死後の事務

テーマ:

成年後見をやっていると死後の事務という一つの問題があります。




成年後見人は本人が生きている間のみ権限,責任がありますが,本人がお亡くなりになった瞬間に成年後見人としての権限や責任は消滅してしまいます。




具体的には,それまで管理していた本人名義の預貯金からお金を引き出したり,支払いに充てたりするということが,原則としてできなくなってしまいます。




しかし,現実には,「本人が亡くなったのであとは知りません,でわ,サヨナラ」というわけにはなかなかゆかないものです。



よく問題になるのは,最後の報酬をどうやって受け取ったらよいのかというものです。



本人が亡くなると,成年後見人(厳密には元成年後見人)は,家庭裁判所に対して最後の報酬付与の申立をします。家裁も,本人死亡後の報酬付与は通常よりも迅速に処理してくれているようです。ちなみに,この家裁の報酬付与審判には執行力がなく,強制的に取り立てるという効力はないとされています。



原則通り考えると,報酬付与の審判を受け取っても本人の預貯金からキャッシュカードを使ってお金を引き下ろすことはできないということになりそうですが,実務的にはそこまでは許されると考えられており,私も実際にそうしています。

キャッシュカードがなくて,窓口でおろしてしまうことはどうかと言われると,私はそこまではできないのではないかと思っています。金融機関の窓口の職員に対して,本人がまだ生きているように装って成年後見人としてお金を引き出すというのは,ちょっと怖いです。



本人の葬儀にかかった費用の支払いを,事実上管理している本人名義の預貯金から出してくれということを相続人から求められることもあります。




これについては,相続人全員の合意があればそのようにしています。ただ,この場合も,金融機関の窓口で「成年後見人」として振込手続きをするというのではなく,一旦私の預り金口座に移しておくなどしています。この辺りは,法的「知識」だけではどうしようもなく,ある種の「知恵」や「経験」が必要になります。後で合理的に説明できるという「自信」や「思い切り」というものも必要です。



本人に身寄りがなく,葬儀などをどうするかということも問題になったりします。



本人に身寄りがない場合には,葬儀というよりも,「直葬」という簡易な火葬が行われる場合が多く,私も何回か納骨箱を手に抱いたことがあります。自分の親の分もまだなのに,多少の縁のあった方のまだなま暖かい感じのする納骨箱を手に抱くというのも不思議の感覚がしました。




■ランキングに参加中です。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


■弁護士江木大輔の法務ページに移動します。




コメント(2)