報道もされましたが,本件は,遺言者が自筆証書遺言の文面の左上から右下にかけて赤色ボールペンで1本の斜線が引かれている場合に,民法1024条前段の遺言の破棄に該当し,遺言の撤回とみなされるかどうかが問題となったという事案です(最高裁平成27年11月20日判決 ちなみにこの判決があった日の夜,所属する委員会の合宿があり,宴会後にみんなでNHKでこのニュースを見ていた思い出があります。)。



問題の所在としては,本件の行為が「遺言の変更」となるのであれば,民法968条2項で,遺言を変更する場合にはその部分を特定して署名押印しなければならないという規定があり,本件ではその方式によっていないので,変更の効力を生じないのではないか,それとも,本件の行為が「遺言の破棄」と捉えれば民法1024条前段の遺言の破棄に該当するのかという,「変更」と「破棄」の区別の問題ということができます。



民法第968条  自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。
 自筆証書中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じない。

第1024条  遺言者が故意に遺言書を破棄したときは、その破棄した部分については、遺言を撤回したものとみなす。遺言者が故意に遺贈の目的物を破棄したときも、同様とする。


本件の高裁判決では,本件の行為を遺言の「変更」と捉えて,署名押印するなどして変更しておらず,元の文章も読めるという以上は,その効力を生ぜず,遺言として有効という判断をしました。



しかし,最高裁では,民法968条2項の遺言の変更は,遺言の一部の変更を前提としている規定であり,本件のような行為は遺言全体を不要としてその効力を失わせようという意思の現れであるとみるべきだとし,遺言の破棄に該当し,すなわち,本件遺言は無効となると判断しました。



問題点として,本件のような行為で遺言が破棄されたとみると,誰が斜線を引いたのか分からないことが考えられ,きちんと署名押印という変更の要式に従わせた方が良いのではないかということも考えられます。

しかし,それは,遺言がびりびりに破かれている場合にも誰がやったか分らないという点では同じであり,結局,誰がそうした行為をしたのかという事実認定の問題に帰着するということが言えそうです。

本件では,遺言者が経営していた病院内の麻薬保管庫の中から本件遺言が見つかり,その時点で既に斜線が引かれていたことから,斜線を引いたのは遺言者本人であるということについては事実として確定したものとして扱われています。





■ランキングに参加中です。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村



■着手金の簡易見積フォーム
(弁護士江木大輔の法務ページに移動します。)


■弁護士江木大輔の法務ページに移動します。