ブルーエゴナク 稽古場ブログ

北九州を拠点に活動するブルーエゴナクのブログです。
稽古場の様子を公開していきます!


テーマ:

お待たせいたしました。

ブルーエゴナク5周年記念公演

情報公開です!

 

 

ブルーエゴナク第十回公演

5周年記念公演

「ふくしゅうげき」

作・演出 穴迫信一

 

 

北九州の若手創作集団ブルーエゴナク、旗揚げ5周年にして遂に北九州芸術劇場に登場!約1年半ぶりの地元北九州での本公演は、復讐劇をモチーフに描くエゴナク流現代へのディスとアンサー。その名もふくしゅうげき。さあ、腹を決めろ。

 

 

出演者

高山実花(モンブラン部)

大福悟(劇団C4)

田崎小春

鈴木晴海(じあまり。)

荒木宏志(劇団ヒロシ軍)

葉山太司(飛ぶ劇場)

脇内圭介(飛ぶ劇場)

 

平嶋恵璃香(ブルーエゴナク)

穴迫信一(ブルーエゴナク)

 

 

日時

2017年

121日(土) 14:00 * / 19:00 

122日(日) 14:00 *

※当日券販売は開演時間の1時間前から、開場時間は30分前です。

 

 

 アフターイベント

*1月21日(土) 14:00 出演者全員トーク

ブルーエゴナクでは恒例になりつつある出演者全員による質疑応答式のアフタートークを行います。終演後アンケート用紙に作品や俳優へのご質問をお書きいただけます。

*1月22日(日) 14:00 北九州演劇シンポジウム〜2017年、そしてこれからについて〜

旗揚げ丸5周年である2017年を北九州芸術劇場小劇場で迎えるブルーエゴナク。

北九州演劇界を牽引する飛ぶ劇場の泊篤志氏と演劇関係いすと校舎の守田慎之介氏、

そして劇団C4代表であり今作の出演者でもある大福悟氏の三名を迎え、それぞれの今後の活動・展望についてお話します。

ゲスト:泊篤志氏、守田慎之介氏、大福悟氏

 

 

会場

北九州芸術劇場 小劇場(リバーウォーク6F)

(福岡県北九州市小倉北区室町1丁目1−1)

 

 

チケット発売開始日

2016年11月1日 10:00

 

 

前売りチケット料金

一般 2,500円

U-28  2,000円

(当日300円増し)

高校生以下 当前一律 1,000円

※未就学児童の入場不可(託児有 ※有料・定員有・要予約)<9:00~19:00受付>

お問い合わせ フリーダイヤル0120-400- 829/TEL093-882-5063    

 

 

ご予約方法

CoRich舞台芸術

http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=62092

北九州芸術劇場オンラインチケット(3:00~4:00除く)

https://yyk1.ka-ruku.com/kicpac/

劇場プレイガイド(10:00~19:00)

TEL 093-562-8435(10:00~17:00/土・日・祝を除く)        

 

 

お問い合わせ

ブルーエゴナク 制作部

Mail egonaku@gmail.com

Tel  090-2694-4696

 

主催/ブルーエゴナク

提携/北九州芸術劇場

助成/公益財団法人福岡県教育文化奨学財団

 

----------------------------------------------------------

情報は以上となります。

初の北九州芸術劇場小劇場公演!

九州で活躍している俳優とともに自信を持ってお届けする2017年一発目の公演です。皆様ぜひよろしく願いします。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ブルーエゴナク京都滞在制作作品「ラッパーRapper」の出演者紹介。第六回目ラストはこの方、”京都住みます芸人”としてラップを取り入れた「らぷご」など、ネオラクゴと称した新作落語を毎週発表し、精力的に活動されている落語家、月亭太遊(つきていたいゆう)さんです!

{84EAC13D-DF9F-45DB-BE00-0A161EC083A3}


ラップで自己紹介してください

新作落語やるのさ毎週
芸人とアクターかけもちで俳優
あるのか覚悟が?迷いは皆無!

