強烈な肩こりと腰痛再発の不安解消したエゴスキュー

何年も苦しんだ強烈な肩こり、ストレートネックが治り、
更に長年の腰痛への不安が解消してエゴスキュートレーナーとして奮闘中


テーマ:
今晩の「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」
みなさんはご覧になりましたか?

番組の中で、腰痛になる人が少ない県は、神奈川県だとされていました。
理由は、
通勤中に電車やバスに揺られると多裂筋が自然に鍛えられるからだとか…

そこで、深層筋のひとつである「多裂筋」について考えてみましょう。

椎骨1つ1つをつなぐ筋には
 ・ 横突間筋
 ・ 棘間筋(きょくかんきん) 
 ・ 横突棘筋(よことつきょくきん) 
の3つがあります。

その横突棘筋は、さらに
 ① 半棘筋
 ② 多裂筋
 ③ 回旋筋 
に分けることができます。

横突棘筋とは「横突起」から上位の椎骨との「棘突起」間を
上内方に走る筋肉を指してそう呼びます。

脊柱の伸展や側屈、回旋を補助する重要な役割をになっていますが、
この多裂筋のみならず、
腰回りの筋肉は体を真っ直ぐ支えるのに重要な筋肉です。

こうした深いところある深層筋は通常の運動では簡単に鍛えられません。

それが、長時間の移動などで体を揺れから倒れないようにしようとすることで、
自然に鍛えられるという指摘がなされていたものです。

体の健康は、これだけを行うということには
どうしても無理が生じてしましますが、
自然と行えることや日常的に行っていることであれば
腰痛知らずの体を作ることにもつながる事例だったようです。

みなさんに、腰痛はありませんか?

もちろん原因は冷えやストレスなどから来る場合もあるようですが、
一番や筋肉の衰えのようです。

では、どうして衰えるのでしょうか?

ひとつは現代人は、歩くことが少なすぎることです。
歩くことで体全体を使い、場合によっては多裂筋をはじめとした深層筋にまで
刺激を与えるような姿勢を余儀なくされる事があるかもしれませんね。

使わない筋肉は刺激がなく、
刺激のない筋肉は徐々に細くなっていき、本来の役割を果たせなくなります。

すると腰や膝や肩などの痛みとなって表れてきます。

さあ、加齢による衰えを防ぐには、
日頃から適度な刺激を筋肉に与えることです。

まずは、「驚異のエゴスキュー」を手に取ってみませんか?

痛み解消メソッド驚異のエゴスキュー/ロングセラーズ
¥1,785
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。