ふじなまさきなまの「俺は強い」

偉そうに「俺は強い」と威張っているように見えるかもしれませんが、弱いから、強くなりたいからこう言ってるのです。「そうなりたい」と願う「アファメーション」です。


テーマ:

ひっさしぶりの書き込みです。


ある先生のFBに触発されて、こちらにも書きます。


その先生が示されたのは、ベルリンの町中にビーチバレーのコートが49面もあり、盛んに利用されているし、だから強いということ。

そこから考えて日本にももっと素晴らしいスポーツ施設を作ろう!と。しかし、それに以下のようなコメントをしました。

さらに言いたくなって+αです。



実は以前、チャレンジリーグの最中に聞いた話なのですが、東京都の某市の体育館で試合をやったのですが、観客席が無い!考えてみれば、都内の多くの区立や市立の体育館はみんな観客席が無いんです。

で、何故かと聞いたら、設計の段階ではあるんだけど、「議会」で削られてしまうのだと。つまり「体育施設の予算は減らされる。」というのです。で、とりあえず観客席が無くなると言うわけです。

理由ははっきりしています!

議員が反対するから!何故反対するのか!?


これも明確な理由があります。

「票を入れてくれる年寄りには必要の無い施設であり、

 余計な支出となるから!」

これではいつまでたっても良い施設は作られません!


こんな話はあり得ないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

じつは10数年前に我が家の会話で実際にあったのです!


その当時で70歳くらいだった父親との会話です。

確か区議会議員選挙の直前だったと思います。


私「今度、あそこに体育館が造ってもらえるらしい!やったな!」

父「そんな物いらない。どうせ我々年寄りには必要が無いものだ。」


今思えば、すでに建設の決まっていた体育館を選挙の目玉として造ると訴えていた候補者を支持するか否かという議論でした。

やはりお年寄りの考えはこういうことなのです。



となると、本当のツボは、若者が選挙に行き、若者が必要とする町づくりを進める議員を増やさなければダメだと言うことなのです!


また、一方でスポーツ施設建設に対してその施設内容に目を光らせる、あるいは積極的に意見を述べる体育・スポーツの専門家が各地方自治体の議会にいる(あるいは意見を言えるシステムを構築する)ことです。



こんな状況で東京五輪がやってきて大丈夫なのでしょうか?



W杯サッカーは、今日引き分けたので、もう1試合分マスコミも騒ぐと思いますが、その後はどうなるでしょう?


その後のW杯の方がすごい試合が目白押しになるのに、

日本が出なければ、マスコミは放映も報道もしなくなる。

(まったくでは無いでしょうけど)


何故か?誰も見なくなるからです。


これほど、世界レベルのスポーツをリスペクトせず、

日本代表が出なきゃ見ないと言うレベルの低い視聴者しかいない日本。


はっきり言って、これは我々体育教師の責任です!



区の体育施設の話に戻ります。


区によっては、体育施設が交通の便の悪いところにあるというのを感じた方はいませんか?


それは意図的になされているらしいのです。


区の施設は、区民・地域住民に使ってもらいたい。

だから交通の便がいいと、そこら中から人がやってきて使われてしまう。

だから不便なところに作り、自転車で来られる地域の人が優先で使えるというわけ。


でも、これってどう?


本当だったら、立派な観客席や駐車場もあって、

いろんな種目の日本代表クラスかそれ以上の試合がやってきてくれて、区民や地域住民は半額くらいで見られるとか、その方がスポーツ文化としてはよっぽど良い。

よっぽど良いハズなんだけど、「見るスポーツ」「ささえるスポーツ」を重視してこなかった体育科教育のせいで、そんな発想が無い。


自分が身体を動かすことの重要性はその通りだけど、

それはある程度の年齢までで終わる。

それ以降は、「見る」「ささえる」でスポーツに関わるべきなのに、

それをリスペクトしない。

いわば、「雨が降ったら保健にする」的な発想。

何よりも動くことだけが最優先という発想。そんな教育。


でもそれは同時に、動くことが苦手な人たちを、

スポーツが好きじゃ無い者たちへと

仕立て上げていく最悪の教育だった。

だから東京五輪が心配。


日本の試合以外、ガラガラになるんじゃ無いの?