ラップではない自己紹介をお願いします

落語家の月亭太遊です。よしもとのプロジェクト、住みます芸人として京都を中心に活動しています。錦市場の銭湯「錦湯」にて毎週月曜日新作落語を披露しています。最近ラップをテーマにした落語 らぷごを披露したり「どん兵衛」のWEBCMでラッパーのみなさんに混じってビートに乗って落語を披露したりしています。
芸人としての活動以外に映像作品には ちょくちょく出演させていただいておりますが、演劇はアトリエ劇研スプリングフェスショーケース 努力クラブ「見せたいヘタな手品ショー」に次いで二度目の出演になります。


どんな稽古をしていますか?

穴迫さんの演出法が落語の稽古に近いので違和感なく受け入れられています。音に対して細かく指示がありそれを覚えるというやり方です。ですのでそのとおりに自分の中に落とし込み繰り返し繰り返し口の中で発音してみます。歩きながらブツブツとつぶやくのが自分的にはしっくりきます。なので稽古場でも写真のようにウロウロしながら稽古しております
{87350F74-55E2-4F82-A118-3ABE8B9A8690}


京都と北九州のイメージを教えてください

九州(大分)の出身の僕としては北九州といえばスペースワールド!宇宙というテーマに徹底していて、他の遊園地とは違うワクワク感があったのを覚えています。京都伝統や思考などを掘り下げるのに向いている環境。今回のラッパーではエンタメ性とディープさ、北九州×京都がうまく融合してると思います。

今作「ラッパー」の見所は?

今回の出演者の中でももともと、MCバトルの動画やラップの音源によく触れていた方だと思いますが、その僕からしてもまず劇中のラップがかっこいいです。どこに出しても恥ずかしくありません。さらにそれぞれのキャラクターにあったラップのスタイルがわりふられていて、あ、このフロウはだれだれぽいな。とか、そういう楽しみ方もあると思います。ただ穴迫さんがつくったそのラップを うたうのは僕たちですからどうなることか!?あと、落語のことについても振り返るよいきっかけになったということも書いておきます。それについてはまた別の機会にゆっくりお話したいと思います。

お客さんに一言

すでにチケットを買っていただいたみなさん、ありがとうございます!それから「ラッパー」に少しでも興味をもっていただいてるあなた、すぐに決断してください!後悔は絶対させません。ラップにまったく興味がなくても、さらには演劇未経験でも大丈夫です!単純にすっごくおもしろいお芝居なので何の先入観もなしにきてください。お待ちしています!マジで!






太遊さん、ありがとうございました。
毎週新作落語を披露しているというというタフさ!しかしそこに疲労の色は見えません!(あ!ラップのようになりました!)
話題の「どん兵衛」のWEBCMはこちらです。



太遊さんがおっしゃられているように今作「ラッパーRapper」はラップにまったく興味がなくても、さらには演劇未経験でも大丈夫です!
思わず身体が揺れる観劇体験、ぜひ劇場まで足をお運びください。


8日(木)からアトリエ劇研にて公演が始まります。
初日8日19時の回と、11日11時半の回は出演者全員によるアフタートーク(お客様からの作品についての質問に、答えていく形式のアフターイベントになっています。)
千秋楽11日15:30~の回には、出演者全員による白熱のフリースタイル(即興ラップ)と併せて、KOPERUさん、出演者の落語家月亭太遊さん、ブルーエゴナク代表 穴迫の3名によるアフタートークを行います!

アフターイベントのある回は特にチケットが少なくなってきています。ご予約はお早めに。公演詳細はこちらです。>>>「ラッパーRapper」公演詳細


皆様のご来場をこころよりお待ちしております!


過去の出演者紹介もぜひご覧ください。
>>出演者紹介 | 第一回目 佐々木峻一さん
>>出演者紹介 | 第二回目 野村明里さん
>>出演者紹介 | 第三回目 楳山蓮さん
>>出演者紹介 | 第四回目 しらとりまなさん
>>出演者紹介 | 第五回目 鈴木晴海さん
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ブルーエゴナク京都滞在制作作品「ラッパーRapper」の出演者の紹介。第五回目は、北九州を拠点に「じあまり。」というユニットで活動されている鈴木晴海(すずきはるみ)さんです!

