山梨県は6日、県内産の「甲州ワイン」の原料である甲州種ブドウが、ワインの国際的審査機関である「ブドウ・ワイン国際機構」(OIV、本部パリ)に品種登録されることが決まったと発表した。日本の固有種ブドウでは初めてで、登録されると甲州ワインのブランド名で欧州連合(EU)加盟国に輸出できるようになる。
 県によると、OIVはワインに関する調査・研究をしているEU指定の国際機関でイタリア、フランスなど世界43カ国が加盟。これまでは、EU側へ輸出するワインに「甲州」の名前を表示できなかった。
 横内正明知事はこの日の記者会見で「非常に将来性があると高い評価を受けた」と、欧州での甲州ワインの人気拡大に期待を寄せていた。 

【関連ニュース】
【Off Time】山梨・甲州市でワインツーリズム体験
【Off Time】香港の旅
〔写真特集〕実りある風景-世界の収穫
四輪バギー、照準はワイン農家=独で販売本格化へ
19歳男子学生、飲酒後死亡=ラグビー部送別会で

普天間海外移設「可能と確信」…社民・照屋氏(読売新聞)
精神疾患の教員支援 都、独自プログラム作成へ(産経新聞)
山口大の不正経理、調査対象40人超す(産経新聞)
山崎さん、補給コンテナ設置成功(産経新聞)
IMJ、プロモーション促進ツール「プロモッティ」 提供開始
AD