ふじなまさきなまの「俺は強い」

偉そうに「俺は強い」と威張っているように見えるかもしれませんが、弱いから、強くなりたいからこう言ってるのです。「そうなりたい」と願う「アファメーション」です。


テーマ:

走り始めて、もう25年になるだろうか。
TFバレー部恒例新年マラソン。

例によって、
学校から、伝通院~後楽園経由~湯島天神

そして、神田明神~東京ドーム経由~牛天神

~今宮神社~カテドラル教会~護国寺

拙僧が無いと言われるかもしれないけど、
八百万の神々 7福神(?)巡り。

総距離10km。

最近のお気に入りは、
カテドラルで撮るこの写真。
 


今年はいよいよ、自分が赴任したときに1年生に入学してきたバレー部卒業生の息子が入学してくる。
ま、孫かな。。。
さらに、そのちょっとしたの女子のキャプテンの娘が附属中学校に入ってくる。
彼女は、ちっちゃいときに合宿にも来てくれた。
その頃は3歳くらいだったはず。

やだやだ 早い早い。。。
年を取るわけだ。
といいつつ、この25年間毎年休まず10km走っている自分を褒めてあげようか。

そして今日は高校の入試。
どんな生徒達が入ってくるか楽しみです。

今頃になりましたが、
今年も1年、良い年でありますように!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年の2月以降、放置状態のこのブログですが、


近日、リニューアルして再開しようと考えております。


まずは自分自身をリニューアルして。。。  がんばります!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日、長年連れ添った トヨタ レジアス ウインドツアラーくん と、お別れいたしました。


ふじなまさきなまの「俺は強い」

思えば、12年間 12万km の おつきあいでした。


ふじなまさきなまの「俺は強い」

始めて出会ったのは、トヨタヴィスタ東京(現ネッツトヨタ東京)高島平店のショールームでした。


それまで乗っていた 三菱デリカ が、ディーゼルだったので、買い換えることにして、

いろんな車種を検討しているときに、ふと出会って決めた。 ま、一目惚れですわ。


出会ってからほぼ1ヶ月間、毎日のように連絡をくれた営業マンの熱意に押されたのもあって決定。

お気に入りでした。

初めて給油に行ったスタンドでは 「良い車ですねぇ!」と言われ、社交辞令かもしれないのにえらく気を良くしたのを覚えている。


あれから今日まで、いろんな思い出が詰まっている。


ふじなまさきなまの「俺は強い」


何人のTFバレー部員がこの車に乗っただろう?

何人の汗臭さがしみこんでいるのだろう?


ふじなまさきなまの「俺は強い」

ふじなまさきなまの「俺は強い」

合宿には毎年行って、ボールやらコーンやらを運び、

屋根に自転車を積んで帰ってきたこともあった。


ふじなまさきなまの「俺は強い」

車内をフルフラットにして、昼寝をしたり、

輪島まで行った時にも、ホテルを使わず宿泊代を浮かせるために車中で1泊した。


ふじなまさきなまの「俺は強い」


雪にも耐え、


ふじなまさきなまの「俺は強い」

バカ犬にも汚され、


ふじなまさきなまの「俺は強い」

台風被害も間一髪で逃れた。


ふじなまさきなまの「俺は強い」

昨年末あたりから、そろそろ買い換えたくなり、

娘が大学を卒業し、息子の大学入学が決まるであろうこの春に買い換えようと思っていた。

娘の卒業も、息子の進学も無事に決まり、買い換えることにした。


正確には、息子が決まる前に、買い換えは決めてしまっていたのだが、

そこはそれ、アファメーションで、進学しか見えていなかったので、買い換えを先に決めてしまったわけですよ。あせる (内心、無事に第一志望校に決まってほっとしたのですが。^^;)


新車をどうするかも含めて、以前TFの事務職員をしていたTくんを頼って、ガリバー に相談した。

新車はなかなか希望するモノとは出会えなかったのだが、査定して買い取ってもらうことにした。


悲劇というか、この物語はこのときから幕を開ける。

ま、正確には、12年前に始まっていたと言うべきなのかもしれないが。。。


査定の日、ガリバーから1人の若者がやってきた。

元整備士だったという若者は、高校時代硬式野球部だったと言い、「だから体育科教官室って、居心地悪いんっすよね。^^;」 と言った。

学校に来てもらったのが申し訳なかったかな。(でも、昼休みに女子バレー部を始め、女子しか来なかったので喜んでいたフシも無くは無い^^v)


で、査定。。。


「わかりました。えっと、バックドア交換されてますね。右後ろぶつけました?」

「へ?交換なんてしてないよ。ぶつけてもいないし!」

「いや、バックドアは間違いなく交換されてますよ。」


ここに来て、査定を高くしてもらおうなんて気はサラサラない。

知り合いに頼めたので、廃車とかの手続きなど面倒くさいことを頼めそうだからお願いしたまでのこと。

只でも持ってってもらえさえすればありがたいのだ。だから、嘘をつく意味も全く無い。


「いや、絶対ぶつけもしてないし、交換なんてしてないから!」

「じゃあ、買う前ですかね?整備士が見れば一目でわかるんですけど、いくつかポイントがあります。」


そう言って彼は車の前で説明をしてくれた。


「まず、すぐわかるのがこのネジです。ぱっと見て、あとからネジの頭がペイントされていますよね。

通常ネジを外すと塗装が剥げるので、外してはめ直したあとにはその部分を塗り直すんです。」


ふじなまさきなまの「俺は強い」

確かにそう見える。。。


「それから、ドアで言うと、このパッキンみたいなの、これが こう、爪で押し込むとプチプチとわれるように押せるんです。これもあとから塗ったモノで、工場出荷の新車ではこういうことは無いんですよ。」


ふむふむ。 プチプチ。。。


「それと、これは素人さんではわからないと思うのですが、下に潜ってみると車体の骨組みにさびが浮いているところがあって、それはぶつかった後遺症みたいなモノで残るんですよ。」


ふじなまさきなまの「俺は強い」

「それに、この右後ろのサイド面、よく見ないとわからないんですけど、板金も入ってますね。こう後ろの方から見ると、一部分へこんでるというか、ちょっとうねってるでしょ。」


そう言われてみれば、そんな気も。。 でも自分にはよくわからない。


しかし!

いろんな話を聞いている内に、大事なことを思い出した!


「そう言えば、この車、新車で買ったときから、このバックドアだけ鍵が使えなかったんですよ!」


これで つじつまが合ってしまった!


買ってすぐ、この車の鍵が2本とも、バックドアの鍵だけ開けられも閉められもしなかったのだ!

