95年のナトリウム漏れ事故後停止している高速増殖炉「もんじゅ」(福井県)について、全国の原子力工学の専門家ら33人は31日、運転再開に反対する緊急声明を発表し、民主、社民両党に提出した。

 声明では、もんじゅは14年以上停止したままで腐食などの点検が不十分▽高速増殖炉の将来像が変更され、実用化につながる技術開発の実益に乏しい▽高速増殖炉は経済的に成り立つ見通しがなく、欧米諸国が撤退した技術。核兵器に適した高純度のプルトニウムが容易に生産できる--と指摘している。

 呼びかけ人の小林圭二・元京都大原子炉実験所講師(原子力工学)は「実現性のない技術開発に巨額の税金投入は許されない」と話している。【山田大輔】

【関連ニュース】
もんじゅ:耐震性問題なし 原子力安全委
もんじゅ:地震での重大な影響なし 原子力保安院作業会合
高速増殖炉「もんじゅ」
もんじゅ:耐震性、問題なし 原子力安全委が最終評価
もんじゅ:耐震性承認--原子力保安院

単独犯?混入時期も不明…毒ギョーザ事件(読売新聞)
高橋が金メダル 母校・関大も熱狂、感涙(産経新聞)
【ファッション・ナビ】2010年春夏神戸コレクション(産経新聞)
足利事件に関する警察庁報告書の概要(読売新聞)
足利事件の影響 裁判所の証拠検討より慎重に(産経新聞)
AD