保証人問題

テーマ:

現在進められている民法改正では個人保証の原則禁止などが議論されているようです。



成年後見の分野でも保証人問題というのがあって,これは,施設に入所したり病院に入院したりする際に,後見人に保証人となることが求められるというものです。



一口に保証といっても,支払義務を連帯して保証する連帯保証と支払義務を負うわけではないが施設にいられなくなったり死亡した際に引き取りを求められる身元引き受けと呼ばれるものがあり,求められている内容を確認する必要があります。



ただ,第三者の後見人の場合,保証人になってくれと言われても,お断りするのが一般的です。



一応の理由としては,特に連帯保証人となって支払義務を負うという場合には,後見人自身に経済的な負担がかぶってくるリスクがあるので,本人のためにより良い施設ではなく,安価な施設を見つけてくることになりかねないから,本人と後見人との間で利益相反になるからだということになっていますが,本音のところでは,第三者の後見人としては,本人のためにそこまでの経済的なリスクは負えないというところです。




親族の方の中には,「当然,後見人が連帯保証人になってくれるのだろう」と期待している人もおり,また,それまで「本人のために」「本人の利益に沿って」といっておきながら,いざ連帯保証人に・・・という段になって「それはできません」というのは心苦しいところは感じるのですが,経験を積むにつれて,その辺りはきっぱりと断ることができるようになりました。




とはいえ,身寄りが全くいない方で連帯保証人になってくれそうな人がいない場合には,せっかく良い施設を見つけてきても入居できないということがあり,困ってしまうこともあります。




施設によっては,後見人がきちんと金銭管理をしているのであれば連帯保証人は不要という対応をしてくれるところもありますので,そういったところを探すことになります。

そして,そのような施設に迷惑をかけないように,収支をきちんと管理して赤字にならないようにしてゆくということになります。





身元引受人については,天涯孤独の方のような場合には,身元引受人がいないので入院できないというのでは困ることから,入院などに際してならざるを得ない場合もあり,実際問題としてなったこともあります。



そし現在議論されている民法改正では個人保証禁止ということも言われているようですが,実現した場合,施設入居の際の連帯保証というのもなくなってくれるのでしょうか。もっとも,報道で知る限り,議論されているのは銀行や貸金業者が中小企業などに融資する際に求める際のものということですので,やはり,この悩みは続くのかもしれません。





■ランキングに参加中です。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村



■着手金の簡易見積フォーム
(弁護士江木大輔の法務ページに移動します。)


■弁護士江木大輔の法務ページに移動します。