朝の執行官室前

テーマ:

お役所というのはたいてい午前8時30分から開庁だと思います。




裁判所もそうだと思うのです。

「そうだと思う」というのは,実はよく知らなくて,というのも,そんなに朝早く裁判所に行くことはないからです。

司法修習生の時は,9時くらいには登庁していたような記憶もありますが,9時30分だったような気もしますし,あまり定かではありません。




弁護士的にいうと,裁判所のスタートは午前10時からという思いが強いのですが,それは,たいてい開廷時間が10時からだからです。判決の言い渡しだけしたいというようなときに,無理やり9時50分とかの開廷をすることもあります。



東京地裁の場合,まだロビーなどは人が閑散としている朝の9時前に,人だかりができて賑わっている場所があるのですが,それは,地裁3階にある執行官室前です。



建物の明渡を求めたりする強制執行の場合,強制執行の申立後,執行官との面談をすることになっていますが,面談時間が決まっていて,朝の8時50分から9時20分くらいまでの間に面会票を差し出して,9時30分くらいまでに間に執行官と面接して,事案の説明や強制執行の日時の調整などをするということになっています。



執行官は,明渡しの執行などのために日中は裁判所を出て現場を廻っているので,この時間しか面接時間を確保できないということのようです。



人だかりというのは,強制執行を申し立てる弁護士のほか,明渡を行うための作業を請け負う業者さん,鍵屋さんといった人が,仕事を請け負うために列をなしているのです。勿論,既に,弁護士の紐付きで,日時の打ち合わせの調整のために来ている業者さんも大勢います。弁護士自ら行かなくても,業者さんに執行官と面談してもらって日時の調整をお願いしておくこともできます。



私は初めて執行官の面接で朝の執行官室の前に行ったときには,勝手が分らず,作業着姿や屈強な体つき(業者さんなので当たり前なのですが),又はわけ知り顔の業者さんがたくさんいる前でうろたえてしまいましたが,その時に執行官に紹介してもらった親切な業者さんとは今でも付き合いがあって,たまにお仕事をお願いしています。その業者さんが連れてきた鍵屋さんにも仕事をお願いすることもあります。裁判所に出入りして仕事をしている人たちなので,手続の流れもよく知っているし,また,信用がおけるわけです。





朝の執行官室の前に行くと,まず間違いなくその業者さんがいて,「先生,おはようございます!」と大きな声であいさつしてくれて,それにつられて周りの業者さんも一目置いてくれるような気がするのですが,何となく自分もその道のプロっぽくなった気がしたりします(*゚ー゚*)




というようなわけで,朝の執行官室前は何となく違った雰囲気です。








■ランキングに参加中です。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村



■着手金の簡易見積フォーム
(弁護士江木大輔の法務ページに移動します。)


■弁護士江木大輔の法務ページに移動します。