もちろんそれ以降12年間ずっと。


確か、初めてディーラーに点検に出したときに、そのことは伝えた。

点検するとは言ってくれたモノの、点検後には 「調べたけどわかりませんでした。」と言われ、


「まぁ、運転席を開ければ開くし、閉めれば閉まるのだから別にいいや。」

で、済ませていた。 

今思えば、それがいけなかったのだ。。。


つじつまが合い、納得したので、怒りが込み上げてきた。

その日の帰り、急いで購入した高島平店に行った。

事情を話し、チェックしてもらったところ、


副店長も ドアが交換されていることは認めた。


そして、12年前のことではあるが、調べてみると言ってくれた。


数日後、俺のいないときに、その店の店長が我が家を訪れ、

「調べてみたが、わからない。」と言って帰って行ったと、学校にいる自分に家から連絡があった。


アポ無し、午後5時前。

俺を無職だとでも思ってるのか、店長!!


その数日前、トヨタに勤めて数年になる卒業生が他の部の練習に来ていたので、この話をしたら、唖然として、「それはトヨタのお客様相談室に連絡した方がいいですよ。」と言ってくれた。

そのことを思い出して、トヨタのHPからメールを打つことにした。

文字制限が500字までだったので、4通に分けて事の次第を全て書いて送った。


翌日、待てども返事は無いので、こちらから電話をしてみた。

メールは届いていた。

そして「後ほど、担当の者からお電話いたします。」 と。

ことの重大さに気付いてくれたのだろうか。電話口で対応する女性ではなく、もう少し偉いらしい男の人から電話が来ることになった。


やりとりをした

結局、状況は理解してくれた。しかしやはり調べてみないとわからないので、時間をくれ、と。

で、その電話が火曜日の夕方だったのだが、

「では、こちらから連絡をして、高島平店から金曜日には連絡を入れさせます。」と。


金曜日。

授業の他、他の用事を片付けたあと、週末のヴェルディの試合のために、荷物を運んで稲城市の体育館まで出かけた。


稲城市の体育館に着いた頃にはすでに夕方になっていたのだが、

一向に連絡が入る様子もない。

さすがの ふじなまさきなま も頭にきつつ、電話をした。

すると、


「すみません。トヨタ(名古屋のお客様相談室)からネッツトヨタ高島平店へ送ったFax の最後の一枚が届いておらず、金曜日に返事を入れるという指示が伝わっておりませんでした。」


だと!


これでも切れなくなった俺! 


昔を知ってる方々なら、「どうしちゃったの?」 って言うでしょ。^^;


お前、本当にお客様相談室の偉いさんか?!

新採でも もう少しまともな言い訳するだろ!


切れなくなった俺が偉いのでは無く、

切れようが無かったと言うべきだろう。


あきれて。。。


天下の、世界のトヨタも ここまで落ちたのか。。。


トヨタ車とは長いつきあいだった。

子どもの頃、一番最初に覚えた車の名前は 「パブリカ」。

記憶にある最初のふじなま家の自家用車。

その次が 「カローラ」

その後、姉が就職して買った車が 「セリカST」 。

程なく、姉の結婚と同時に、残ってしまったセリカは、大学2年になっていた俺が最初に手にする車となった。


セリカはその後、バレー部同級生のS木に安く売り(たぶん)、

海外転勤となった姉家のものだった 「カリーナ」 が、自分にとって2台目の車となった。

「カリーナ」 も、筑波を離れる時に後輩のN原に安く売り(たぶん)、

その後東京に戻って、結婚した俺は、小さな車を求めて、ホンダシティーに乗り換える。

この後しばらく、トヨタ車から離れ、デリカを2台乗り継いで、今回のレジアスで、久しぶりにトヨタ車に戻った。


この車自体は、乗りやすく、大きい割には使いやすかった。

デリカは4駆だったが、そうそうスキーにも行けなくなったので4駆はやめていたが、

車重もあるため、都内なら雪の日も安心して乗れる車だった。

故障もせず、自分で何回かフロントバンパーに傷を付けてしまった以外、大きな事故も無く、

ただ、数年前に、寝ぼけたタクシーが前から意味も無くバックしてきてフロントバンパーとナンバープレートをつぶされて交換したくらい。


調子も良く、乗り心地もよい、お気に入りの車だった。

荷物も人も(定員はあるが)たくさん積める。

寝泊まりも昼寝も出来る。

運転席も高いので、ロングドライブも疲れない。

申し分の無い車だったと言っていいだろう。


ところが、

そんな車と別れることになった最後の最後でとんでもないことがわかってしまった。。。


年明け、たぶん手放すことになるだろうと言う思いから、丸々1日をかけて磨いた。

ドリルの先に付けるアタッチメントを買ってきて、水垢取りでぴかぴかに磨き、同時にワックスがけをした。

新車の頃を思い出した。

旅立たせる準備をしてあげたという気分だ。


そして今日。

いよいよお別れとなる前に、積み込んであったがらくたやタオルケットを降ろし、

車内を徹底的に掃除した。



ふじなまさきなまの「俺は強い」

掃除しながら悲しくなってきた。

こいつの声が聞こえた気がした。


・・・・・・・・


旦那さん、すまねぇことをしたね。じつは俺は、「前」があったんでさぁ。

心の中ではいつかはバレる、いつかは言わなきゃなんねぇ、って、ずっと思ってたんでさぁ。

ところが俺は言い出せなかった。これは、初めてお会いしたときからでさぁ。


そしたら、旦那は気付いて下さった。そりゃそうでさぁ、交換されていたバックドアを背負ってりゃ、そこは旦那の持っている鍵じゃぁ開くわけがねぇ。

その時は、隠していた「前」がばれるって言う怖さと、安堵感とが一緒でしたよ。


しかし、あの野郎、整備したふりして、調べたふりして、あっしのバックドアが交換されているってことを、旦那には伝えやしなかった! とんでもねぇ野郎だ!


