http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160808/k10010626871000.html?utm_int=word_contents_list-items_010&word_result=%E5%A4%A9%E7%9A%87%E9%99%9B%E4%B8%8B%20%E3%81%8A%E6%B0%97%E6%8C%81%E3%81%A1%E8%A1%A8%E6%98%8E

 

天皇陛下は8日、ビデオメッセージで国民にお気持ちを表し「次第に進む身体の衰えを考慮する時、象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないかと案じています」と語られました。そのうえで、「象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じる」と述べられました。天皇陛下のお気持ちの表明は、生前退位の意向が強くにじむものとなりました。
(8月8日付NHKニュースウェブから一部引用)。

 

たまたまテレビで見る機会があったため直接拝聴しました。

終戦の玉音放送のことはよく耳にしますが、当時は今とは比べ物にならないくらい緊張感に満ち溢れていたものだったとしても、東日本大震災の時の放送と併せて、玉音放送というものの一端に触れたような感じがしました。

 

 

私は天皇陛下の退位自体というものについては仕方ないのではないかと考えるものですが(方法としては一代限りの特別立法で対処すべきではないかなと思います)、今回は東日本大震災の際のメッセージとは異なり、立法についての動きを必要とするものであり、天皇陛下が直接国民に語り掛けて、その支持を受ける形で、内閣、国会が動くという体となったことについて(そうはならないという体裁は整えるようですが実質的な流れに鑑みるとどう考えてもそのような流れです)、本当に良かったのかという感想を持ちます。

 

 

いきなり今回のようなビデオメッセージとなったものとは考え難く、数年前からは、宮内庁を通じた意向の表示はあったものと考えるのが自然ですが(今夜のNHKスペシャルなどを見ると実際にそのような流れであったようです)、そのやり取りをきちんと仲介し、政治の側が責任を負う形で提案するという形を取れなかったものかと思います。

段取りをする時間は十分にあったものと思います。

 

 

天皇は国民を励ます一方で国民から慕われ、(精神的に)すがられるべき存在であるものと思いますが、天皇の側から理解を求めてお願いするような立場ではないものと思います。

今回天皇陛下にビデオメッセージという形で意向(お気持ち)を表明させて国民に理解を求めるようなことをさせてしまった政治の責任は大きいのではないかと感じました。

 

 

■ランキングに参加中です。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ にほんブログ村

■着手金の簡易見積フォーム (弁護士江木大輔の法務ページに移動します。)

 

■弁護士江木大輔の法務ページに移動します。