病院に行ってきました1

テーマ:
さて

病院に行く当日
平日の午前中だったのだが
会社には風邪と報告しておいた。

ちょっと咳も出て風邪気味なので、バレはしまい。


嫁には普通に出勤を装う。


何も告げずに出て行くには
ちょっと心情的には苦しいが
これも我が息子の為。

余計な心配はかけさせまいとの気遣いと
勝手に思い込んで、ぐっと心にしまい込む。


さあ、出陣だ!



病院は家から電車で30分くらいの所。

地図を頼りに探します。

某EDクリニックの看板を発見。

・・・ついに来たか。

ちょっと緊張しながら、病院に入るとする。












AD

さあ病院に行こう

テーマ:
一通り、ED治療薬の予習が終わった所で
ついに病院に行くことにする。

以前、病院 選びで述べたが

・余計な検査がない

・一錠からでも処方してくれる

この条件を満たした病院を探すことにした。


他にも

・バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種をいっぺんに処方してくれる

という条件を付け加えることにする。

調べて分かったことであるが
薬によって、副作用が大きい、効き目が弱いなどで
個人差があるようで
やっぱり服用してみないことには分からないようだ。

自分に合った薬を見つけるために
全3種を一錠ずつ試してみたい。



タウンページで泌尿器科をピックアップし
電話で問い合わせた結果
割と近い場所に一院あった。


早速予約をする。


ついにデビューの日は近い。




AD

第4のED治療薬 ”ザイデナ”

テーマ:
先に紹介した
「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」
この3つと比較すると
格段にマイナーなのであるが紹介しよう

韓国の東亜製薬が開発した
第4のED治療薬「ザイデナ(Zydena)」だ。




私は中折れ(勃起不全)を克服した

既存の製品に比べて
副作用の影響が少ないのを特徴とする。


頭痛・顔面紅潮・動悸などは
他の3つのED治療薬では、多少なりともあるので
これがきついと感じられる方には
このザイデナが合うかもしれない。

持続時間も12~20時間と長く
余裕を持って使えるのもいい。

他のED治療薬と違い
東洋人男性に合わせて作られたとのことで
その点でも日本人の我々には適した薬かもしれない。


但し、日本では未承認の薬であるため
入手は個人輸入に限られる。

当然、病院では処方されないので
服用は完全に自己責任となる。
AD

第3のED治療薬 「シアリス」

テーマ:

私は中折れ(勃起不全)を克服した

持続時間が長いという特徴を持つのが
この「シアリス」だ。

アメリカのイーライリリー社の開発である。


この薬の長所は何といっても
その持続力。

36時間もの間、効果が持続するのだ。


なので、朝に服用してもOK。

夜に服用すれば、次の晩まで効果が持続する。

その持続力にも関わらず
他のED治療薬と同様に、服用後10数分で効果が出るというのだから
隙が無い。

また、レビトラ同様に食事の影響を受けないというのも
注目すべき点だ。


処方は5mg、10mg、20mgの3種類。

20mgがバイアグラの100mgに相当するので
これを服用すれば、バイアグラよりも即効性に期待できる。


第2のED治療薬「レビトラ」

テーマ:

私は中折れ(勃起不全)を克服した


ED治療薬の第2弾”レビトラ”

ドイツのバイエル社が開発した"レビトラ"。

バイアグラに比べると知名度は一気に下がるが、後発薬だけあってメリットは色々ある。

まず第一に、食事の影響を受けにくいということだ。

バイアグラの最大のデメリットは
食事の前後で服用すると効果が出にくくなってしまう。

つまり女性とデートして
食事その後ベッドインというときに
バイアグラでは息子さんが役に立たない可能性がある。

レビトラではこういった問題が無いので
使いやすいという利点がある。

別の利点としては
大容量の服用が可能ということだ。

バイアグラが50mgしか日本で販売されていないことは
前回説明したとおりであるが
レビトラでは10mgと20mgが日本で販売されており
レビトラの20mgはバイアグラの100mgに相当するという。

バイアグラの50mgを服用しても効果が現れない
という方は、レビトラの20mgを試してみてはいかがだろうか?