2012-03-01 09:32:42

プロフィールの書き方、ライターとしての順番

テーマ:ライティングの話
インタビューした内容を書く、のが基本。
でもライターそれぞれでやり方は違うのかな。

参考のために丘村のやり方をご紹介します。

話を聞いたあと、
聞き手に残っている話し手の印象がありますよね。
「何を話したか」というよりも、
その人が何を大事にしていたのかとか、
どの話に力が入っていたか、など。

テープ起こしをした文字列を見てもわからない、
対面した人だけがわかる空気。
これを忘れないうちに一度規定文字数まで書きます。

丘村のフィルターがMAXにきいていて、
まあ丘村主観100%な文章ができあがります。
第一印象から作った文章というか。

これを加工していきます。

まずレコーダーの内容、メモした内容を見直します。
そうすると主観からは抜け落ちていたエピソードや
相手が力を入れていた箇所が客観的に見えます。

ああ、この項目も入れないとなあと思って、
文の流れの中で自然に差し込めるところを探します。

そのときに読者が読む順番、理解の順番を見直して
ブロックごと前後を入れ替えることも。

再びレコーダーの内容、メモした内容を見直します。
日を替えて読むとまた新しい発見があるんですね。
書いた原稿も次の日に「んー」と思う場所が出ます。

気づいた場所を少しずつ補正していく。

繰り返していってだんだんすんなり読める文章になり
完成です。

規定文字を埋めるのは、正直かなり簡単なことです。
ただ、どう書くか。何を書くか。
そこでライターごとの違いが出てくるんでしょうね。


プロフィール作成を依頼する方はこちら
http://edi-labo.com/profile.html


コメント

[コメントをする]

1 ■なるほど~

インタビューを大事にされている丘村さんだから「思い」の伝わる文章になるんですね!
文は熱いうちに書け!そして見直しが大事ってとこでしょうか?

2 ■笑顔の聞き上手リンパスッキリセラピスト道岡キョウコさん>Re:なるほど~

>笑顔の聞き上手リンパスッキリセラピスト道岡キョウコさん

コメントありがとうございます~^^
直後が面白く書けると思いますよ−。
録音していたら聞いた直後でもかなり温度が高めになります♪

で、醒めた目でもう一度見るという。

コメント投稿