エディファミリー ユニオンのブログ

茨城県水戸市に本社を構える株式会社エディファミリー労働組合です。

ようこそ! エディファミリー ユニオン

社員の使命感で、社員自身によって結成された、社員のための自主独立の労働組合

 ------------------------------------------------------------------------

≪ユニオン通信バックナンバー≫ 以下、PDFファイルでダウンロードできます

H28年4月発行:【第5号】過去の残業代問題【勝利和解】/第51期に向けての要求書

H28年1月発行:【第4号】転換期を迎えるエディファミリー/第12回 団体交渉報告

H27年9月発行:【第3号】役員の作った労働組合「不当勧誘開始」(中面ポスター付き)

H27年7月発行:【第2号】団体交渉実施報告、対談「そもそもユニオンって何?他

H27年5月発行:【第1号】エディファミリーユニオン結成大会他、【号外】勤務時間中の組合活動

 ------------------------------------------------------------------------

エディファミリーユニオン相談ホットライン

エディファミリーにお勤めの方窓口:⇒eddyunionsoudan@gmail.com

 労働条件や労働環境に疑問をもたれた方は気軽にメールで相談ください

エディファミリー以外に勤めの方窓口:⇒eddyunionfrontdesk@gmail.com

 当ユニオン近郊にお勤めの方で社内ユニオン設立や労働問題の相談

NEW !
テーマ:

 2月の給与支給明細書に「年次有給休暇連絡書」が同封され、エディファミリーでは、有給休暇の残日数を初めて書面で知らされることになりました。
 これについて質問が多く寄せられたので、今回は久々に、「質問者」と「支部長」の対話形式で説明させて頂きます。

 

質問者入ってました!エディで初めての有給休暇の残日数の通知。

ところで、どうして通知されることになったんですか?

 

支部長説明するとちょっと長いんだけど、2015年4月、私が総務に有給休暇の残日数を問合せしたことが始まりで、その時の回答された日数が、私の計算とどうしても合わない。再度質問しても、「前からこの計算方法でやっています」との返答でした。

質問者

 

それで、総務の計算が正しかったんですか?

 

支部長いや、やっぱり間違っていた、入社日からの有給休暇のシミュレーションを作って渡したら、それでやっと担当者も事務処理上の間違いに気づいてくれました。

でも、その後のその間違いがどう処理されたかの報告もないまま月日が過ぎて、ちょうど1年過ぎたところで私の方から、有給休暇の件を持ち出して正式な回答をもらったんです。

質問者

 

どういった回答だったんですか?

 

支部長「指摘された日の月末にすべて修正は済んでいます」との回答でした。

でも修正をすれば良いという問題でもない。やはり、有給休暇の残数はキチンと社員一人一人に知らせ、日ごろから社員も有給休暇の付与と消化状況を確認できることが必要なので、翌月の2016年5月の団体交渉で、会社に有給休暇残数を給与明細に明記するよう要求したんです。

質問者

 

言われてみれば当たり前のことですよね。で、会社の回答は?

 

支部長「有給休暇の消化などは本人が管理すべきもの」「事務処理が大変で対応が難しい」との主張で、検討するとは言うもののなかなか受け入れなかったんです。

当時、エディで初めての春闘要求ともいえる「第51期に向けての要求書」と第2期未払残業代請求問題などで議案を多く抱えていたこともあり、その件に関しては継続継続で結論が出ないまま年末まで持ち越しとなったんです。

質問者

 

それでどうなりました?

 

支部長「本人が管理すべき...」に関しては、会社が有給休暇の間違いを犯すほどにエディの有給休暇規定は複雑なのだから、間違いを教訓に社員一人一人に告知すべきと繰り返し要求を出し、「事務処理が大変...」に関しては年に一回の有給休暇付与月の1月だけでも給与明細で知らせるべきと譲歩し、昨年12月に合意に達したんです。

ただ、今年の1月は未払残業代清算で処理が追い付かないから「2月の給与明細で」となったんです。

質問者

 

なるほど。それで、めでたしめでたしといったところですね。

 

支部長それが、これで終わりではないと思っています。

時間こそ掛かりましたが、結果的に会社は誠実に要求に応じてくれました。

でも、今まで見えなかった有給休暇に係る問題が、今後、見えてくると思うんです。

質問者

 

えー、それはどんなことですか?

 

支部長長くなったので、次回のブログでお話しします。

 

(その2へ続く)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)