せっかくわかってもらえるチャンスだったのに、そんなチャンスが、旦那の所にお世話になって1ヶ月あまりで来たというのに。。。

申し訳ありやせんが、それからはもう無理でした。

こりゃ死んでも言えねぇ、口が裂けても言えねぇ。そう黙りを決めることしか出来なかったんですよ。


だから、その償いにって言うんですかね、それからはもうがむしゃらに働かせてもらいやしたよ。

怪我や病気なんてしちゃいけねぇ、旦那が行きたいと思うとこならどんな所だって行かなきゃなんねぇって。

誰が乗り込んでこようが、何を積まれようと、暑い日は涼しい状態を作り、寒い日は暖かい状態を作ってとことんご奉公させてもらったつもりです。


12年間、12万km。

我ながら良くやったとは、思ってたんですがね。

最後には褒めて見送ってもらえると確信していたんですがね。

「前」のことなんて、自分でも忘れて。


ところが、悪いことはしちゃなんねぇ、悪事は結局ばれるように出来ているんでさぁ。


あの若い査定士さんの目はごまかすことは出来なかった。

最後の最後に来て、見破られたってわけでさぁ。


本当に、申し訳ないことをしやした。

許してくれとは言えませんが、最後くらい見送ってやてくだせぇまし。


・・・・・・・・・・


掃除をしながら、涙が溢れた。


思えば、これまでの車はほとんど友人や後輩に渡していた。

セリカは友人へ、カリーナは後輩へ、シティは教え子へ。

レジアスの前のデリカは2台ともディーラーに引き取ってもらっていた。

12年も乗ったのは、初めてだ。

この春大学を卒業する娘も、この春から大学に行く息子も、

ほぼこの車の記憶しかないだろう。



トヨタの対応には、あきれたが、

当然怒りは治まらない。


消費者相談センターに連絡をしたら、やはり「前代未聞」とのこと。

一応、全国の消費者センターに事例として報告するとのこと。

さらに、そこで教えてもらった 自動車公正取引協議会  というところにも電話をしてみた。


しかし、残念ながら何も変わらない。


トヨタが言うように、12年前のこと、購入前にドア交換がされていたという証拠はどこにも無い。


俺にこいつを売ってくれた営業のお兄さんは、俺に売った後、1ヶ月もしないうちに、ディーラーを退社していた。

契約直前には、円形脱毛症がひどくなり、丸坊主になっていた。


ひょっとしたら、あの人当たりの良い営業マンは、このことを知っていたのかもしれない。


そんな風に勘ぐってしまう。


そのストレスが円形脱毛症を発症させ、その後ろめたさに耐えきれずに退社したのかもしれない。

当時の店長もすでに退社していて、当時のことを知る人間に行き着くことは無い。

修理記録は無い。部品としてバックドアが発注された記録も無い。


自動車公正取引協議会の方も 


「実害は何か?と言う話になれば、現状では査定で値段が下がるくらいで何も無い。もう少し前にこのことがわかっていたら、それなりの対処方法もあったかもしれませんが」 と。


査定も、知り合いだから値段を付けてもらえたような古い車となっている今では問題にもならない。


「あとはお客さんのお気持ちということなんですけど、話を聞く限りではお店の対応は良くないですね。

もう少し何らかの形でお客様にお詫びの気持ちを伝えるなりなんなりの方法はあったと思います。」


「とりあえず、各社の責任者が集まる会議で、レアなケースとして議題に上げさせてもらいます。」


そう言ってくれた。

それで少しは気が治まったような気もする。


しかし。。。。。

12年前に、どこの段階だかはわからないが、 騙され、そのことを12年間知らされずにいたこと。


それが悔しくてたまらない。

そんなことをした トヨタ が情けなくて仕方が無い。。。



こんなことを書けば、トヨタは反論するかもしれない。


「証拠は無いのですから。」


そんなことはわかっとるわい!



ふじなまさきなまの「俺は強い」

昼前に、最後の姿を見送った。


ふじなまさきなまの「俺は強い」


・・・・・・・


レジアス君、もう「前」があったことなんて忘れて良いんだよ。

なんだったら俺のせいだって言っても構わないよ。

あんたは悪くない。本当に12年間良くやってくれた。ありがとう。


ふじなまさきなまの「俺は強い」

俺の元でぼろぼろになったかもしれないが、あんたならまだまだ走れるさ。


そうだな、せっかくだから、もうこの日本からは出してもらえば良いんじゃないか。

今の日本じゃ、ジジイ扱いされ、まともに扱ってもらえないだろうから。


でも、それだけ元気なんだからさ、少しの傷とか、汚れなんて気にせず、

大事にしてくれる人と出会って、のんびりと余生を楽しんでくれよ。


どこにいけるのかなぁ。暖かいところが良いだろうな。

でも、海辺はやめとけ。もうさすがに海風は体に良くない。

太陽光線には負けないだろうから、海からは離れた穏やかな街で、

これまでのように、たくさんの人たちやたくさんの荷物を積んで走り回ってやれ!

きっとそんな姿が君には似合ってる。


そうだな、俺はあんまり飾り付けとか、化粧とかはしてやらなかったから、

こっからさきは少し派手なカッコをさせてもらうのも良いんじゃないか!



たぶんもう、二度と会うことは無いだろう。

俺も次の奴と今週末には一緒に走れそうだよ。

あぁ、そうそう、こないだ一緒に見に行ったじゃないか。

あいつ。

あんたよりちょっと小さい奴。ま、まだ若いから少し派手な気もするが、

あんたの後釜があいつなら、それほど嫌な気もしないだろ。


・・・・・・・・・・


物作りで世界と戦ってきた日本。

中国に押され、韓国に抜かれ、世界に名だたる日本はどこへ行ったのか?


今回わかったのは、結局は人間なのだ。

良い物をいくら作ったとしても、それを売る人間に心が無ければダメ。


金儲けのために、一番大切な心を失い、同時に信頼を失う。


考えてみれば、12年前から、すでにトヨタの凋落ぶりは始まっていたのだ。


エコカーブームとプリウス人気で盛り返したようにも見えるが、

もし今回のようなことが再び起きるような土壌が無くなっていないとしたら、

トヨタの未来はない。


このことはトヨタに限らず、日本社会全体が再考しなければならないことなのかもしれない。



さようなら、トヨタ。


ふじなまさきなまの「俺は強い」

そして、これからは、ますます、


トヨタ自動車に負けるわけにはいかねぇ! 



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

バスケットのルール改正により、たぶん日本中の学校で、

バスケットボールのラインを書き換えなければならないという、

大変なことが起きている。


TFの体育館は、新設後すでに15年が経過している。

105回の卒業式を行ったのが最初で、その前の11月から使い始めている。

この春の卒業式が120回生だから、16回目の卒業式となる。


幸いまだまだきれいな床ではあったが、ところどころを見ると、割れ始めていたり、傷がついていたりする。


今回、バスケットボールのルール改正で、ラインを引きなおさなければならないのに合わせて、

床を全て削り、全てのラインを書きなおす工事が行われた。



以前、体操業界でも、あん馬とか、跳馬とか、大々的なルール変更と用具の変更があった時に、

ルール改正は何のために行われるかと言うと、

1度買ってしまうと、ほとんど壊れることのない用具を買い変えさせるためにルール変更が行われるという、嘘か誠かわからない話を聞いたことがある。


世の中では、家電しかり。

壊れなければ新たな需要はないが、壊れやすいものを製造して売るわけにはいかない。

新しい商品には何らかの付加価値を作ることで、

壊れていなくても買い変えたくなるように仕向けないと、経済は回らない。


だから エコ は不景気に繋がるのだと。



さて、今回のバスケットボールのルール改正では、

床(ゆか)屋さんが儲かったのかどうか?


