自動車保険ジャーナル1859号で紹介された東京地裁平成23年7月11日判決です。



【事案の概要】

1 平成19年10月26日午後4時25分頃,神奈川県内の駐車場で,原告Aの妻B子が運転する普通乗用自動車と,被告が運転する普通乗用自動車が,接触した事故です。



2 原告車に同乗していた中学生の娘である原告C子が,右肩打撲,右手関節捻挫,右足関節捻挫,右足挫傷の傷害を負いました。原告C子は,実通院日数21日の通院をしました。



3 事故現場は,北側が道路に面した南北約26メートル,東西16メートルの駐車場で,中央の通路を挟んで南北方向の駐車区画が通路の東側と西側に9台分づつ設置されていました。

 事故が起きた際,原告車は通路東側にある駐車区画の北から4番目,車両後部を通路側に向けて駐車していました(頭から突っ込んだ状態)。

 原告が駐車した両隣,向かいの駐車区画にも自動車が駐車していました。

 被告車は,通路の南端付近に車体後部を北方に向けて駐車していました。



4 事故が発生した午後4時45分頃,駐車場付近には激しい雨が降っていました。 



5 駐車場付近の病院の受診を終えて,B子が自動車に乗り込み,助手席には長男,運転者側の後部座席に原告C子が乗っていました。

 B子は駐車場から出るため,原告車を発進させて,ライトを点灯させて真後ろに向けて後退させました。その際,B子が被告車の方を確認したところ,被告車はライトは点灯しておらず止まったままの状態でした。




6 被告は,病院の通院を終えた後,被告車に乗り込み,ライトを点灯させて発進させ,真後ろに向けて後退し,約4.5メートル後退した時点でバックモニターを見た後後退を続け,さらに約5.7メートル後退した地点で後方の原告車に気が付き,ブレーキをかけたが,被告車の後部が原告車の右後部に接触してしまいました。




7 B子は,衝突時,左に切り返しをしようとしていたが,豪雨のため視界が悪く,また,駐車時の原告車とその両隣の車両との感覚が狭かったことなどから,左右やその後方,左前方を黙視することなどに時間がかかり,原告車の後退によりその車体が通路をふさぐ状態となった後,約10秒間原告車を停止させていました。



【争点】

1 過失割合の程度



2 損害

 



【裁判所の判断】

過失割合の程度について



被告は,本件事故当時,後退しようとしていた通路の左右の駐車区画に車両が止まっており,かつ,激しい雨が降っていたのであるから,黙視するなどして後方の安全を確認しながら後退すべき注意義務があるのにこれを怠り,バックモニターを見るなどしただけで後方の安全確認を十分せずに,被告車後方で停止していた原告車に衝突直前まで気づかず後退し,本件事故を起こした過失がある,とされました。



B子は,被告車が後退を開始する前に,原告車の後退を始め,切り返しのため約10秒,通路をふさぐ状態で原告車を停止させていたところ,後退を開始した被告車に衝突されたものであるから,本件事故の原因はもっぱら被告にあり,B子に過失相殺するほどの過失はないとされました。



なお,被告は,発進の際に,車窓から顔を出して後方を確認した,ルームミラー,バックモニター,ドアミラーでも後方の安全を確認してから発進し,後方確認をしながら後退を繰り返した,原告車に気付いたのは消灯直前に黙視した時である,被告車が駐車していたのは駐車区画であった旨をと供述しましたが,そのような後方確認を行っていれば原告車を安易に確認できた筈である,事故日における指示説明とも矛盾しているなどして信用できないものとされています。





【損害】(      )は原告請求金額


原告C子の損害


1 治療費  2万1860円(2万1860円)



2 通院・通学交通費  1272円(3708円)

通院交通費については認められましたが,通学交通費(自宅から中学校までの自動車による送迎によるガソリン代)については,傷害の程度,原告C子が14歳であったこと,付添の指示について医師の指示かなかったこと,自宅から学校まで約1.4キロメートルであったことなどから認められませんでした。



3 通院・通学付添費  0円(23万4300円)



4 慰謝料  70万円(80万円)



5 上記合計72万3132円から既払い金23万1860円を控除した49万1272円が認容されました。



原告Aの損害


1 修理代  7万4928円(7万4928円)



2 代車使用料  5万2500円(5万2500円)

原告車の修理中であった10日間にレンタカーを利用した代金。3日もあれば修理できるはずであるという被告の主張は排斥。



3 上記合計12万7428円が認容されました。






■ランキングに参加中です。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


■着手金の簡易見積フォーム
(弁護士江木大輔の法務ページに移動します。)


■弁護士江木大輔の法務ページに移動します。