夏の甲子園

テーマ:

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150819/k10010195091000.html



夏の全国高校野球、準決勝の第1試合は、宮城の仙台育英高校が、1年生の清宮幸太郎選手の活躍などで勝ち上がってきた西東京の早稲田実業に7対0で勝ち、26年ぶりの決勝進出を果たしました。(本日付NHKニュースウェブから一部引用)。


思わぬ大差となったゲームとなり,やや興を殺がれましたが,早実の先発投手は素人目にも制球が甘く入っていたのと,守備でのファインプレーや牽制球でのアウトなどゲームの流れが終始仙台育英ペースだったようです。



早実とはまったく縁も所縁もありませんが,早稲田を出ている身としては,東京大会での大逆転の再現を期待して,早実を応援していたので,やや残念。




http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150819/k10010195221000.html



夏の全国高校野球、準決勝の第2試合は、神奈川の東海大相模高校が東東京の関東第一高校に10対3で勝って、準優勝した平成22年以来、5年ぶりの決勝進出を果たしました。(本日付NHKニュースウェブから一部引用)。



東京代表同士の対戦ということを期待してしまいましたが,こちらも,大差での決着となりました。




それにしても,今年の甲子園は,取り上げられる個性的な選手が多く,盛り上がったように思います。



残すは決勝のみですが,夏の甲子園決勝というのは,これが終わると夏も終わりという感じがして,何とも言えない気持ちになります。







■ランキングに参加中です。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村



■着手金の簡易見積フォーム
(弁護士江木大輔の法務ページに移動します。)


■弁護士江木大輔の法務ページに移動します。