http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/12/kiji/K20160112011845440.html



俳優の堺雅人(42)が主演を務めるNHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)が10日にスタートし、初回の平均視聴率は19・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが12日、分かった。
(1月12日付スホニチアネックスから一部引用)。



冒頭から見ましたが,面白かったと思います。

大河にありがちな子役を使っての子ども時代からの冗長な一代記というのではなく,初めから武田家の滅亡に際しての家臣たちのせめぎ合いや裏切りやというスリリングな展開から始まっており,初回から飽きることなく引き込まれたと思います。



ちなみに,真田昌幸を演じている草刈正雄が真田幸村を演じていた真田太平記を放映していた時はまだ小学生でしたが,毎回見ていました。小学生ながらに真田太平記も展開が面白く毎回楽しみにしていたのを覚えています。あれからもう30年経っているというのも時の流れを感じます。



同じ三田幸喜の脚本であった「新撰組!」は,ちょっとお茶らけた感じがして,途中から見なくなってしまったのですが,今回の真田丸は,初回を見た限りでは,俳優陣の公正や演技などが地についておりしっかりしている印象で,今後も楽しめそうに思いました。




去年の大河ドラマが今一つで初回で見るのを断念しただけに,今回は毎回楽しみに見たいと思います。






■ランキングに参加中です。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村



■着手金の簡易見積フォーム
(弁護士江木大輔の法務ページに移動します。)


■弁護士江木大輔の法務ページに移動します。