(あ、海外から応援に来る人がいるから大丈夫か!)


現実に、バレーのW杯とか、昼間の学校や会社がある時間帯に設定される日本以外の試合の観客の少なさと言ったら無い!

(つか、なんでそんな時間に設定するのだ!?)


玄人目には、日本の試合を見るより、よっぽど良いのに!


世界中から、ものすごい人たちが来て、ものすごいプレーをするのに、日本の試合じゃ無いから見ない。


この感覚が東京五輪までに直せるだろうか?



東京五輪までにこの感覚を直し、

これから先、日本各地に作られるスポーツ施設には大きな観客席が作られ、

自分で動く以上に「見ること」や後で「支えること」が重視される国にならないと。


W杯サッカーで盛り上がっているだけのにわかサッカーファンは、

もう一度渋谷のスクランブルでハシャゲル日があるだけで喜び、

その後のW杯にはきっと見向きもしないのだろう。


マスコミも視聴率だけを気にするから、報道も減る。

それは五輪のあとのパラリンピックの報道を見れば一目瞭然。



さて、我々体育教師は何をすれば良いのだ!?









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

とある知り合いが、韓国野球の新球団チームの創立式に出席した。

「コヤンワンダースの創立式に出ています。マスコミの数も多く、独立球団とは思えません。」

とのこと。

だが、何が何だかわからないので調べてみた。


韓国野球委員会


どうやら韓国には「2軍リーグ(フューチャーリーグ)と言うのがあるらしく、

それを「独立リーグ」と呼んでいて、そこに所属するチームの旗揚げと言うことらしい。



しかも、高陽市を本拠とする「コヤンワンダース 」とい
うチームが韓国一有名な監督を招いて旗揚げするらしい。



日本でいえば、かつての長嶋監督のような人なのだろうか?




面白いことが分かった。


つか、自分が無知なだけだけど。。。。



なんてことはない。日本にも似たようなリーグがあるらしく、

NPBとは別の独立リーグとして頑張っているらしい。



欽ちゃんがやってたのもそのリーグだったのだろうか?



すみません、知らなくて。。。





で、しかもNPBはその独立リーグには見向きもせず、

冷たい視線を送っているのだとか。




しかし、そこに、MLBが「傘下に入りませんか?」と言ってきたのだ。

将来的には、2A、3Aとつなげて、日本やアジアから「安く」優秀な選手を確保するための土台作りじゃないか、と。



で、いずれはMLBに入ってもらう選手を日本で育成するような機能を
リーグに持たせようということらしい。

 (ベースボールスレッド より)



こりゃ、日本のプロ野球も胡坐をかいてないでいろいろ考えなきゃ
なのか?


この関連の情報は、もう少し調べてみると面白いかもしれない。



それ以上に、様々なスポーツの実情を「育成」と言う視点で注意深く眺めると、本当にいろんなことがありそうだ。



そんな様々なところから、バレーもいろいろ勉強していかなければならない。



以前から、日本と韓国で、JKリーグとして一つのリーグにして競い合い、

ともにヨーロッパのリーグに対抗できるような強力な興行をすればいいのに、

と思っているのだが、夢のまた夢、実現は難しいだろうか。



アジアの2強が協力して、世界と対峙する!



いかが?



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

仕事柄(?)日本中のスポーツ施設に行くことが多い。


今年になって、青森県の「青い森アリーナ」 に行って、

施設のすごさに驚いてきた。

詳しくは Ball Game Festa 2010 in AOMORI  の記事を読んでください。


そこで、ふと思い立って、「スポーツ行政とか」 などというテーマを立ててみました。


各地にある素晴らしい施設を見せていただき、

これからのスポーツ行政とか、我々に何ができるのか、などを考えてみようかな、という気まぐれな思いつきです。。。^^;


さて、今回ご紹介するのは、先週末 「関東6人制バレーボール実業団男女選手権大会」 で訪れた 「千葉県総合スポーツセンター」 です。


試合結果 のほうは、チーム的にはイマイチでしたが、

選手たちがアップをしている時間に、自分だけ施設内をぐるっとランニングしつつ、可能な限り各施設の見学をしてまいりました。



いやぁ、すごい施設でした!!


