everSoL様から弊社へのご感想を頂きました。
http://www.eversol.co.jp/user_data/edocco.php

集丸株式会社様の制作事例で、弊社のHPが紹介されました。
http://atmr.co.jp/%E6%9C%89%E9%99%90%E4%BC%9A%E7%A4%BEEdocco.html

entrepediaに弊社の情報を掲載いたしました。
http://entrepedia.jp/companies/A-28387

業務用飲食の通販サイト一覧で弊社(edocco市場「極」)が紹介されました。
https://matome.naver.jp/odai/2147185739939183301

Bizloopに弊社の情報を掲載いたしました。
http://e725267.bizloop.jp/

無料求人サイト Freeに弊社の求人情報を掲載しました。
http://www.onecoin.co.jp/free/detail.html?id=00040141

AD

豊洲は移転、築地は再開発

テーマ:

もめに揉めていた、築地移転問題に終止符が打たれました。小池百合子都知事は20日、緊急の記者会見を開き、市場を豊洲に移転し、築地はテーマパークなどの再開発を行う方針を打ち出しました。

中央卸売市場を豊洲に移転する基本方針を表明した。一方、築地市場は「築地ブランドを守っていく」として、5年後をめどに市場機能を残した「食のテーマパーク」とする再開発を想定。築地に戻ることを希望する仲卸などの業者を支援し、豊洲・築地の両立を目指すとした。

出典:産経ニュース

 

豊洲に一方的に移転するわけでもなく、築地だけにフォーカスするわけでもなく、利害関係者にとって最善の選択だったと思われます。

 

築地には、食のテーマパークを開発するそうですが、実は、雑然とした雰囲気の中に築地のブランド力の秘密があるようにも思えます。それは、ドンキホーテと一緒です。陳列を整然とするのではなく、敢えて、雑然とした雰囲気、陳列を作ることによって、店内を探す楽しみをベネフィットに加えたところにドンキのコンセプトがあります。同じように、築地のブランド力を生かすには、古き良き風情を生かした開発を期待します。

 

市場は、豊洲に移転すると決まった以上は、仲卸、仕入れ、その他の利害関係者にとって最高の環境が整うことを願うばかりです。

 

AD

みやぎの鮭がブランドとして確立し、5月26日付で農林水産省の地理的表示保護制度(GI)に登録されました。

 

「開始宣言」は石巻、女川、南三陸の3港が行い、石巻港では入札前の午前7時から協議会委員の須能邦雄石巻魚市場社長が「ブランド化に取り組んできた『みやぎサーモン』が念願のGI登録を果たした。優れた品質の証明であり、自信をもって売り込んでほしい」などと呼び掛けた。

https://goo.gl/vVBp38

 

東北の魚介類は、今もなお、風評被害に悩まされていると報道されていました。このような状況の中、鮭をブランド化して、品質の高さと安全性をアピールするのは東北の復興にも関わることであり、とても意義のあることだと思います。

 

牛の場合は、松坂牛や神戸牛など、有名ブランドがありますが、このように、トップブランドまでそだてあげることができれば、風評被害を超えて、需要が喚起されると思います。いずれにせよ、今後のアピールとブランド確立を見守りたいと思います。

AD