http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160820/k10010643551000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

 

 

リオデジャネイロオリンピック、陸上の男子400メートルリレーは19日、決勝が行われ、日本は37秒60のアジア新記録で2位となり、銀メダルを獲得しました。
(8月20日付NHKニュースウェブから一部引用)。

 

ちょうど休日の朝のよい時間のレースでしたのでライブで見ることが出来ました。アンカーの選手がバトンを受け取ったときにはトップだったようにも見え、その後、さすがにボルトには負けてしまったものの、何とか逃げ切っるという手に汗握るレースでした。

 

 

マラソンを除いて、日本が陸上種目でメダルを取るというのは凄いことだと思います。

 

 

従来、オリンピックは、前半戦の柔道、水泳、体操辺りまでは日本人が活躍するものの、陸上が始まってくると、マラソンを除けば日本はお呼びじゃないというような、世界陸上のような雰囲気になり盛り下がっていたものでしたが、今回は、競歩での銅メダルもそうでしたが、今回のリレーもメダルを取るという快挙で、最後まで楽しめたいという感想です。

今回のリレーではメンバーには100メートルで決勝にまで進んだ選手はいないものの、バトンを渡すという技術で他のチームに抜きんでたというのも、日本らしいなと思いました。

 

 

卓球やバドミントンなど、これまであまり勝てなかった種目でも活躍があり、4年後の東京オリンピックが楽しみと同時に、ハードルもまた上がったなというところですが、以前の日本人選手に比べると、精神的なプレッシャーにも強くなってきているように感じますし、頑張れば更なる飛躍も十分に期待できるように思いました。

 

 

 

■ランキングに参加中です。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ にほんブログ村

■着手金の簡易見積フォーム (弁護士江木大輔の法務ページに移動します。)

 

■弁護士江木大輔の法務ページに移動します。