TFの工事を見ていた限りでは、儲かるよりも大変なことになっているという感じがした。


工事は昨年の12月19日、中高の授業がほぼ終了するときを待って開始され、

年末年始の数日間を除いて、ほぼ1~2名だけで作業は続けられていた。

日本中でやられているんだろうなぁ。


ふじなまさきなまの「俺は強い」

床を全面にわたって削るために、舞台を始め様々な場所がブルーシートで固められ、

削りかすで汚れないような処置から始められた。


床の塗り替え+ラインの書き換え工事がメインではあったが、

このチャンスを逃してはならじと、

メインコートのバレーポールの穴もあけてもらうことになった!

ふじなまさきなまの「俺は強い」

ふじなまさきなまの「俺は強い」

ふじなまさきなまの「俺は強い」


ふじなまさきなまの「俺は強い」


ふじなまさきなまの「俺は強い」

驚くべきは、その工事の早さ!

上に載せた5枚の写真は、朝から夕方までで完了してしまった!


ふじなまさきなまの「俺は強い」

同時に、埃が落ちるから床塗装の前にと言うことで、

震災の影響を受けた可能性のあるバスケットゴールのつり上げ部分の工事もやってくれた。


で、ついでに、天井に引っ掛かっていたボールも取ってくれた。


ふじなまさきなまの「俺は強い」

真っ白なバレーボールとか、懐かしいですね。^^;



ふじなまさきなまの「俺は強い」

工事開始2日目にして、いよいよ床を削る工事が始まった。


ふじなまさきなまの「俺は強い」

どうやるのかと思っていたら、

道路工事機械の小さいみたいなのが登場して、


ふじなまさきなまの「俺は強い」

ガァ~~って進むと、床が削れる!

何度か行ったり来たりして、均等に削っているようだ。

しかも削りかすは袋に溜めるという素晴らしさ!


ふじなまさきなまの「俺は強い」

ふじなまさきなまの「俺は強い」

金具の有ったところは外して、細かく丁寧にやってくれる。


ふじなまさきなまの「俺は強い」

知っている人は知ってるだろうけど、

あの広い体育館を一人でやってました!!


ふじなまさきなまの「俺は強い」

翌日には全て真っ白になりました!

ふじなまさきなまの「俺は強い」

明るくなった体育館。


ふじなまさきなまの「俺は強い」

金具など細かいところを整えて、

27日から下地の塗装が開始された。

実はここに至るまでの 大掃除 が大変だったみたい!

埃があるのに塗装したらアウトだから、体育館中の隙間風邪を塞いでやってました。


ふじなまさきなまの「俺は強い」

ふじなまさきなまの「俺は強い」

ピッカピカになった床!

以前より、すごく白く明るくなりました!


ふじなまさきなまの「俺は強い」

この写真は、ちょうどそのころ練習試合にお邪魔した C附高校。

体育館が新しくなったところで、バドミントンのラインが水色だった!

とても明るくてきれいだったので、うちもこうしたい!と思って、

中学のバド部の先生にも相談したのだが、やはり、どこへ行っても緑が多いから、

緑にしてくださいって。。。仕方がない。中学生が大会に行って戸惑うのも可哀そうだ。



ふじなまさきなまの「俺は強い」

ということで、いよいよ年明けからライン引き開始!


ふじなまさきなまの「俺は強い」

よ~く見ないとわからないのですが、これは一面だけ作る5㎜幅のラインを書いているところ。

当然だけどマスキングテープを全部張って、その隙間を全部 手書き !!


ものすごく大変な作業!


これも2人だけでやってました! すごいです!

ふじなまさきなまの「俺は強い」

いよいよ、残すはメインのバレー3面だけとなったころ。

ふじなまさきなまの「俺は強い」

いやぁ、明るくなりました!

ふじなまさきなまの「俺は強い」

完成したライン!

今回は、アタックラインの延長ドットラインも書いてもらいました!


ふじなまさきなまの「俺は強い」

ふじなまさきなまの「俺は強い」

全てのラインを引き終わった後に、全体をもう一度ニス(?)塗りして完成!


当然だけど、新品!新品!


ふじなまさきなまの「俺は強い」

窓際の 肋木の後ろだけ、削れずに以前の床が残っている。

こうやって見ると、如何に明るくなったかが如実にわかります!


昨日から中学女バレと高校バスケ部が練習を開始した。


バレー部は昨日はオフだったので、今日の放課後の練習から使用開始!



ふじなまさきなまの「俺は強い」

と、その前に、先週のうちにバレー部には、テニス部からもらったふるいボールで、

全てのベンチにプロテクターを装着させた!


こうやって今後は少しでも床に傷をつけないまま使って行かないとです!


ネットを巻くときに、急いでやるとハンドルを落とすんだよなぁ!


すごく心配!!

気をつけさせよう!!


ということで、体育館は使えるようになりました!

また練習試合などよろしくお願いします!



さ、今夜はこれから、1ヵ月ぶりにヴェルディの練習!


新しくなった床で、心機一転 頑張ります!!














いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2012年1月6日 TF恒例の初詣マラソン。


始めたのは 確か、99回生の時だったと思うので、

すでに23年くらいになるのだろうか。


毎年必ず走ってきた。


学校~伝通院(数年前から)~湯島天神~神田明神~

北野神社(牛天神)~今宮神社~カテドラル教会~護国寺~学校


10km!


今年も一緒にちゃんと走りましたよ! 年々きつくなってるのは確か。。。




ふじなまさきなまの「俺は強い」

今年は、出発前に豚汁の下ごしらえをやった。



で、女子は 9:50 俺は 9:55 男子は 10:00 出発。

男子は、女子に追いつけと、女子には俺に追いつかれるなと。


ふじなまさきなまの「俺は強い」

第一お参りポイントの 伝通院。

すぐ隣には、東京の強豪 淑徳SC が有るので、そこにもあやかってお参り!^^;


門が綺麗になりましたね!



ふじなまさきなまの「俺は強い」

中は、以前のまま。 静かで厳かな雰囲気が漂う。


ここに着く直前に、ここから次に向かう女子が見え、

ここを出ようとしたら、男子2名が現れた。


ふじなまさきなまの「俺は強い」

第二ポイントかつメインの 湯島天神 に到着。


2日に息子のために来たときは、お参りを諦めたほどの人混みでしたが、

今日は大丈夫でした。



ふじなまさきなまの「俺は強い」

例年通り、今年受験をする先輩たちの絵馬を奉納して記念撮影!


