面会交流のやり方

テーマ:

面会交流とは離婚後又は別居中に子どもを養育・監護していない方の親が子どもと面会等を行うことです。

少し前まで面接交渉などといっていました。



離婚して一方の親とは離れてしまっても子どもとしては,多くの場合,大好きな親だったはずであり,親と会いたいはずです(子どもを虐待していたとかいうケースを除く)。

したがって,面接交流は親の権利ではなく,子どもの権利です。




離婚に際しては,面接交流に関して取り決めることも多いものですが,その後,うまくゆく場合とゆかない場合があり,子どもを引き取った方の親の対応が大きく影響します。




離婚した相手と子どもを会わせたくないと考える人ばかりではなく,「離婚したとしても親なのだから,ちゃんと子どもに会ってほしい」と望む人もいます。
こういうケースですとうまくゆくことが多いですが,こういう場合,子どもと離れて暮らす方の親が子どもと積極的に会わないことも多かったりします(そういうことだから別れたのだと言えないこともありません)。




一方で,「子どもが会いたくないと言っている」とか「あんなの(離れて暮らす方の親)は親ではないから会わせない」といって感情的に対立しているケースだと,面会交流がスムースに進まないことになります。



こういう場合に子どもと会いたいという親としては,一つの方法として家裁に面会交流のための調停を申し立てて裁判所に子どもを連れてきてもらって裁判所で会うということもあります。しかし,いつまでも裁判所で会うわけにもゆかないので,その後は当事者同士で会う日時や方法を取り決めて面会交流するしかなくなります。



どちらかに代理人が付いている場合には,弁護士事務所で会ってもらうという方法もあります。

私もやったことがありますが,いつまでも弁護士事務所で会ってもらうというわけにもゆかないので,これも長続きはしません。




面会交流がうまくゆかないケースというのは,当事者同士の関係が悪く,相互不信に陥っているケースが多いので,誰か第三者が入らないと会う日時や場所すら決められないということになります。



エフピックという団体や東京都で面会交流の事業を仲介しており,こういう機関を利用することも考えられます(但し料金が発生する場合があります)。



従って,これといった妙案があるわけではないのですが,家族の問題とはいえ,うまくゆくかどうかは別として,色々な人が関わることにより,風通しを良くしながらやってゆくことが大切なのではないかなと思っています。
家庭(親子,男女)の問題というのは相談できずに鬱々としているうちに,子どもの精神に対してもよくない影響を与えてしまったり,思い詰めた挙句によくない結果を引き起こしてしまったりすると思います。






■ランキングに参加中です。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


■着手金の簡易見積フォーム
(弁護士江木大輔の法務ページに移動します。)


■弁護士江木大輔の法務ページに移動します。