<保育園・幼稚園・こども園>カウンセリング・人材育成・園内研修セミナー『Eggコミュニケーション』

未来を担う子どもたちのために、よき保育者を育てましょう。保育士・幼稚園教諭・保育教諭の採用面接アドバイスから、人材育成のための園内研修セミナー、保育者の相談を承ります。拠点;宮城仙台・青森および、全国どこでも対応いたします。『Eggコミュニケーション』


テーマ:


保育者を目指す短大の1年生に、1時間半の講義を行いました。
講義テーマをご紹介いたします。


保育者としての心得

ポイント
●子どもや保護者のお手本になる
●職員、子ども、保護者との信頼関係を築く


お手本になるとは
ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)
ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)

■子どもの発達段階ごとの特徴を覚える
■正しいマナーを身につける

①身だしなみ  ②あいさつ   ③返事      ④表情
⑤言葉遣い   ⑥整理整頓  ⑦食事の仕方  ⑧しぐさ

■コンプライアンス
①個人情報の保護  ②SNSやPC利用上の注意


信頼関係を築くためには
ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)
ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)
■子どもの安全を守る<予測と援助>
①危険回避   ②衛生管理   ③情緒安定
■ホウレンソウの重要性
■正確さ
■公平さ
■承認(相手を認めること)

■コミュニケーション

①聴き方  ②話し方

■主体的になるためには


実習・卒業までに身につけて欲しいこと
ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)

■電話応対
■お茶の出し方
■メモを取る習慣




研修終了後にいただいた ご感想

chicken*今日のセミナーでは、あいさつ、礼儀、服装など基本的なことが大切だということが分かりました。

保育士は常に子どものよい手本になるように、きちんとマナーを守るようにしたいです。

面接や実習で行ったときには、よい印象を与えられるようにしたいと思いました。


chicken*今まで私は、保育士はただ面倒見が良くて明るい人ならそれでいいと簡単に思っていました。しかし、今日の講義で文字など細かいところも完璧に求められることが分かりました。よく考えたら子どもたちの手本となる立場の保育士なら当たり前のことだと思い、今までの考え方の甘さを反省しました。
色々なことに気付けたので、このセミナーに参加出来て良かったと思います。


chicken*人に言われてから動くのではなく、人に言われる前に仕事を見つけて動けるようにしたいです。積極的に動けて、気が利く人になりたいと思いました。また、大切な連絡を人に伝えたり、報告したり、悩みや問題がある時は人に相談するという 「ホウレンソウ」もしっかり行っていきたいと思いました。


chicken*信頼関係を築くために、報、連、相の大切さを知ることができました。

相づちを打つときに、私は「うん」と言ってしまうので、「うん」と言わない努力と、もし言ってしまったら、もう一言違うことを言うなどして意識していきたいと思います。
就職するまでに足りない事がたくさんあるので、これから聞いたことを参考にがんばりたいと思います。


chicken*今回のセミナーで自分が保育士になるためにとても参考になりました。子ども一人一人をしっかり見るという点で、私は人間観察が好きなので、これからはきちんと意識したいと思います。

今日学んだことをしっかり頭に入れ、立派な保育士になりたいです。



学生たちが卒業して保育者になるときに、働きやすい環境を作って待っていてあげるのも、私たちの役目であると感じました。


Eggコミュニケーション ホームページは こちら
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Eggコミュニケーションさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。