エディファミリー ユニオンのブログ

茨城県水戸市に本社を構える株式会社エディファミリー労働組合です。

≪最近の重要トピックス≫

 1月15日:会社関与の勧誘活動は「ゼロ・リセット」に!全社員へ「誓約書」郵送実施

■ 3月30日:残業代問題で会社との協定書に調印(東京霞が関)、16名和解成立。

■ 4月11日:第2回支部大会開催。エディファミリー第51期に向けての要求書を会社提出
≪直近スケジュール≫

 8月22日:【事務折衝(東京:午後)】未払残業代、休憩時間内残業、不当賃金格差、他

 9月 1日:【団体交渉(水戸:午後)】51期要求書の内の継続議案、不適切発言・社内相談窓口、他

≪ユニオン通信バックナンバー≫以下、PDFファイルでダウンロードできます
 H28年1月発行:【第4号】転換期を迎えるエディファミリー/第12回 団体交渉報告
 H27年9月発行:【第3号】役員の作った労働組合「不当勧誘開始」(中面ポスター付き)


テーマ:

 11月14日にユニオン組合は冬季賞与の支給月数を0.8ヶ月以上とする要求を行い、会社は同月17日に0.6ヶ月を1次回答としておりましたが、続く29日の事務折衝を経て、昨日30日の団体交渉で次の回答をされました。

 

≪支給月数≫
□組合要求:0.8ヶ月以上
■会社回答:0.8ヶ月(組合員・非組合員、同率支給)
 ユニオン組合は、前回夏賞与に行われた組合員と非組合員の差別支給に強い抗議を示してきたが、今回冬賞与において会社は、組合員と非組合員の差別をなくし同率支給とすると回答。

 

≪算出基準の開示≫
□組合要求:算出基準は、支給月数の回答と同時期に開示すること
■会社回答:11月17日の団体交渉時に開示
  今回冬賞与の算出基準(支給月数に対してどの様な査定が行われるかの基準)においては、会社は組合要求に応じて、1次回答時の17日の開示を行いました。しかし、全社的な開示は現時点では未定と回答。

 

≪算出明細書の発行≫
□組合要求:個人毎の算出明細書を、賞与支給明細書に同封すること
■会社回答:賞与支給時に間に合わなくとも1月の給与明細までには発行
 今回冬賞与の算出明細書(個人毎の支給金額を算出した計算書)において、会社は未払残業代等事務処理等の重なりから賞与支給時の発行は困難としたが、1月の給与明細書には同封すると回答。しかし、全社的な発行は現時点では未定とした。

 

≪支給日などについて≫
 支給日やそれに関わる個別対応についての回答を得ましたが、会社は12月1日の社内メールにて回答をされるとのことでしたので、ここでは割愛します。


 ユニオン組合の冬季賞与の要求は、社内外の状況を慎重に鑑み、妥当性と実現可能性について十分に検討を行った上での決定でした。

 そして会社の回答は、前向きな検討を誠実に行った上で決定思われるもので、ユニオン組合としては十分に評価できるものと考え、前回夏期賞与でペンディングとなっていた妥結回答と合わせ、一括の妥結を行う事と致しました。

 

 この日(30日)の団体交渉では、上記賞与の他に6項目にわたり議論を進めました。次回いくつかのトピックスをお知らせしたいと思いますが、今回は冬季賞与の会社回答をお知らせしてブログと致しました。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)