酒を飲んで運転し、人身事故を起こしたとして、静岡県警監察課は12日、服務規定違反で、県警沼津署の男性警部補(57)を停職6カ月の懲戒処分にした。男性警部補は、「何の言い訳もできない。大変申し訳ない」と話し、同日付で依願退職した。

 同課の調べでは、男性警部補は2月28日午後6時45分ごろ、同県富士市大野の県道で酒を飲んで乗用車を運転して乗用車3台が絡む玉突き事故を起こし、30代の夫婦と50代の夫婦計4人に軽傷を負わせた。

 事故後、富士署員が呼気検査をしたが、検出されたアルコール量は規制値以下だったという。

 同課によると、男性警部補は同日午後3時半~6時まで沼津市内で、コップ2~3杯のビールを飲んだとされる。

【関連記事】
証拠品などを紛失 警部補3人を懲戒処分 京都府警
エスカレーターで突き飛ばし 容疑の警視庁警部補を逮捕 埼玉・北本
奈良県警の金品受領問題 警部補が組長通じ借金
ライターつけたら…千葉の交番で爆発 原因は天然ガス?
女子高生につきまとった容疑で富山県警警部補を逮捕 石川県警

Web フィルタの不具合修正方法―情報の氾濫を阻止せよ
捕鯨妨害船、登録不許可に=オランダに要請-外務省(時事通信)
基調判断を上方修正=7カ月ぶり-2月消費動向調査(時事通信)
<事業仕分け>第2弾 4月と5月の2回に分けて実施(毎日新聞)
山崎直子宇宙飛行士 11年の集大成…4月にシャトル搭乗(毎日新聞)
AD