どうか、自分たちもしっかりと学べますように! ^^;




ふじなまさきなまの「俺は強い」

第三ポイントは 神田明神。


ここはどちらかと言うと商売繁盛なのか、サラリーマンが多い。

6日でも門前の屋台で昼から飲んでます。


ここでは毎年 勝守 を買います!


今年もよろしくお願いします!!

ふじなまさきなまの「俺は強い」


ここからは折り返す感じ。


ふじなまさきなまの「俺は強い」


毎年誰かが間違える 左折ポイント。

今年はマネージャー二人と、けがで走れないチャリの3人が迷子に。


左にドームホテルが見えたら左折!


ふじなまさきなまの「俺は強い」


みんなが遊んでいそうな後楽園ゆうえんちの間を通過。


ふじなまさきなまの「俺は強い」


ここも数年前に道路が新しくなってわかりにくくなった場所。

信号をよく見れば 牛天神下 って書いてある。

ここを左折。


ふじなまさきなまの「俺は強い」


で、次の信号を右折すると神社が有る。


ふじなまさきなまの「俺は強い」


長い階段を上ると神社が有ります。

その裏には、同じ附属の 大塚支援学校が有ります。


ふじなまさきなまの「俺は強い」

牛天神から走って江戸川橋の手前。

ここも大通りに出る前に路地を右折。


ふじなまさきなまの「俺は強い」


地元の氏神様。


ふじなまさきなまの「俺は強い」

ふじなまさきなまの「俺は強い」

学校の裏に位置する 今宮神社 です。

ふじなまさきなまの「俺は強い」


文京区役所から湯島に向かう上り坂に次ぐきつい登り!

高速の下をくぐって、カテドラルに向かいます。


ふじなまさきなまの「俺は強い」


神社、仏閣、教会。

まさに 八百万の神々 にご挨拶。 拙僧がないと怒られるかな。^^;

ふじなまさきなまの「俺は強い」

美しい建物。


ふじなまさきなまの「俺は強い」

さすがに教会内部には入れないので、

外に有るマリア様にご挨拶。


ふじなまさきなまの「俺は強い」


教会の塔とともに!!


ふじなまさきなまの「俺は強い」


最終目的地の 護国寺 到着。


ふじなまさきなまの「俺は強い」


都内でも有数の大きさなのではないでしょうか。

本堂も大きい。


ふじなまさきなまの「俺は強い」


先に学校に戻ってしまった1年男子二人と迷子になったチャリ3人を除いて記念撮影!



ふじなまさきなまの「俺は強い」


下ごしらえをしておいた 豚汁を完成させて 新年会 開始!


ふじなまさきなまの「俺は強い」


ふじなまさきなまの「俺は強い」


ふじなまさきなまの「俺は強い」


今年こそ、誰か卒業生が手伝いに来てくれると思っていたのに!!


ま、例年通り、無事に新年の練習はじめとなりました。


今年も TF がんばります!


今、体育館の床を直してます。

完成したら書きます。

途中の感じでは、以前より明るくなりました!

完成が楽しみです!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年最後の記事は、

51年間の人生で初めて覗いた映画制作現場の話です。


この歳になって、新たな世界を垣間見ることができ、

新鮮な方々との出会いがあったことを、とても感謝しています。


「桐島、部活やめるってよ」

 原作 朝井リョウ(集英社刊) 第22回小説すばる新人賞受賞作

 監督 吉田大八 脚本 喜安浩平 吉田大八


たしか10月くらいだったろうか、

東京ヴェルディを通じて、役者たちにバレーボールを指導してほしい、というお話が来た。


そりゃ、相手がどなたであれ、断る筋合いはない。喜んでお受けした。


詳しく聞いてみたら、上にかいた作品の映画化という話だった。


ヴェルディの練習会場に来て、隣のコートで練習することになった。


練習に来たのは3人の役者さん。

なんか、どっかで見たことがあるような…、と言う人もいたけど、

基本的には全く知らない若い男性3人。


緊張した面持ちの3人は、みんなバレー経験は無し。


11月末くらいから始まる撮影までに、そこそこバレーができるようにしてほしいと。


授業で週3回やっていけば、20回くらいでも試合になるが、

週1夜2時間かそこらで、映画の撮影に通用する技術が身につけられるだろうか。


安請け合いをしてしまったことに、少々後悔したが、当然お受けした以上はやらねばならぬ!


一番背の低い 太賀くん は、この3人の中ではメインとなりそうなリベロ役。

一番線の高い 鈴木くん は、エースアタッカーのキャプテン。

一番緊張していた 榎本くん は、セッター?


しかし、パスもできない3人。


太賀くんは、高校時代帰宅部。

鈴木くんは、中学時代野球部。

榎本くんは、高校時代バスケ部。


なんの癖もない太賀くん、野球で鍛えた(?)地肩の強い鈴木くん、

思いっきりバスケ動きの榎本くん。


とりあえず初日はオーバーパスから始めて、アンダーパス、アタックまでやった。


うちに来る前に、どこかの体育館で、自主練をしたけど、スタッフの方々から見てもどうにもならなかったのが、今日ここへ来て、ぐっと上達した!と言ってもらえて、とても気をよくした 単純な私。


翌日、原作本 を探しに、TF高校の図書館に行くと、ちゃんとあった。

読んだことがないのに、その映画化に携わるなんて、とても失礼に当たると思い、何はさておき、次の練習までに読んでみた。


おもしろい!


小説として読むだけなら、それでも良かったのだが今回は違った。


ちゃんとした試合のシーンがあるじゃないか!


おいおい、 あの3人、大丈夫か!?

この思いが強くなった。


何回か練習していくうちに、太賀くんはリベロ、鈴木くんもエースでキャプテンに決定。

ところが、榎本くんはセッターにするには、チト技量が…。


しかも原作本の通りなら、練習場面だけでなく試合もやらせなければ…あせる


とりあえず、ライトプレーヤーとして、センターエース鈴木くんの隣で位置してもらうことにした。


その後、さらに若い役者さんでバレー経験者を何人か連れてきていただき、彼らでチームを結成することとなったので一件落着とはなったのだが、まだまだ彼らで試合場面の映像を作れるとは思えなかった。


しかし、あとから集めてもらったメンバーも良かった!

東京都代表経験者、千葉県代表経験者などがいた!


すごいぞ!バレー部!!


これだけ、バレー離れが叫ばれているのに、役者として活動をしている(あるいは志している)若者の中に、これだけのバレー経験者がいたとは!

なんか、そのこともうれしかったりして。


で、なんと、その中の一人、東京代表経験者は、ヴェルディメンバーの一人と同級生だった!(同じ高校のバレー部!)


いやぁ、世間は狭い!


みんな、明るくて、一生懸命でとっても いい奴らばかりでした!