ふじなまさきなまの「俺は強い」

まずは、国立競技場にも引けを取らないような、立派な陸上競技場。

12日は使っておらず競技場内を見ることはできませんでしたが、

外から見ただけでも立派さがわかりました。


ふじなまさきなまの「俺は強い」

その隣には、これまた立派な野球場。

野球場にそってモノレールが走っているのもすごいですね!


この日行われていたのは、クラブチームの試合でしょうか?



ふじなまさきなまの「俺は強い」

観客はいませんでしたが、ちゃんと試合開始のサイレンが鳴り、

打順、打者のアナウンスが流れるしっかりとした試合が行われていました。

あんな球場でやれたら、気持ちいいだろうなぁ!



ふじなまさきなまの「俺は強い」

野球場をぐるりと囲むようにモノレールが通っています。

こういった施設は、交通の便がとても重要です。

各県には素晴らしい施設がたくさんあるのですが、

交通の便がこれほど良いというのは珍しいのではないでしょうか。

とても大事なことだと思います。


ふじなまさきなまの「俺は強い」

陸上競技場を挟んで野球場の反対側には、

陸上のサブグラウンドがあります。

サブとはいえ、完璧な400mトラックに、投てき用のゲージもあり、

11日には高校生の大会をやっていたようです。

ふじなまさきなまの「俺は強い」

バレー会場の向かいでは、高校生ソフトボールの大会をやっていました。

3面使い、その間を使ってウォーミングアップができるスペースもありました。

普段見慣れているはずの女子高生ですが、

TFにはないソフトボール部が、えらくカッコよく見えました!

汚れて洗濯は大変だろうけど、娘にはソフトボールをやってもらえれば良かったかなぁ、なぁんて思いました。^^;


ふじなまさきなまの「俺は強い」

その手前には、武道館がありました。

ここでも高校生のインターハイ位予選が行われていたようです。

ここでもカッコイイ柔道着姿の高校生による熱気があふれていました。

施設もすごいです!

ふじなまさきなまの「俺は強い」

奥には、テニスコートが8面!

しかもこの後ろにも8面!

合計16面で高校生の軟式テニス大会が行われていたようです。



写真は撮れませんでしたが、

このほかにも、弓道場があり、一番奥にはサッカー場もありました。




ふじなまさきなまの「俺は強い」

そして我々が試合をやった体育館。


ふじなまさきなまの「俺は強い」


ふじなまさきなまの「俺は強い」

ふじなまさきなまの「俺は強い」

全体が円系で、バレーボール2面が余裕で取れました。


エンドライン後方に、フロアーに続いて観客席があったので、

ボールが飛んできて大変でしたが、

観客にとっては迫力があったのではないでしょうか。



ふじなまさきなまの「俺は強い」

で、私が驚いたのが、この本部席のある舞台。


上の写真では普通の舞台に見えますが、

上がってみて驚きました。


ふじなまさきなまの「俺は強い」

膜の後ろ側に、バスケットボール1面がしっかりとれる別の体育館があったのです!


舞台はその端っこを利用しているのですよ。


言ってみれば、「前方後円墳」 型 体育館だったのです。

多目的な利用方法ができそうな気がしました。



こんな風にいろんな施設を見てみると、

様々な工夫が凝らされており、いろいろ勉強になります。



最後に、この日初披露した ヴェルディの新ユニフォームをここでもお披露目して終わります!





ふじなまさきなまの「俺は強い」 モデル中島





ふじなまさきなまの「俺は強い」 モデル松本


F1というか、セリエA のチームみたいで、気に入っています!


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。