするのだ」



ということです。



患者さんの身体が良くなっていく、というのはもう何度も体験している場面ですが、人間の回復力の偉大さを目の当たりにした時というのは、今でも毎回感動させられています。



患者さんが持っている偉大な力を引き出すために、最高のお手伝いが出来ること。



これが今でも大切にしている、自分の施術家としての教訓です。



今後も驕らず、患者さんと共に歩んでいけたらなと思っています。






青木佑樹(タンクP)講習会の詳細はコチラ をご参照下さい。


秘伝公開講座のエネルギーアプローチスクールはコチラ



※講習会用HPコチラ よりお申し込み下さい。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

四国・愛媛松山の治療・リハビリ・整体の勉強会・セミナー情報なら愛媛祭で!!



こんにちは!



講習会などを開催していると、よくセラピストから臨床の切実な悩みを相談されます。


私も考え方や技術的アドバイスはできますが、結局動くのは自分自身だし、人生は自分自身のもの。


やはり自らの考えや行動が道を作るのだと思います。


現状の悩みを打破していくために大事な事は、「止まらないこと」、これに集約されるのではないでしょうか。


疲れたら走るのをやめて歩いてもいい、でも止まってはいけない。


一度止まるとまた動き出すのは非常に大変、あるいはもう動けないかもしれません。


たとえゆっくりでも止まらず前に進み続ければ、長いトンネルであってもいつかは抜けるのです。




特に若いセラピストからの相談は、私自身の過去を振り返ると痛いほど気持ちがよくわかり、ついついアドバイスにも熱が入ります。


自分自身も新人の頃は全く患者さんの役に立てず、毎日胸を痛め、苦しんでいました。


「このままではいけない。」


自分の無力さを痛感し、それを打破するために全力で走り始めました。


とりあえずアプローチするための武器が必要と思い、新人の頃は徒手療法をよく学んでいました。


幸い手先の器用さには自信があったので、どんどん技術を吸収して、患者さんもビックリするような効果が出せるようになりました。


「さっきまで痛かったのに…、なんで!?(笑)」


患者さんの役に立てている実感を感じ始めました。


やはりこの仕事を選んで良かったな、そんな風に思えました。




しかし数カ月経つと、ある致命的な事実に気付きます。


即自的変化は出せるようになったものの、経時的変化で見てみると大して良くなっていない、ということに気付き始めたのです。


「魔法が解けた・・・」


愕然としたのを覚えています。


患者さんの役に立てているような感覚は、蜃気楼のごとく消え去りました。


あんなに頑張ってきたはずなのに自分は何にも進歩していない。。


自分の情けなさを恥じ、毎日が絶望のどん底でした。


生活も不摂生が目立つようになり、日々の疲労とストレスを酒で洗い流すような毎日でした。


きつい酒を呷り、気付けばテレビも電気も付けたまま寝ていることがほとんどだったのを記憶しています。


そんな生活ですから、体重も一気に10キロ近く増え、血圧は150/100くらいに。


20代にして立派な高血圧となってしまいました。


強い抑うつ状態が続き、ついには精神科でうつ病という診断まで付きました。




ただ、そんな時でも止まらず必死に走り続けていました。


毎日テキストを読み、平日は地域の勉強会に出て、毎週末ごとに各地の勉強会に参加し、ひたすら打開策を探りました。


もちろんこんな状態なら本来は少しペースを落とすべきですから、私のように自分を追い込んでほしいとは思いません(マネして身体を壊してはいけません^^;)。


ただ、止まらなかったことで、光が見え始めたのも事実でした。


身体の部分のみではなく、身体全体に目を向けていき始めた結果、


「あれから調子良いよ!」


と言われる率が増えてきたのです。


自分の施術を受けて以来調子が良くなっている…、この「あれから調子良いよ」という言葉が、当時一番嬉しかった言葉だったなと思います。


劇的な改善がみられた患者さんも出るようになってきました。


過去に症例日記で書いた患者さんですが、下リンクの症例は臨床一年目の冬に診させて頂いた症例です。


参照リンク:ヘルニア・坐骨神経痛


もちろんまだまだ苦悩の日々は続いていくのですが、止まらなければ必ず道は開ける、という確信が持てた時期だったと思います。




諦めず・止まらず前へ進み続ければ、いつか必ず花が咲く時が来る。


日々臨床に悩むセラピストのみなさんも、それだけは忘れないでいていただきたいなと思います。


今の苦しみが、いつか過去の愛しき苦しみの日々に変わるまで…、止まらずに進んでいきましょう。


私自身も、まだまだ止まらず、前に進み続けようと思います。


今日はつれづれと書かせていただきました。


戯言にお付き合いいただき、ありがとうございましたm(_ _)m







青木佑樹(タンクP)講習会の詳細はコチラ をご参照下さい。


秘伝公開講座のエネルギーアプローチスクールはコチラ



※講習会用HPコチラ よりお申し込み下さい。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。