約1ヶ月の練習を元に、撮影地に乗り込んだ。


TFがちょうど修学旅行とうい日程と合わせて、自分も撮影地に行くことができた。


撮影はとても大変なものだと言うことを知った。

何回も何回も同じシーンを、カメラ位置を変えて撮り直す。


と言うことは、同じプレーを何回か、ちゃんと同じように再現できなければならないと言うことなのだ!

いくら上達したとはいえ、現地に来てまた心配になった。


でも彼らはすごかった! プロですよ! プロ!


・・・・・


少し前に戻るのですが、原作本を読んだ後、

役者である彼らのことも気になったので、

ちゃんと名前を聞いてみた。

 

で、ある日、なにげに録画してあった NHK大河ドラマ「江」を、

オープニングから見ていたら、


「豊臣秀頼 太賀」


「あっ!太賀くんじゃないか!」


録画を巻き戻して再び名前を見た。やはりそうだ。

次はストーリーなんていいから秀頼の場面まで早送りした。


「太賀だぁ=!」

家人は何のことかと、驚いている。 で、説明。


次に慌ててネットで検索


 太賀 スターダストプロモーション


すごい奴だったんだ!

どうりでなんか見たことあるかな、と、思ったわけだ。

コードブルーにも出てた!

おや、しかも 中野英雄 さん の息子じゃないか。

(中野さんのブログに行くと、いきなり中野さんの素敵な!写真が目の前に現れるので心して飛んでください!)^^;


さらに慌てて、ほかの二人も検索!


 鈴木伸之 劇団EXILE 


なにぃ~~! EXILE !

HPの写真はキモイけど ( ごめん!>本人+ファンの皆様 A=´、`=)ゞ )

確かに鈴木だ!


 榎本功 お笑いオールドモンク 


あ、リンクがない。。。汗


資料によれば、

●オールドモンク(目黒笑売塾9期生)冨士田のブログ
冨士田
榎本


と言うことで、相方のブログにでも行ってください。 (#⌒∇⌒#)ゞ

でも、M-1の予選から何回戦かまで、勝ち上がってるとか。


と、実は、こんなにすごい連中だったんですね。


ま、まだまだなのかもしれませんが、今後は彼らの一ファンとして

期待して見守っていこうと思います!


・・・・・


さて、撮影。


暖かいと言われる県内で撮影されたのですが、さすがに11月末となれば寒いあせる

しかし当然バレー部ですから撮影は練習着やユニフォーム姿。


寒いのに加えて、練習場面では、主将がリベロに向かった台上レシーブを鬼のように打つシーンが有って。。。

(ま、俺が「これなら彼らもできます!」って言っちゃったってのも有るんだけど。^^;)


約1ヶ月ほど前まではバレーをやったこともない彼らが、台上から何十本打ち、何十本拾うことになったのだろう。

監督がリアルさを期待していることもわかっていたし、自分でも中途半端なプレーしかできていないバレー部の映画なんて見たくないから、かわいそうだったけど、打つ方には、「風助(役名)の顔面に当たろうと構わないから、怒った主将として本気で打て!」 と言い、 リベロの風助には 「リベロなら本気でぶつかって行け!」 と行ってしまった。。。。(ごめんねぇ。。)


丸一日かけた撮影が終わる頃には、リベロの腕がどうにかなってしまうんじゃないかと心配しました。

 

が、エースも肩や手のひらをパンパンにして終了。

(台上を打ったことのあるコーチならわかりますよね。^^;)

リベロくんのためには、氷を用意してもらって、すぐに冷やさせたり。


照明さん、カメラさん、記録さん、監督さん、助監督さん。

プロの現場には、それぞれのプロがひしめき合って、

独特の雰囲気を醸しだしており、

そこに、場違いのように飛び込ませてもらった自分がいる。


刺激を受けない訳がない!


とても楽しい、貴重な経験をさせていただきました。



2日目の夜は、現地で医師として働いていた卒業生と酒を飲み、

さらに、試合場面の撮影が行われる12月4日にも現地入りすることを決定。


監督さんも来ることを喜んでくれたし、

何よりも、もはや自分にとって 生徒 であり、 バレー部員 と化した彼らが喜んでくれたことがうれしかった!


3日の夜に現地に行き、前回訪れた際に知り合って、ちょっと観光案内などをしていただいた先生と一杯やれたのも良かった。 ^^v



試合場面の撮影も無事に終わった。


ヴェルディに同級生がいた彼は、相手チームのエースとなり、

リベロの風助から最後の1点をもぎ取り、試合を終わらせた。



自分にとっては、夢のような時間だった。

一教師としてだけでは経験できない世界。

そこに関わるすべての人たちの情熱と、その姿。


刺激されないはずがない。


はたして、自分はプロとして、「プロの教師です!」と言えるのか?


言えなければ給料をもらっている資格はない。


そんなことまで考えさせられた。



来年 2012年の夏 公開


待ち遠しい!


「桐島、部活やめるってよ」


ちなみに、映画の主演は「映画部」の 神木隆之介くん  です! ^^;



でもね、

俺の中では 断固として 太賀だし、ノブだし、イッサだから!


みなさん!お楽しみに!


俺が映るかって? それもお楽しみに! ? ^^;


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回の日記が10月20日。

あっという間に、1ヵ月が過ぎてしまう。


あれ以降いろんなことがあったけど、

そのいくつかを。


まずは、23日にTF高校バレー部のOBOG会。

毎年「孫」が来てくれるのだが、成長の速さに驚き、じぃじとしては ^^; 嬉しい。


来てくれると いきなり 


「こないだは、楽しかったね!」

キミ、いつから日本語がしゃべれるようになったの!?


OBOG会の試合はそっちのけで、ずっと一緒に遊んでました!^^;


ふじなまさきなまの「俺は強い」

実のわが子が同じようにここに登ってたのも、ついこの間のような気がするのだけど、

その息子もすでに高3!

来春は 受験ですよ。。。

ふじなまさきなまの「俺は強い」

生徒から見たら 「おじいちゃま」 以上(?)の大先輩も来てくださり、

昔話に花を咲かせつつ、現役生徒たちには、良い勉強となる素敵な日。

いつまでもこのような会を大切にしてゆきたいと思います!

来年もよろしくお願いします!!




