http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151015/k10010270361000.html



ロシア政府のユネスコ=国連教育科学文化機関委員会の書記は、日本のいわゆるシベリア抑留などに関する資料の「記憶遺産」への登録について、「ユネスコに政治問題を持ち込んだ」などと述べ、登録を申請した日本を批判しました。

中国が申請した「南京事件」を巡る資料の「記憶遺産」への登録については、「中国国民の悲劇は理解できるが、同じようなことは多くの国にあり、2国間で解決すべきだ」としています。(本日付NHKニュースウェブから一部引用)。


南京事件資料の記憶遺産への登録については釈然としない思いもありますし,軍艦島の世界遺産登録をめぐっての韓国からの横やりについては憤った一人ではありますが,,翻って,我が国の申請によるシベリア抑留資料の登録はどうなのかと問われれば,こちらについても,シベリア抑留自体は悲惨な出来事として記憶されるべき事柄であることには変わりないと思いますが,教育科学文化という分野を取り扱うユネスコという機関が取り扱うべきことなのだろうかというと,何となく違和感があります。




根本的にはユネスコという本来政治とは切り離された文化的な分野を扱う機関が,南京事件やシベリア抑留のような現在でも政治的に尾を引いていたり,両国民の感情に火をつけかねないようなものについて取り扱うということに問題の火種がありそうです。




そういう点でいうと,ロシアが,南京事件の記憶遺産登録についても二国間で解決すべきだとしている点については,いちばんもっともなことを指摘しているのではないかと思いました。



■ランキングに参加中です。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村



■着手金の簡易見積フォーム
(弁護士江木大輔の法務ページに移動します。)


■弁護士江木大輔の法務ページに移動します。