<保育園・幼稚園・こども園>カウンセリング・人材育成・園内研修セミナー『Eggコミュニケーション』

未来を担う子どもたちのために、よき保育者を育てましょう。保育士・幼稚園教諭・保育教諭の採用面接アドバイスから、人材育成のための園内研修セミナー、保育者の相談を承ります。拠点;宮城仙台・青森および、全国どこでも対応いたします。『Eggコミュニケーション』


テーマ:


出典;写真AC


労働安全衛生法の一部改正により、2015年12月から、50人以上の事業場において、従業員のストレスチェックが必須となります。
(労働者50人未満の事業場については、当分の間、努力義務)


そのためか、自治体や企業から『メンタルヘルス』に関する研修の依頼が多くなりました。

幼児教育施設においても、メンタルヘルスの問題があります。
特に、人間関係によるストレスがメンタルに与える影響大きいでしょう。

この業界で人間関係による『ハラスメント』が起きる原因を考えてみましょう。

●“仲間意識”が高く、群れることで安心を得るが、“組織意識”が低い。
派閥を作り、仲間はずれが生まれる。

●就職してすぐに“先生”と呼ばれるので、保護者や園児より、上位だと勘違いしてしまう人がいる。
職員間でも、上位に立ちたがる。

●女性が多く、園長が男性だと、“男性にはわからない”と思っていることが多いので、園長に対して反抗的な態度をとることがある
つまり、最終的に頼れる立場の人がいない。

●ビジネスマナーを学んだことのある人が少ない。

●新人・後輩の育成方法について、知識と経験が少ない


●契約・パート職員との格差がある。

●自分の担当クラス以外の仕事は責任を持ちたくないと考える人がいる
年齢や立場によって、余計なことに関わりたくないという意識が働く

(人間関係の煩わしさや、家庭を持っていると早く帰りたいという気持ち。)



もう20年も前のことですが、私が最初に就職したのは保育所でした。
人間関係に悩み、体調をくずして退職をすることになりました。
今なら、ハラスメントをする相手の心情も理解できるのですが、当時は、私もまだ若くてコミュニケーションの知識もなく、そこまで理解できませんでした。

Eggコミュニケーションのホームページやブログのメッセージ欄からご相談いただくことがあります。
人間関係で困ったとき、一人で悩まず、誰かに話すことで、気持ちが楽になることがありますね。
困難を、ネガティブに受け止めるか、ポジティブに受け止めるかでも変わってきます。

余裕がなく、先生が元気がないと、子どもたちにも影響があるかもしれません。
心身の健康を維持できるように、ストレスを解消する方法を考えましょう。



Eggコミュニケーション ホームページは こちら










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Eggコミュニケーションさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。