合成麻薬MDMA約1万4000錠など末端価格約1億円の薬物を密売目的で所持したとして、警視庁組織犯罪対策5課と荒川署は29日までに、麻薬取締法違反容疑などで、コロンビア国籍の東京都港区南麻布、無職ウイルス・ダリオ・バルコ容疑者(43)を現行犯逮捕した。
 同課によると、容疑を認め、「2007年ごろから六本木のクラブや喫茶店で密売を始め、月200万~250万円を売り上げた」と供述しているという。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物の実態
覚せい剤で起訴の警部補を免職=「数回使用」「後悔している」
覚せい剤密売で組幹部逮捕=ロッカーやごみ箱に隠す

<出版>09年販売額2兆円割る 21年ぶり(毎日新聞)
三宅島民3割戻らず…避難解除から5年、復興半ば(読売新聞)
ボンバル機引き返し=警告灯が点灯-大阪空港(時事通信)
衆院選無効訴訟で請求棄却=比例区票の価値「平等」-東京高裁(時事通信)
宮城県北部で震度4(時事通信)
AD