昨晩第一回目の放送があった今年のNHKの大河ドラマ「八重の桜」を観ましたが,期待していたよりも,リアルに作ってあり,なかなか良かったと思いました。



会津の風景が,藤沢周平の作品を思わせるようで,また,城下の造りなどもいかにも「セット」というような感じではなくよかったと思いました。




八重の子役がかわいらしくてまたよかったと思います(ブレイクしそうな予感がします




幕末の会津自体は悲惨な結末を迎えてしまい,現在の福島とも否が応でも重なってしまいますが,このドラマで観光客も増えるでしょうし,何とか頑張ってほしいと思います。



ちなみに,主演の綾瀬はるかの広島時代の高校(祇園北高校)は,私の母校でもあるので,二重に頑張ってほしいものです。




ただ,昨年の平清盛も最初はよかったのが,だんだんおかしな感じになっていってしまったので,今年はそうならないように願いたいです。



ちなみに,年始にテレビ東京でやっていた「白虎隊」はイマイチでした。松平容保が前面に出過ぎていて違和感がありました。日テレ版を超える「白虎隊」はなかなか出ませんね。





■ランキングに参加中です。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


■着手金の簡易見積フォーム
(弁護士江木大輔の法務ページに移動します。)


■弁護士江木大輔の法務ページに移動します。