殺人罪などで起訴された男性被告に対する裁判員裁判の判決で、水戸地裁(根本渉裁判長)は28日、殺人罪の成立を認めず、傷害致死罪を適用し、被告に懲役8年(求刑懲役15年)を言い渡した。
 最高検のまとめでは、裁判員裁判で起訴罪名より軽い罪が適用されたケースは過去3件あるが、殺人罪の成立が認められなかったのは初とみられる。 

「岡本ホテル」 預託金数億円が使途不明 出資法違反容疑で捜索(産経新聞)
郵便不正 弁護側「異例の判断」 検察側は敗北感にじませ(毎日新聞)
SS元船長「もう妨害活動しないと思う」(読売新聞)
外交文書30年で原則公開、廃棄・非公開は新委員会で決定(産経新聞)
<老齢加算廃止>2審も「合憲」判断 東京高裁(毎日新聞)
AD