行ってきました,熊本へ。

テーマ:

先週の木曜日の夜に熊本入りし,翌日,ホテル日航熊本で行われたシンポジウムに参加してきました。



シンポは午後からでしたので,午前中は熊本城を見学してきました。



石垣,素晴らしい反り具合です。
弁護士江木大輔のブログ

弁護士江木大輔のブログ


弁護士江木大輔のブログ


天守閣その他の櫓群は威容を誇っていました。


弁護士江木大輔のブログ

弁護士江木大輔のブログ

弁護士江木大輔のブログ



弁護士江木大輔のブログ



熊本城から,直接,ホテル日航熊本の会場へ。


弁護士江木大輔のブログ



会場の席は満席で,100人を超すと思われる参加者がおり,盛況でした。


開会に先立ち,蒲島熊本県知事のあいさつもあり,くまもんも参加しておりました。


弁護士江木大輔のブログ



終末期の意思決定というものについて,基調報告等があり,その後,医師,弁護士,介護関係者などのそれぞれの立場からのシンポという構成でした。

印象的だったのは,「家族などに迷惑をかけないために死にたい」という本人の意思について,本当に,それが本人の意思なのか,周囲からのプレッシャーを感じてそう言わざるを得ない状況となっているのではないかという視点でした。

「どんな死に方をしたいか」と問われて「チューブだらけになってもよいのでとにかく生きたい」と答える人は皆無と言ってもよいと思いますが,問い掛け自体に無言の圧力が含まれているのではないかとなどと考えた次第です。



これだけの規模のシンポを実施するためには,関係機関に対する根回しを含めたそれこそ1年がかりの準備が必要だったと思われ,準備に携わった方々は大変お疲れ様でした。

実際に,来年11月の開催地である山梨からも弁護士が来ており,「来年頑張ります」という挨拶をしていました。




で,シンポの後は,懇親会があったのですが,周囲にあまり知り合いもおらずどうしたものかと思っていたところ,とある女性弁護士に声をかけられ,誰かと思ったら,研修所を卒業して以来の同クラスの方でした。

また,青森の知り合いの弁護士ともばったり遭遇し,結局この3人で意気投合して話をして,3人で熊本の夜に繰り出した二次会で馬刺しやら酒やらを呑みまくって,ホテルに戻りました。





翌日は,熊本駅から初の九州新幹線に乗って博多に出ました。


弁護士江木大輔のブログ




弁護士江木大輔のブログ


博多駅では博多ラーメンで昼食。




弁護士江木大輔のブログ


その後,同期の弁護士2人と博多駅前で待ち合わせて,レンタカーで佐賀の嬉野温泉に行き一泊してきました。



弁護士江木大輔のブログ



宿では,駐車場までの送迎にリムジンを使っているようで,初のリムジン乗車しました。




弁護士江木大輔のブログ



楽しい九州旅行でしたが,戻ってきた今週は,たんまりと溜まっている仕事を片づけるのに四苦八苦です。





■ランキングに参加中です。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村



■着手金の簡易見積フォーム
(弁護士江木大輔の法務ページに移動します。)


■弁護士江木大輔の法務ページに移動します。