{302D538B-A3B2-42F6-AA0A-43C9A03B885F}


ラップで自己紹介してください

私の名前はMCキング
浴びたいのみたい100円ビール
リングピンク憧れのシーン
苦手なのは芝居好きなのは柴犬


ラップではない自己紹介をお願いします

北九州市出身。シアターデモ2013に参加以降、北九州を拠点に演劇活動を始める。一年間韓国に留学にいったりしていたらいつの間にか2015年になっていて、作家と役者の女6人の「じあまり。」に所属。同年ブルーエゴナクHIPHOP家族劇「PL〜AY/さいしょのまち」で7曲のラップを歌う。1989年4月1日生まれです。どうぞ占ってください。


どんな稽古をしていますか?

イヤホンをつけた人たちが集まって、個々にそれぞれのビートにのって揺れている稽古場。一人がラップを歌い出すと合わせて歌い出す稽古場。異様にノリ出す稽古場
稽古毎にラッパーの動画をみて勉強。
机がビートを刻んでる、と思ったら佐々木くんがめちゃくちゃノッていた。
空気が揺れている、と思ったら太遊さんがノリノリで空気をかき混ぜてたり。
みんなラッパーに見える、そんな稽古場。
{A62DEB46-BE70-4A55-857F-987C2C596400}



京都と北九州のイメージを教えてください

京都は絶叫するほど暑いと思っていた。けどそこまで暑くない、むしろ夜は涼しい。清水寺の様な坂道だらけだと思っていた。けど坂道もほとんどなく自転車生活が快適でどこまでも行ける気がする。
北九州弁ってそんなに標準語と変わらんと思っとった。京都の八百屋さんと意思疎通ができんかった。
「くされるかもしれんけ」
「は?」×4


今作「ラッパー」の見所は?

「ラップ」よくわからないし、歌ってる人たち怖いし、あれでしょ?ディス…あの悪口言われるやつでしょ。とかって、思いますよね、思います思います。
劇中、私もディスられます。けど、ただただ悪口言われてるわけじゃない気になってくるんです。私だけかもしれないけど、思われてるなぁ。って思うんです。Mなのかもしれません。
それぞれのバトル。これが見どころです!


お客さんに一言

普段お芝居はよくみるけど、ラップは全く…と言う方
普段ラップはよく聞くけど、芝居は全く…
という方々が集まっているという不思議な空間になっていると思います。どうぞ、ライブだと思ってノリノリで観ていただけるともっと楽しいお芝居になると思います!
私達ラッパーもラッパーとして舞台に立ちます!
お客様も私達ラッパーのライブ楽しんでください!!





鈴木さん、ありがとうございました!
今回唯一の北九州からの参加です!昨年の「PL〜AY/さいしょのまち」では、ラップ初挑戦にもかかわらず、ラッパーを目指し地方の商店街を出て行く若者 佐世保マキ役で、7曲ものラップを披露!「PL〜AY/さいしょのまち」をご覧頂いた方にはマキの未来のひとつの姿のようにも思えるかもしれません。

鈴木さんが出演された「PL〜AY/さいしょのまち」のダイジェスト動画を貼っておきます。ぜひご覧ください。


今作「ラッパーRapper」は演劇でありかつラップライブです。
気づけば体が揺れている、そんな観劇体験をぜひ!


鈴木晴海(じあまり。)
1989年生。福岡県北九州市出身、在住。
シアターデモ2013に参加以降、北九州を拠点に演劇活動を始める。
2015年作家と役者の女6人で「じあまり。」を結成。
同年、ブルーエゴナクHIPHOP家族劇「PL〜AY/さいしょのまち」出演。本編中7曲に渡り本格的なラップを披露。



>>出演者紹介 | 第一回目 佐々木峻一さん
>>出演者紹介 | 第二回目 野村明里さん
>>出演者紹介 | 第三回目 楳山蓮さん
>>出演者紹介 | 第四回目 しらとりまなさん

>>>「ラッパーRapper」公演詳細はこちらです。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。