地盤調査


◼︎標準貫入試験

•地盤の硬さを示す指標→N値を得られる。
•数字が大きいほど、地盤は硬く締まっている。

•ロッド(鉄管)の先にサンプラーをつけて、重さ63.5kgのハンマーを75cmの高さから自由落下させる。
サンプラーが30cm地面に貫入するのに必要な打撃回数→N値→大きな建物でよく使用する。

•長期に生ずる力に対する地盤の許容応力度qaの求め方

•地耐力の測定開始位置は、1.15m~1.45m、2.15m~2.45m。
1.00m毎の30cm貫入打撃回数を記録する。
表層は測定しない。



◼︎スウェーデン式サウンディング試験(SWS)
•先端がキリ状態になっているスクリューポイントを取り付けたロットに、荷重をかけて地面にねじ込み、25cmねじ込むのに何回転させたのかを測定。

•長期に生ずる力に対する地盤の許容応力度qaの求め方

•地耐力の測定開始位置は0~0.25m
0.25mごとのロットの半回転数を記録。



(≧∪≦)ノ+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


1級建築士合格するので、応援してください!!!
よい勉強の進み具合だ。。。と、思われたら、ポチっとしてください!





資格受験 ブログランキングへ


建築学 ブログランキングへ


インテリアコーディネート ブログランキングへ


資格(建築士) ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 民間試験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村
AD