そろそろ確定申告の時期も近づいてきました(^_^;)




自分自身の申告準備もしなければなりませんが,後見人を務めている本人に申告義務が発生している場合は,その方のための申告の準備もする必要があります。




年金の収入のみでそれまで申告する必要がなかった人でも,不動産を処分したりした場合には,その年度については申告する必要がある場合もあるので,うっかりしていると税務署から「お尋ね」が来てしまいます。



今年もそういう方がいましたので,税理士さんに書類一式を送ったところ,公的年金の源泉徴収票も送って下さいと言われたので,探したのですが,老齢基礎年金の源泉徴収のハガキしか来ておらず,遺族年金の源泉徴収票が来ていない・・・ヽ(;´Д`)ノ




しまった,紛失したかと思い焦りましたが,日本年金機構のホームページで調べたところ,遺族年金については非課税なので,そもそも源泉されておらず,したがって源泉徴収票の発行もしていないということでしたσ(^_^;)





基礎年金には源泉があるが,遺族年金にはない・・・ややこしいな-( ̄Д ̄;;






■ランキングに参加中です。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村



■着手金の簡易見積フォーム
(弁護士江木大輔の法務ページに移動します。)


■弁護士江木大輔の法務ページに移動します。