添削作業

テーマ:

いま,お世話になっている団体(ロースクールや司法試験関連ではありません)が実施している研修の答案の添削作業を少しづつしています。



設問も私が作成したのですが,私が担当しているのは法律分野ですので,設問も法律の知識を問うものになっています。




著述式の論文問題も出題しましたが,司法試験では今も昔も論文試験が天王山となっています。

私は,論文に辿り着くまでの択一式試験でも苦労しました。中には「平成(昭和)の択一王」のように択一式には無敗だが論文式は全敗という受験予備校の主のような人もいて,択一式を毎年受かるようになってようやく一人前という世界でした。




他人の論文を添削する身になってよく分るのは,やはり「冒頭から出題の意図に素直に応えている答案」というのは印象もよいし,評価も高いだろうなということです。




もう少しいうと,総論(抽象論)の長い答案というのは読み手にとって苦痛ですし,「早く本題に入ってよ」ということですごくストレスがたまります。





例えば「公権力が行った・・・という規制について憲法上の問題があるか?」という問いに対して,冒頭から,「憲法とは・・・」とか「そもそも人権とは・・・」という所から入っているような答案は,最初から「ダメだこりゃ」という感じになります。

端的に「・・・という規制は,憲法●●条の「●●」という文言に抵触しないか問題となる」とズバリとは入ってくれる答案というのは,ストレスフリーで高印象です。まさに,そこが出題者として聞きたいところだからです。




私も司法試験の受験時代には試行錯誤して陥ったことがありますが,まず抽象論から入って具体的な問題を導いていくという思考方法は,法律学の一つの思考方法ではありますが,実務能力を試すための試験ではあまりお勧めできないものです。




また,法律の問題である以上,条文の指摘,引用がされていない答案というのも低い評価となります。

条文から離れた論議をいくらしたところで,実務家にとっては意味がないからです。このことは,私が司法試験を受けていたころは口酸っぱく言われていたけれども,「ちょっとくらい条文の指摘がなくてもいいだろう」と思ってしまいがちなのですが,条文の指摘があるのとないのでは,最初のぱっと見の印象がまるで違います。条文がたくさん引用,指摘してある答案は,それだけでなんだか信頼性が高まる印象がするのです。もっとも,意味のない条文をいくら指摘してあっても,それはそれで問題ですが。





今のロースクール教育では,文章を書くという能力(起案能力)はあまり重視されず,その場で口頭で議論でき,即応できる能力を高めようというということを聞いたことがありますが,どんなものなのでしょう。




読み手に理解してもらいやすいように考えながら文章を書くということは,受験勉強の時から意識しておかなければならない大切な能力だと思いますし,実務家になった後も,相手方代理人などから来る文章を見ると「手ごわい相手かそうでないか」「品があるかどうか」というのが分ってしまうこともあり,また,文章からにじみ出る行間の間を読み取る必要があることもあり,この世界にいるのであればどんな文章を書くべきかということは重々注意しておくべきことだと思っています。



なんだか答案添削の話から少しずれてしまいましたが,添削する身になって気付いたこととして書き留めておきます。





■ランキングに参加中です。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村



■着手金の簡易見積フォーム
(弁護士江木大輔の法務ページに移動します。)


■弁護士江木大輔の法務ページに移動します。