2010-06-30

道路は無料が当たり前。道路利権をぶっつぶせ!

テーマ:ブログ

6/30(水) 今週月曜日から、実はひっそりと高速道路の無料化が始まっている。どこも、田舎の路線で、ほとんど利用者の少ない道路ばっかり。。。こんなところ、無料にしてもらってもねぇ。。。国民の何パーセントが恩恵を受けられるかというデータを取って見たらよい。恐らく経済波及効果なんて、恐ろしく低い・・・と思うからね。。。

 以前にも書いたが、私は国の資産である高速道路の料金を取らないようにするのに、なんで、道路会社に国が「料金」という名目で、金を支払ってやる意味があるのか・・・全然、理解できないのやね。。。国の物を国民が利用するのに、なんで我々の公金から天下りの多い道路会社へ、料金相当分の金を支払ってやらねばならないのか・・・。私には、さっぱり、解らへん。。。タダでええやんか。無料で。。。

 国民共有の財産である高速道路をある特定の道路会社にだけ、儲かるように、仕組んで置いて、独占的に使わせる。。。そんな意味が本当にあるか。。。これ、しっかり議論すべきやね。。。道路業者から、いったいいくらリース代を支払ってもらっているのか。。。この際、ハッキリさせるべきやと思うのやね。。。

 私は、今回の、高速道路の無料化っていうものの、本当の目的は、道路族や国交省からの天下り場所をぶっつぶすことやと思うのやね。。。道路の料金っていのは、かなり儲かるもので、それで、けっこうな人たちが、高給を取れてしまう構造にあるのやね。。。

 私は国民の財産である道路を使って集めたお金というのは、極めて公的な意味合いの強いお金やと思うのや。。。ところが、この金。。。道路会社が自分たちの給料やら、高すぎる道路の保守料。好き放題に使って、その残りをやっと、道路の建設に使った借金の返済にしておる。。。

 その使い方が、本当に無駄はないか。高すぎる人件費は無いか・・・なんて、誰も気にしてない。。。ここが大問題なのやね。。。

 JRや日航、専売公社や製鉄会社。国営から民営にして、成功した例は多いけど、もともと国民の資産である道路のようなものを、民営化の名の下に、ほんとうに民間会社のものにしてしまうことに、私は素朴な疑問を持つのやね。。。国営でええやんか、道路は。。。

 道は、国民が移動するための大事な物。一部の民間企業の独占物にしてしまったら、国民の移動の自由を阻害することにもなりかねない。。。橋やトンネルが有料であるために、その道路の利用者がわざわざそれを迂回して通る。。。こんな馬鹿げた話はないわな。。。

 四国と本州を結ぶ橋かて、私は本来、真っ先に無料にすべきものやと思うのやね。。。四国に生まれた人が、圧倒的に不利なのやから、その大きな不利益を解消するために瀬戸大橋や明石海峡大橋などを国がお金を出して作った。。。それが当然やんか。。。それこそ公平やで。。。

 今の道路を巡る論議っていのは、完全にダブルスタンダードになっていて、本四架橋はまだ元が取れてないたらダメ。。。1964年にオープンして、1994年にとっくに償還が終わった名神高速道路は、交通量が多いから、無料にしないって。。。そんな詐欺みたいなことを国がしてええものなのかね。。。

 私は、何も出来たばっかりの新名神までただにせえとはね言わないわ。。。今まで、コツコツと支払ってきた名神の高速料。1994年以降は、国がボロ儲けになっとるやんか。。。これを吐き出せ・・・って言っているのや。。。

 古い名神は無料にして、新名神は有料。ただし、償還が済んだら、無料にして、将来は道路会社は解散。新しい道路だけ、もとが取れるまで有料で続ける。。。そのやり方で、何があかんのか・・・。これを聞きたいんや・・・。まさしく、受益者負担そのもの。。。名神の儲けを北海道や宮崎の高速建設費に使ってもらうのが、我々は納得出来ないのや・・・って言っているだけなのやね。。。フェアやないから。。。

 いま、道路会社は生き残りのために必死になってETCを整備しとる。高い金をかけて整備したら、いつまでも料金を取り続ける今の体制が続けられると信じているのやね。。。つまり、利権の囲い込みや。。。私は、これを許したらアカンと思うのやね。。。

 これから高速はどんどん無料化される。無料になったら、ETCそのものまで何の意味も無くなる。無駄な料金所やETC受信機のために、恐ろしい公金がまた湯水のように使われている現状。。。これを早く止めささないとアカン。。。

 日本は道路に金をかけすぎ。。。そんなに金をかけられるのやったら、それをやめて料金をしっかり下るなり、無料化を拡げるなりすべきや。。。高速無料になったら、渋滞で、道が混む・・だから反対という人。。。いつまでもそんな了見でいていたら、我々は道路会社に搾取され続けないとアカンという現実から、目を背けさせているだけやっていうことに気づかんとあかんのや。。。

道が混むのやったら、税金で車線を拡げたらええだけのことやんか・・・。そもそもその路線にそれだけ需要があったのやから、将来のことも考えて、有用な投資は続けてもらわんとあかん。。。外国のフリーウェイ見てみ。。。混む時間帯もあるけど、みんなが自由に高速道路を無料で使える経済効果を満喫しているで。。。

人が持っている時間というものは、あと何年生きるかにもよるけど、死ぬまでの時間がその人の持っている一生の時間や。。。つまり、高速道路を使って早く移動が出来るということは、それだけ、自分のいのちにも近い時間というものが、節約出来て、無駄に使われずに済むということ。

逆に渋滞に巻き込まれたら、自分の命に近い時間というものが、無駄に削られるっていうこと。。。国が国民の命を税金で守るっていうことは、最も大切な国の仕事の一つやと、私は思うのや。。。

そう、思ったら、国民の幸せが最大限になるように国が有料道路を無料開放すること。。。この意義や、幸せ度のアップは、大きいと思うのや。。。道路会社解体。高速の料金所全廃。一日も早く、その日が来て欲しいものやね。。。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

eehoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

1 ■税金バラマキ民主党に期待できない

民主党が集票策として言い出した高速道路無料化。
全国的に実施すると、毎年2.5兆円の財源が必要となる。
そのバラマキの財源確保のために、民主党は消費税を10%に増税する。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。