http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150718/k10010157611000.html



台風による大雨の影響でJR東海道線は新快速電車が17日夜からおよそ4時間にわたって京都府大山崎町で停車して立往生しました。消防によりますとこの影響で乗客19人が気分が悪くなり病院に運ばれたということです。

JR西日本によりますと、12両編成の電車にはおよそ1600人の乗客が乗っていて、地元の消防によりますと男女19人が気分が悪くなり病院に運ばれたということです。
電車に乗り合わせたNHKのスタッフカメラマンが撮影した映像では、満席の車内で小さな子どもを抱いて座る女性や疲れた様子で立っている男性の姿が映っています。
電車は18日午前2時40分ごろ運転を再開し山崎駅に移動して乗客を降ろしました。
駅の付近は迎えに来た家族などで混雑し乗客たちは疲れ切った表情で次々と改札口から出てきました。
乗客の男性は「車内は満員で身動きがとれなかった。トイレに移動するのも大変な状況でした」と話していました。

(本日付配信のNHKニュースウェブから一部引用)。


 


私は,これまで,幸いにして,たかだか30分程度ストップしたという程度のことはあるものの,長時間電車内に閉じ込められて身動きが取れないという経験をしたことはありません。




私が経験した少しの間の運行ストップであってもずいぶんと長く感じられるものですが,ましてや,いつ動くとも知れない車内の中で何時間も待たされたままでいるというのは,本当に辛いことだと思います。




映像も見ましたが,ほぼ満員の車内で立ったままの乗客もおり,少し想像力を働かせれば,この状態で4時間も放置しておくというのがどれだけ酷いことかなどは分る筈です。体調を悪くする方がいるのも当然のことだと思います。




大雨の影響での立ち往生ということは分りますが,1時間程度しても,再開の見込みが立たないというのであれば,最寄りの駅に引き返す,乗客は降ろすなどの対応をとるということにした方が良いのではないかと思います。







■ランキングに参加中です。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村



■着手金の簡易見積フォーム
(弁護士江木大輔の法務ページに移動します。)


■弁護士江木大輔の法務ページに移動します。