http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151129/k10010323361000.html


神奈川県海老名市の市議会議員がインターネットのツイッターに「同性愛は異常だ」などと同性愛の人たちを差別する書き込みをしていた問題で、議員は、批判が相次いだことなどを受けて「不適切な表現だった」と謝罪し、書き込みを削除しました(11月29日付NHKニュースウェブから一部引用)。



今回問題となったSNS媒体はツイッターですが,私もツイッターに登録はしているものの面白いと感じたりした記事のリツイート専門で,あまり自分の考えなどはつぶやかないことにしています。




さんざん言われていることではありますが,ツイッターはその時々で感じたことを瞬間的につぶやくという即時性があるので,あまり深く考えずに,何となく自分の思ったことをそのまま言葉にしてしまうという危険性がありますし,ウケ狙いで馬鹿な画像をツイートしてしまって問題になるということは多々起こっていますので,本当に気を付けないといけないだろうなと思っています。



同性愛についてどのように感じるか,自分にとって受け入れ難い嗜好があること自体はやむを得ないことですが,深い考えもなく,こういったことをそのまま生のことばで安易に発信してしまうということには注意しなくてはならないと思いました。




■ランキングに参加中です。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村



■着手金の簡易見積フォーム
(弁護士江木大輔の法務ページに移動します。)


■弁護士江木大輔の法務ページに移動します。