結局,一年を通じて視聴率が奮わなかったようです。


私は,春先辺りのくだらない「海賊退治」の辺りから見るのをしばらく止めていましたが,保元の乱あたりからまた視聴を復活し,そのあとはわりと面白い思い,最後まで観ました。冒頭は進みが遅くて少しイラっとしましたね。最後は金八先生の卒業式のようになってしまっていましたが。


最初の頃は,NHKにありがちな,まっすぐ一本気な主人公(平清盛)が成長してゆくみたいな筋立てになっていて,「ああまたか」みたいな感じになりましたが,最終的にはピカレスク的な仕立てになっていて,良かったと思いました。
しかし,それならそれで,初めから,権力欲の塊のような癖のある財前教授(白い巨塔)のような人物像にしてくれれば,平家滅亡ともうまくマッチしてすんなりと受け入れられたのになと残念に思いながら見ていました。


このドラマではいつの間にか平清盛が表向きは権力の権化のようになっていて,かといって,その核にあるのは「武士の世を作る」という清らかな理想であるということになっていて,なんだかわけの分らないキャラクターになってしまっていました。


映像については,特に違和感なく,今後もこのようなリアリティある映像で継続していってほしいものです。


視聴率に関しては,家族みんなで日曜夜8時に大河ドラマを見るという時代ではないのですから仕方がないでしょう。


「海賊退治」のようなくだらない回を設けて,色々な視聴層を取り込もうとしたのでしょうが,かえって,コアな視聴者が離れていってしまったように思います。



来年は,主役からして,ひたむきにまっすぐ生きるというNHK的なキャラクターなのでしょう。
しばらく見てから視聴を継続するかどうか決めたいと思います。





■ランキングに参加中です。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


■着手金の簡易見積フォーム
(弁護士江木大輔の法務ページに移動します。)


■弁護士江木大輔の法務ページに移動します。