さて、10月29日。

午前中、某高校に練習試合に行った後、

奥様と待ち合わせて、等々力渓谷へ。


ふじなまさきなまの「俺は強い」

数年前から、山ガール と化した奥様は、

休みを見つけては山などに歩きに行きたくて仕方がない。

のだが、俺の休みはほとんどない。

だから今回は、練習試合相手の学校から比較的近場で歩ける場所を選んで行きました。




ふじなまさきなまの「俺は強い」


紅葉はまだまだだったけど、なかなかのんびりと散策出来た。


ふじなまさきなまの「俺は強い」

日ごろの行いが良いから、天気にも恵まれて、多摩川沿いは快適でした。


ふじなまさきなまの「俺は強い」

ニコ多摩周辺は、いつの間にか(って、ほとんど行ったことがないのだが。^^;)、

ものすごく開発が進んでて、ビックリした。

いやぁ、板橋区、文京区から離れないから、世間に疎くなってますわ。


比較的早めに戻ってきて、

ときわ台駅近くで銭湯に行き、

やはり近くで焼き鳥を食うことにした。


4時半を少し過ぎた頃だったので、いつも行ってた焼き鳥やは開店前。


仕方なく、少し前にできた 串焼き場チャコ  に、ふらっと入ってみた。

ふじなまさきなまの「俺は強い」


したら、 大当たり! 


ときわ台でこんなに美味い焼き鳥が食えるのか! というくらいでした!

ふじなまさきなまの「俺は強い」

ま、このだいこんは、出てきた大根に乗せられてたとろろこぶの形状に、

イマジネーションを刺激されたらしい奥さんが辛子で目と口を書いたものだけど、

いろんな食べ物が全部美味かった!


ふじなまさきなまの「俺は強い」

焼き鳥は、食い散らかす前に写真撮れば良かったっすね。


ふじなまさきなまの「俺は強い」

若くて気さくな店長と、イケメンの店員が一人。


ふじなまさきなまの「俺は強い」

もう一人の店員は、まぁ、イケメンではないけれど、

面白い奴!


3人すごく良いコンビでやっていましたね。


もはやお気に入りのお店です!



ふじなまさきなまの「俺は強い」

子連れのお客さんも来ていましたし、それほど大きくないお店ですが、

結構な人数のお客さんが来てました。


この年になって、

ようやく地元になじみになれそうな焼鳥屋を見つけました!


近くにTFの先生たちも結構住んでいるから、

そのうちみんなを連れてきてあげようと思います。



さて、本当は 一番大事な 生徒の新人戦も 終わりました。

それはまた次回。


そしてもう一つ!

まだ発表できない 面白い話題も!

それは その筋 から、公表しても構わないよ! とのお許しが出てから書きます!

お楽しみに!!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

その2は、9月後半戦です。


人間ドック、練馬区中村南のバレー教室が終わり、

連休3日間は、久々TFの練習試合。

いやぁ、まだまだ×8 くらいですね。

ま、でも伸びしろは限りなくあると思えば、楽しみになる!



さて、23からはヴェルディの合宿@六日町でした。


ちょうどこの夏、TFで合宿に行ってきた場所。

宿泊した宿と体育館は違ったけど、ほとんど同じ場所。


ふじなまさきなまの「俺は強い」

使わせていただいた体育館は、FIVBバレーボールアカデミーの体育館。

TFで夏合宿に来ていたときは、コーチセミナーをやっていて、

思いがけず、大先生方とお会いすることが出来た。



ふじなまさきなまの「俺は強い」

初秋と言ってもいいような気候。

空は澄んで青く高く、合宿に来る場所って、いつもいい場所。


観光でくるべきだな。


ふじなまさきなまの「俺は強い」

TF合宿で生徒たちが肝試しをしていた お松の池。

なんか、夏よりムードが増していたような。。。

ま、大人相手に肝試しなどはやりませんが。 (*^o^*)



ふじなまさきなまの「俺は強い」

お世話になった旅館。

24時間温泉!最高!


ふじなまさきなまの「俺は強い」

初日は午後からですが、しっかりと練習!(当たり前か!)

ふじなまもこの日のために、50肩を針で強制的に治療し、

久しぶりにフジウメンを頑張りました。

が、それだけで、終了。。。ち~ん。。あせる


ふじなまさきなまの「俺は強い」

夕ご飯。

こいつら、どんだけ食べるんだ! と思いきや、意外と食べない。

TFの生徒は、「男子は俺+1杯、女子は=俺」分のおかわりをしなければならない。

今回、自分はあまり動けないから抑えたけど、俺より食べない奴もいたみたい。

それでは身体は作れないよぉ。。。

ま、夜のトレーニングもあるからか。。。(TFだって一緒じゃい。)


しかし六日町! 

米が美味いのなんのって!

実はおかわりを我慢するのは辛かったふじなまでした。(減量!)


ふじなまさきなまの「俺は強い」

ということで、

夜の練習はトレーニング中心!



ふじなまさきなまの「俺は強い」

で、夜の練習後は、お風呂に入って、

老いも若きも揃って乾杯!!

普段、職場も違い、練習でしか顔を合わせることのない我がチームにとって、こういったコミュニケーションの機会は大切ですね。

いろんなメンバーのいろんな姿が見られるのは

おもしろかったです。^^v




ふじなまさきなまの「俺は強い」

眠い目をこすりながら、翌朝は池の周りをぐるっと1周お散歩。

今日もお世話になる体育館のすぐ横も通りました。

黄色い屋根でした。



ふじなまさきなまの「俺は強い」

左奥が六日町スキー場。

経営がきびしそうで、大変みたいです。

7月末の豪雨ではスキー場の下の方も崩れました。

スキー場、賑わってほしいです。。。


夏と違って、秋色に変わった田んぼも美しい。



ふじなまさきなまの「俺は強い」

ススキも早めの秋を感じさせてくれました。

さすがに上下ジャージがあって良かった。

ふじなまさきなまの「俺は強い」

昨晩から合流したメンバーも加わり、2面をフルに使っての練習。

ふじなまさきなまの「俺は強い」

明日、最終日には地元 新潟教員と練習試合があるため、

チーム形式の練習もやりました。

やっぱり、人数がいると盛り上がります!


ふじなまさきなまの「俺は強い」

ぺナルティのアザラシ1周!

なかなか、キツイようでした。^^;


私はこの日、午後の練習が終わると同時に帰京。

午後最後の打ち込みは、かなりきつかったようですが、

試合に向けて大いに意義ある合宿になったようです。



さて、一足お先に戻ったふじなまは、

翌25日、大学時代の先輩が主催する柏のスポーツクラブ「スマイルクラブ」とのコラボで、

一般女子9人制の練習試合会をやりました。

関東の強豪も含めた6チームが集まりました。

ふじなまさきなまの「俺は強い」

ヴェルディのイベントにはいつもスポンサー協力してくださる


 城北麺工(株)  様が、


今回も大々的に協力してくださいました!


ふじなまさきなまの「俺は強い」

ただの練習試合だと思って集まってくれた各チームのメンバーも

思わぬ大プレゼントに大喜び!

群がるようにして持ち帰ってくれました!

