年収1000万円男性は婚活市場に1割弱
 総合婚活サービスのIBJは、お見合いパーティーに参加した男女を対象に調査した「お見合いパーティー参..........≪続きを読む≫

ちなみに、結婚情報サービスのノッツェが調査した、女性が結婚相手に希望する年収は平均で682.6万円だった。両方の調査の数字を見くらべても、年収1000万円男性の獲得は、女性にとっては激戦であることがうかがえる。



お金があるのとないのとでは、あるに越したことはむありません。

したがって、結婚相手にある程度の年収や資力を求めるというのも当然の心理です。

もっともその点だけで一生の伴侶を選ぶ人もいないとは思いますが。



が、資力のある相手と結婚して、ある程度の余裕のある生活ができると思っていたら、相手がものすごくケチだったというので、「こんなはずじゃなかった。」ということでストレスをためてしまい離婚に至るというのもよくある話です。釣った魚に餌はやらないというのもよく聞く話で、、いやいや、私のことではありませんが(^τ^)



また、本当のお金持ちというのは驚くほど腰が低く、質素で贅沢などせず、良いものを長く使い続けていたり、1円単位で細かかったりします。これをケチというのか倹約というのかは評価次第というところでしょう。

引き換え、一代にして財をなした○金というのは、強烈なキャラクターを持っていてとてもついて行けなかったりもします。



それと、記事にある年収1000万円というのが額面なのか手取り(可処分所得)なのかというのも大事なところで、後者であればよいのですが、前者であればあれやこれやと引かれて、実はたいしたことなかったりもします。

また、会社員なのか自営なのかというのも、年収を評価する上では大切です。

会社員の場合、額面ではそれほどではなくとも、家賃の補助やもろもろの福利厚生を考えると、結構余裕のある家計であったりもするのに対して、自営の場合は、年金から何からすべて自前でやらなければならず、見栄えとは裏腹に実は大変だったりします。



私は弁護士(自営)ですが、自営業者の配偶者ということであれば、稼ぎは山あり谷ありですので、いちいち一喜一憂せず、堅実に将来を見積もることができるという性質、最初から果実を手に入れるのではなく、果実を育てていくことが好きなことというのが必要なのではないかなということは言えるかと思います。



■ランキングに参加中です。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村



■着手金の簡易見積フォーム
(弁護士江木大輔の法務ページに移動します。)


■弁護士江木大輔の法務ページに移動します。