http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160910/k10010680221000.html?utm_int=news-sports_contents_list-items_078

 

プロ野球、セ・リーグは、優勝へのマジックナンバーを「1」としていた広島が、2位の巨人に6対4で勝って、25年ぶり7回目のリーグ優勝を果たしました。
(9月10日付NHKニュースウェブから一部引用)。

 

優勝決定のゲームは自宅でテレビ観戦していました。

黒田と新井以外はほとんど名前を知らない選手たち,それもユニフォームの着こなしなどもスマートで格好の良い選手ばかり,広島といえば正田や野村やアレンやロードンといったところで記憶が止まってしまっている自分がいましたが(笑 いったいいつの時代だという感じです。

 

 

それはともかく,これで日本シリーズにすんなりいけるというわけではなく,クライマックスシリーズがあるというのも,私がよく野球を見ていた頃とは様変わりしているところですが,既になされているように,この仕組みにはやはり違和感があります。

 

 

100試合以上の過酷なペナントレースを戦ってきて優勝したというのに,最終的に3位のチームが日本シリーズに出場する可能性もあるというのは,不合理ではないかと思います。

大リーグのように地区ごとに分かれており,チーム数も多いというのであれば,優勝できなかったチームがジョーカー的に混じるというのもスパイスが効いていて面白いかと思うのですが(ワイルドカード),日本のプロ野球においてはそもそもチーム数が少なく,そのようなシステムを取る基盤が欠けているものと思います。

 

 

実情を考えずにアメリカの良いところだけを見て制度に取り入れてしまうというのは,わが司法界だけではないようです。

 

 

■ランキングに参加中です。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ にほんブログ村

■着手金の簡易見積フォーム (弁護士江木大輔の法務ページに移動します。)

 

■弁護士江木大輔の法務ページに移動します。