小型機墜落で特捜本部設置

テーマ:

http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20150726/3648124.html




26日午前、東京・調布市の住宅街に小型機が墜落して住宅3棟が焼け小型機に乗っていた2人と住宅にいて巻き込まれた女性1人のあわせて3人が死亡しました。
また、小型機に乗っていた3人と住宅にいた女性2人のあわせて5人がけがをし、警視庁は、業務上過失致死傷の疑いで特別捜査本部を設置し、本格的な捜査を始めました。
(本日付配信のNHKニュースウェブから一部引用)。


NHKで高校野球の西東京大会を見ていたところ、ニュース速報があり、事故のことを知りました。



住宅地に飛行機が突っ込むというのは,飛行機に乗っていると何となく空想してしまったりもするのですが,これまでは現実的に日本ではあまりない事故だったと思いますが,現実にこのような事故となり,特に,住宅にいた住人にも被害が出ているということで,大変深刻だと思います。



沖縄の普天間基地が住宅地の真ん中にあって危険だということはよく聞きますが,今回の調布飛行場(私は利用したことはないのですが)など,住宅地の真ん中にある飛行場というのはそれなりにあるようにも思います。



弁護士的には,飛行機の所有者,整備担当の会社,操縦者それぞれの責任の有無や程度,また,被害に対する保険の有無や適用といったところが気になるところです。



現在のところの情報では,あまりはっきりとはしませんが,整備や操縦などに問題がなかったか,原因の究明をしっかりとしてほしいと思います。




■ランキングに参加中です。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村



■着手金の簡易見積フォーム
(弁護士江木大輔の法務ページに移動します。)


■弁護士江木大輔の法務ページに移動します。