5日正午ごろ、愛媛県内子町平岡の小田川河川敷で行われていた「いかざき大凧(たこ)合戦」(同実行委員会など主催)で、呼び物の「100畳大凧揚げ」の際に横12.5メートル、縦14.4メートルの大凧が風にあおられて露店を直撃し、観光客の女性1人が左手に軽傷を負った。県警大洲署が、業務上過失傷害容疑の可能性もあるとして調べている。

 大凧は重さ約100キロ。クレーンでつり上げ、正午ごろ、地元中学生ら約100人がロープを引っ張り1メートルほど舞い上がったが、すぐに風にあおられて横転した。松山地方気象台によると、事故当時は最大瞬間風速が10メートルを超えていた。

 軽傷を負った同県大洲市の女性は、「子供を守ろうと左手を出したら凧に当たった」と驚いていた。

 約400年の歴史があるとされる大凧揚げは毎年「こどもの日」に行われ、この日の観客は4万2000人。風が弱く揚がらない年も少なくないが、今年は「10年ぶりの凧揚げ日和」(同実行委)だった。【門田修一】

【関連ニュース】
交通事故:山陽道で3台衝突 1人死亡2人けが…山口
交通事故:バイクと乗用車が衝突 15歳の少女死亡…石川
山陽道:8台絡む追突で3台炎上 3人が死亡 兵庫・姫路
交通事故:76歳男逮捕 女性2人はね死なせた疑い 奈良
シニアカー:事故ご用心 歩行者に追突、加害者に

首相動静(5月10日)(時事通信)
富士ソフト元課長代理を逮捕=2700万円背任容疑-大阪府警(時事通信)
制御棒挿入の手順書改訂=もんじゅ操作ミス問題-原子力機構(時事通信)
もんじゅ 検査終了 6日に原子炉を起動、運転再開へ(毎日新聞)
花田勝氏設立のちゃんこ店破産=負債約5億円-帝国データ(時事通信)
AD