大学生チームは、重さにもめげず、段ボールごと持って行ってくれたようです!^^;

みんなしばらくは食に困らないですね!(*^ー^)ノ



ふじなまさきなまの「俺は強い」
そういえば、先週末行ってきた山形にも、同じ製品が並んでました!

これは駅ビルですが、天童の道の駅でも見かけました。

なんだか、身内に会えたようで嬉しくて、写メっちゃいました。^^;


実は、今日のお昼もこのラーメン だったりして。。。 ^^v


城北麺工(株) さま、本当にありがとうございました!!



練習試合の方はと言えば、



ふじなまさきなまの「俺は強い」


メンバーが足りなくなったチームがあったおかげで、

ひっさびさにプレーしちゃいました!


が、ごらんのとおりのありさまで、 情けない。。。


助っ人したチームのメンバーからは、

「今年度、一番笑わせてもらいました!」だと。。。


そ、盛り上げ役を買って出たんですよ!!

9人制は、それが大事なんです!

そ、特にバックはね!

身を持って教えてあげた次第です! 汗



そんなこんなで9月も終了。


TFは前期末試験に突入し、

10月も1日は午後からヴェルディの練習をして、

2日は午前中、稲城市市民大会9人制女子バレーボール大会を見学、あいさつに行き、

午後は戻って 文京区スポーツセンター でバレーボール教室。


8日の午後から法事で山形へ行き、3連休を過ごしてきました。


そういえば、その時に食べた 蕎麦屋のラーメンが美味かった!!

ふじなまさきなまの「俺は強い」


天童温泉にある 水車そば  というお店のラーメン!


知らなかったが有名らしい。

蕎麦屋なのに、家族7人で行って、5人がラーメン!一人がうどんで、そばが一人。

蕎麦屋としては???なのかもしれないが、周りもみんなラーメンって感じ。


味は有名なだけある!

そばつゆと中華そばのハーフって感じのスープに

佐野ラーメンをもう少ししっかりさせたような麺。


いやぁ、久々に おいしいラーメンを食べました!


この日から、翌日も法事で大食い。

温泉にも入り、のんびり出来ましたが、ちょっと食べすぎ。。。

最終日には、山形にいる大学時代の同級生とまたまたラーメンを食べて帰ってきました。

南高のそばの金ちゃんラーメン


これまた美味かった!!


山形って、ラーメン消費量 日本一 らしいですね。



帰京した日から、ダイエットのことを本気で考えた。


TF下のコクリコのマスターから ダイエットに良いとされる ターメリック をいただいてあったので、

それを飲み、

さらに、黒ウーロン茶とヘルシアウォーターをネットで購入!!


ダイエット月間に決定! 10~11月!!


宣言しちゃいました!


ま、でも、過去にもこの時期、ダイエットに成功した経験がある!

その時はがっつり走りました。!


今回は、ターメリック+黒ウーロン茶+ヘルシア+ランニング!


吉と出るか、凶と出るか!



さ、今日もこの後、ヴェルディの練習です。

俺は走ります!



TFは明日、後期始業式。


ですぐに、明日から2日間 スポーツ大会!!


生徒ばかり動くのではなく、俺も頑張って動かなきゃ!!



食欲の秋に勝て!スポーツの秋!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎年、9月はあっという間に過ぎ去る。


今年も例外なく、今日はすでに10月11日。


例年、夏休み明けのドタバタから学校行事と、一気に駆け抜けるように9月が終わる。


今年はそれに加えて、ヴェルディバレー教室やヴェルディ合宿、ヴェルディ共催のバレーボール大会があったからなおさら。


その辺をまとめてみたい。


まずは9月3日に、東久留米市でバレー教室。


ふじなまさきなまの「俺は強い」
このときは、受講生の中に 卒業以来会っていなかったTFバレー部の卒業生がいてビックリ!!

ま、ママさんになってもバレーを続けていてくれたってのは嬉しい限りですよね!


こんど、練習に行ってあげなきゃ!!^^;


翌週のっ文化祭を挟んで、土曜日は人間ドック。

毎年、一つだけいやな診察があるのだが、また今年も。。。

女医さんなんだよねぇ。。。

胃カメラは大丈夫なのだが、女医さんに、その反対。。。。辛い。。。 ^^; 

女医さんにとっても。。。お互いさまということで。 チーン。。。。


ドックの翌日は、練馬区でバレー教室。


ふじなまさきなまの「俺は強い」


ここには教え子はいなかったけど、

ふじなまさきなまの「俺は強い」


練馬区の体育館は、あえて

体育館を駅から遠いところに立てているのだそうだ。

なぜならばそれは、

より地域の人たちに利用してほしいから!

ふじなまさきなまの「俺は強い」


なんでも駅に近ければよいと思っていた目からウロコ!

駅から近いと、電車でよそからやってきた人たちでいっぱいになってしまうのだとか。

逆に駅から遠いと、近所の人がチャリや徒歩でやってきて使ってくれると。


考えてますねぇ、練馬区!さすがです。

そのため、講師となったヴェルディの選手たちはちょっと大変だったみたいだけど、

私は自宅からチャリで30分自転車

近くて助かりました!!



次の週は、23からの連休を利用して、ヴェルディバレーの合宿と、

一般女子9人制のミニ大会(?)を開催。


その模様は、また次回。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

何年かぶりにすさまじい台風の直撃だった。


風で家が揺れるのを感じ、屋上にあるものが飛ばないことをひたすら祈っていた。



夜が明けて、車に行った。

ふじなまさきなまの「俺は強い」

ここまでは気が回らなかった。

不幸中の幸い。

あと1m足らずで助かった。


願わくば、すっぽりと白線の上に倒れてくれて、どの車も無事であれば良かったのだが。。。。


同じような不安を抱えて学校に来ると、


ふじなまさきなまの「俺は強い」


プールの脇の大きな桐の木が根こそぎ倒れていた。



ふじなまさきなまの「俺は強い」


昨年新築されたプールの更衣室に倒れたが、

幸い建物は無傷。

以前の建物だったら、ぺちゃんこだったろう。


その他、学校中が折れた枝と葉だらけになり、

銀杏も山のように落ちていた。

今日1日では片付けられない。


しかし、こんなもので済んでいる。

日本中、もっともっと大変なことになっているところが多い。

今年の日本は、なんかおかしい。

最近ハマっているテンペスト ではないが、

龍が目覚めてしまったのだろうか。。。


明日から、ヴェルディの合宿で六日町に行く。

偶然にも、この夏TFで合宿に行った場所だ。


7月末の豪雨で大変な被害があった。

今回の台風は、大丈夫だったのだろうか。


龍の子が落ち着き、日本中が災害から守られ、静かな日本になりますように!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。