http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151201/k10010325881000.html



ことし話題になったことばに贈られる「新語・流行語大賞」が、1日発表され、年間大賞には、▽プロ野球で打率3割、ホームラン30本、そして盗塁30個の達成を指す「トリプルスリー」と、▽海外からの旅行客が日本で大量に買い物をすることを指す「爆買い」の2つのことばが選ばれました。(12月1日付NHKニュースウェブから一部引用)。



「爆買い」はすぐに分かりましたが,「トリプルスリー」は何の事だか解説を聞くまで意味が分かりませんでした。



いかに野球を見なくなってしまったかという,ある意味,反面的に自分なりの世相を反映しているものだと感じました。



このほかトップテンには、以下のことばが選ばれました。
▽安全保障関連法や安倍政権を批判する人たちがデモの際に掲げたフレーズ、「アベ政治を許さない」。
▽ことしブレークしたお笑い芸人、とにかく明るい安村さんが裸に見えるポーズを取ったあとに言う決めぜりふ、「安心して下さい、穿(は)いてますよ」。
▽安倍総理大臣が掲げる国民一人一人が活躍する社会、「一億総活躍社会」。
▽華々しく発表されたものの白紙撤回され大きな話題となった、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの「エンブレム」。
▽ラグビーワールドカップで一躍人気者となった日本代表の五郎丸歩選手がキックの前にとる独特のポーズから、「五郎丸(ポーズ)」。
▽安全保障関連法に反対する若者たちのグループ「SEALDs」。
▽便利な反面、落下などのトラブルも相次いだ、小型の無人機の「ドローン」。
▽元プロテニス選手の松岡修造さんの熱いことばで人気となった日めくりカレンダーのタイトル、「まいにち、修造!」。




「安心して下さい、穿(は)いてますよ」は全く知りませんでした。これも,テレビ,特に,お笑いやバラエティ番組を見なくなったという自分と世間とのずれを象徴しているような気がしました。松岡修造の日めくりカレンダーがあるということは知っていましたが,タイトルが「まいにち、修造!」でそこまで流行っているということまでは知りませんでした。



「ドローン」と「五郎丸」は私のような者でも理解できる,今年を象徴するキーワードとして選ばれてもよかったのかなと思いました。「エンブレム」も同様ですが,誰が賞を貰うのかがよく分らないキーワードです。




政治関係でいえば,立場の賛否は別として「SEALDs」は今年を反映,象徴するキーワードだったと思います。「アベ政治を許さない」は選考委員の趣味でしょう。「一億総活躍社会」は流行ってないと思います。



個人的には,今年は,まだ若い方が亡くなったり病気となったりすることが多かった一年であったと思います。



それにしても,紅白の話題然り,今年ももう12月となってしまい,1年があっという間であったと感じます。


■ランキングに参加中です。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村



■着手金の簡易見積フォーム
(弁護士江木大輔の法務ページに移動します。)


■弁護士江木大輔の法務ページに移動します。