LA Baby - 代理出産 卵子提供エージェンシー

LA Baby卵子提供エージェンシー公式ブログ
ホームページ内情報や卵子提供に関する記事を紹介


テーマ:

LA Babyのハワイ支社は、ハワイにあるカピオラニ・メディカル・センターのパシフィックIVFセンターの中にあります。

 

クリニックの中に、小さな机を置かしていただき、病院とは家族のように、一緒に対応させていただいています。

 

 

カピオラニメディカルセンターは、オバマ大統領がご出産された歴史ある病院としても知られ、女性と子供に特化した病院です。

 

患者さまが宿泊する、ワイキキの中心地から10分程の場所にあり便利です。

 

総合病院なので、なにかあった時の対応は早く、ドナーの方には特に安心です。

 

カピオラニメディカルセンターのもともとの病院は、1890年に出来ました。

 

オバマ大統領がカピオラニメディカルセンターでご出産されたのは1961年ですので、その時よりも遥か昔です。

 

全体的に内装はハワイらしいデザインで、温かみのある総合病院ですが、最先端の医療機器と対応が可能で、ひとつのフロアは、ハワイ医大の教育・実習場所としても使われています。

 

LA Babyでは、「ハワイで出産」もお手伝いさせていただいていますので、出産もこちらの病院での対応となります(米国のパスポートや出産証明書の手配などは、ハワイのダウンタウンで対応になりますが)。

 

カピオラニメディカルセンターは、ハワイ州のサポートなどにより、さらに新しく、医療の幅をひろげています。

ハワイらしいアットホームさと、最新技術を兼ね備えた病院としても進化しています。

 

LA Babyのホームページはこちらから
メール連絡は、contact@lababy.us

LINEのIDは、lababy

電話:310-775-9320

です。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

卵子提供者がドナーをする上で、一番、なにに困難と感じているのかを調べた調査結果です。

Humrep/demi103 (カナダ)
卵子提供プログラムによる28例の調査結果による分析です。
調査は、プログラム終了後に、卵子提供者に対して行われました。
5段階のリッカート尺度によって分析した結果、メディカルスクリーニング(平均値 1.54:SD 0.52)、サイクルの準備(平均値 2.08:SD 0.82)、自己注射(平均値 2.69:SD 0.85)などよりも、クリニックへの通院頻度(平均値3.15:SD 1.34)、時間の制約(平均値3.08:SD 1.38)など、時間に関連する項目に強くストレスを感じていることがわかりました。

ストレスは卵子の質や採卵数に影響がでます。

LA Babyでは、卵子提供者への検査などを優先的におこない、出来る限り、待合室での待ち時間を短くしていただくよう、クリニックにもお願いしています。
まだ、弊社の患者さまの来院時には、同時に、他の患者さまの予約を出来る限りいれないようにしています。
また、卵子提供者に時間に対するストレスを出来る限りなくす努力をし、プログラムを進めていくようにしています。

卵子提供プログラムは、まずは、良い卵子を採取することが、レシピエントのためにも、ご協力いただいたドナーのためにも大切です。
そのためにも、あらゆる小さなデータでも、取り入れていくようにしています。
 

LA Babyのホームページはこちらから
メール連絡は、contact@lababy.us

LINEのIDは、lababy

電話:310-775-9320

です。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

LA Babyによる、ロサンゼルスでの卵子提供のための宿泊施設がはじまった歴史があります。

 

弊社独自の宿泊施設がはじまったのは2007年

それは、患者さまからの一言からはじまりました。

「ドナー様に、ストレスを与えたくないので、卵子提供のための宿泊施設をつくるのはいかがでしょうか?」

当時は、まだ、弊社のようなエージェンシーは少なく、患者さまからも、たくさんのアドバイスや指摘をいただき、患者さまと共に、成長していました。

実は、弊社のプログラムは、患者さまのアドバイスや指摘によって、たくさん変わり、成長しているのです。

それは、今もかわりません。

当然、アドバイス等は、意見に個人差がありますので、それぞれ、慎重には取り入れています。

ただ、たしかに、遠方から来られるエッグドナーのための宿泊施設を弊社の近くにつくれば、エッグドナーのストレスを軽減できます。

卵子提供での成功する、最初に、まず一番大切なのは、良い卵子を採取することです。

そのためにも、必要な施設だと感じていました。

近くにお住まいのエッグドナーでも、緊急時の処置やフォローのために、近くのホテルなども使用していたこともありましたが、ホテルよりも遥に安心です。

さらに、遠方から来られるドナーのために、ロサンゼルス市内のホテル等をご用意させていただくと、どうしても費用もかかってしまいます。

ホテル代を節約し、プログラムに影響が出ることなどは、当然、コンドミニアムを所有していますとありません。

エッグドナーの宿泊費用も節約できれば、患者さまの卵子提供プログラム費用も、断然、節約できます。

そんな患者さまの一言からはじまった宿泊施設です。

管理や手間も、当然、大変です。

ただ、ドナーのために、しっかりと対応ができ、想像以上に効果が出ています。

また、ドナーが宿泊していない時は、レシピエントにも提供できるメリットもあります。

患者さまの一言から始まった宿泊施設も、今年で10年目

患者さまからのご厚意によって、寄贈された日本のビデオや本、お鍋類なども増え、今でも、宿泊施設の設備は成長しています。

 

LA Babyのホームページはこちらから
メール連絡は、contact@lababy.us

LINEのIDは、lababy

電話:310-775-9320

です。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。