弾劾証拠

テーマ:

弾劾証拠というのは広い意味では,相手方の証拠の証明力(信用性)を弱めるための証拠ということができますが,特に,刑事訴訟手続においては,刑訴法328条に規定される「被告人、証人その他の者の供述の証明力を争う」ための証拠を言います。



【刑訴法328条】

第321条乃至第324条の規定により証拠とすることができない書面又は供述であつても、公判準備又は公判期日における被告人、証人その他の者の供述の証明力を争うためには、これを証拠とすることができる。



さらに,「証明力を争う」というのは,過去の自己矛盾供述のことをいうものとされており(判例),信用性を増強するための証拠(過去にも同じことを供述していたということ)は含まれないものと考えられています。



具体的には,否認事件では,弁護側は,被告人が否認している事実について不利な証言しているAという証人がいた場合Aの捜査段階での警察官調書,検察官調書(例えば,Aが捜査段階で,「犯行現場付近で青色の服を着ていた被告人を見た。」と供述して,それが調書になっているとします),については不同意として,裁判に出させないようにします。



そうすると,Aが言っていることについては,裁判所の法廷の場で直接問いただそうということになり,証人尋問が行われます。




法廷の場で,Aが「犯行現場付近で被告人を見かけたが黄色の服を着ていた。」と証言した場合,捜査段階て述べていた「青色の服の被告人を見た」という供述と矛盾するということになります。




この場合,弁護人としては,まずは,反対尋問の中で捜査段階の供述と矛盾したことを述べているのではないかということをAに認めさせようとします。

具体的には「●月●日付の警察官調書ではどのように述べていたか覚えていますか?」「その調書では『被告人は青色の服を着ていた』と述べていませんでしたか?」といった感じで追及します。

Aが自己矛盾供述を自ら認めた場合には後はその理由といったことを追及していくことになりますが,「良く覚えていない」とか「最初から『黄色』だったと言っていたと思う」というように逃げた場合には,自己矛盾供述を突き付ける必要が出てきます。

尋問の際に,調書を黙読させて認めさせるという手法もあり得ますが,検察官が強硬に反対してくることもあります。証人に対して供述調書を示すことは刑訴規則で禁じられていますが,これは記憶に対する不当な干渉になるからであって,この場合,自己矛盾供述をしている調書という物を示すためであるので(凶器のナイフなどの物を示すのと同じ),許されてよいはずです。




そうすると,自己矛盾供述を証拠として提示するために,刑訴328条に基づいて,不同意にしたはずのAの捜査段階の警察官・検察官調書の取調べ請求をするということになります。




Aがどのような供述をするかは公判での証言を聞かなければわからないので,

328条に基づく取調べ請求をするのは,Aの証言が終わった後ということになります。




328条に基づく取調べ請求のためには,「自己矛盾供述」であることを裁判所に示さなければなりませんので,証拠取調請求書には,公判供述と調書のどの部分が矛盾しているのかを具体的に記載することになります。

公判廷に出したくないということで不同意にしたはずの調書を引用することには若干抵抗感がありますが,矛盾していることを主張しないと採用してもらえないので仕方ありません。




弾劾証拠として証拠採用されると,その調書が取り調べられるということになりますが,調書の原本は検察官が持っていますので,検察官から裁判所に調書原本が提出されるということになります。あくまで証拠になるのは調書の中で公判供述と供述が矛盾している部分だけです。




公判前整理手続に付された事件の場合,公判前整理手続終了後には証拠を出すことができないというとても怖いルールになっています。

一応,解釈上は,弾劾証拠は例外的に証拠提出できるということにはなっているのですが,色々な要素を加味した上での裁判所の判断次第ということもあり,なかなか恐ろしいところです。





■ランキングに参加中です。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村



■着手金の簡易見積フォーム
(弁護士江木大輔の法務ページに移動します。)


■弁護士江木大輔の法務ページに移動します。