韓国しじぷさり日記 

韓国しじぷさり(姑仕えの嫁生活)。
言葉の深読み修行中。
目標はこっそり手綱を握ること。
見ざる3年聞かざる3年言わざる3年を卒業。
その後分家してしじぷさりも卒業。
現在、就職して韓国社会の片隅に生息地開拓中。

よろぶん あんにょんはせよ? 


就職しました。

がんばってます。






サブブログ
  韓国のコラムを読む  (放置状態ですが)


テーマ:



3年前に沈没した旅客船セウォル号が中国のサルベージ会社によって引き上げられています。

中国のサルベージ会社が日本の企業よりも格安で請け負ったそうですけれども、穴もあけずに船体を切らずに、という条件を満たし、十分満足のいく仕事をしてくれるなら、

御の字ということですよね。これも競争力ですわ。



パククネ前大統領の弾劾罷免以前から段取りをしていたのに、

引き上げのクライマックスは、運よく(?)ちょうど韓国の政権空白期なんですよね。

引き上げには、行方不明者の捜索という情緒的な命題もあるのですけれども、

沈没原因の解明というのもあります。

いろいろな噂が飛び交いました。

政府が秘密の積み荷を運んでいて、沈没をあえて見過ごしたという積み荷疑惑、

機雷疑惑、衝突疑惑、みんな根拠のないものですけれどもね、

300人の高校生の命の犠牲とともに海の底に沈められ葬り去られた陰謀論を、

解明したいから解明するというのは、科学の一歩ではあり、歴史の一歩でもあります。




ただ、

根拠がなくてもなぜか深く信じてしまうのを「疑心病」とも言います。

ちょっとした、こまごました些細な事からありえないほど大きなことまで皆、相手が意図的に自分に不当な被害を与えているに違いないと信じてしまう心。

(うちのお姑様が代表的な疑心病でしたね。)

(夜な夜な、次男夫婦が自分の悪口を言っていると信じてた)

(「ハミガキして寝よう」と毎晩こどもに言う言葉を「千万ウォンもらって家を出よう」と毎晩聞き間違える疑心病の空耳。そんな風に聞こえてたら、家族を信じれるわけないし、孫も可愛く思えるわけないですもんねー。)

(韓国のおばあさんたち、女性たちはけっこうな割合でこういう感じかも。)

(あ、それを言うならうちのだんなもそのケがありますね。株の取引きで、自分が買うと下がり、売ると上がるから、「うわー、操作してる!」って。悪く言えば軒並み引っかかるいいカモ。損切りがそのまま損失。株で損するなら株するな。特に今の韓国株で遊ぶな。)

(すみません熱くなりましたが話を戻します。)



その疑心病を、陰謀説を、船の引き上げ調査で解決できるかどうか。



だからセウォル号の引き上げは、

ただでさえ苦しい韓国の税金の無駄遣いではありますけれども、

原因を解明しよう、とか、噂が本当なのか、根も葉もないものなのか確かめよう、とか、

そういう、事実を誤認しないための作業としては、

民族情緒的な観点で、

投資するに値するにしても高すぎるけれどもまったくの無駄ではない、

無駄であるけれども無駄であることが無駄ではない研究の観点だと、

わたしは思います。

(なんかが出てくるとまた大騒ぎになるでしょうが)




行方不明者9名がまだエアポケットで生きているとは思いませんし、

サムソンのスマホの防水機能が未だ生きていて、生徒たちのスマホの証拠映像をたっぷり得られるとかではないと思いますが、

韓民族の情緒歴史の、ひとつのマイルストーンになるかしら。

これを本来ならば、パククネさんの任期中にやり遂げたかったのかもしれませんね。

切り札だったかもしれない。

そうして追悼儀式を通して、国民の心をひとつにしたかったのかもしれません。

その切り札は、

大統領候補および自分を徹底的に陥れるだろう新大統領と、自分を大韓民国の魔女として徹底的に裁判する側に渡してしまいましたけれどもね。

新大統領は、このカードを国民統合に有効に活用すると思いますよ。

もともと、黄色いリボンで大国民的に追悼集会を開催してしていた人たちですもの。

当選と同時に割れた世論を一つにまとめるのにうってつけです。

セウォル号は、韓国民の心をひとつにまとめる、崇高な偶像シンボルになるのです。

(被害者の追悼という意味では、慰安婦の像も、国民をひとつにするのにうってつけの偶像ですね)




3年ぶりのセウォル号の引き上げにあたり、

犠牲となった300名の人たちの冥福を祈り、

中国企業の競争力を評価し、

韓国の「検証」が、「まず結論ありき」にならずにそれなりに行われ、

かつ、陰謀を裏付ける新事実が発見されずとも、「無駄ではあっても解明の科学的努力をしてみたことが実益」と評価してくれることを期待し、

もしかするとすごいものがNかCがらみで捏造されてしまう陰謀の可能性のカケラは否定できないなと心の片隅でサスペンス劇場を思いながら、

パククネさんの政治生命を哀れみ、

新大統領においしい切り札のカードがソース付きで渡される皮肉を考えてみました。




 

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「韓国お台所事情」 の記事

テーマ:

3.11 東日本大震災から6年、7回忌に、

わたしができることは、yahooのワンクリック程度。

後は、震災関連の特集番組をチェックしようと思います。

やはり自分の中で薄れていく感じはします。

時は、記憶は、どうしても過ぎ去ってしまう。

それを時々、かつてを思い、思いを馳せ祈るための儀式が、○回忌なのだろうと思います。

安らかであってください。

幸福であってください。

これから強くしなやかに繁栄していけますように。





さて、韓国では、予期されていた3.10震災が、無事に成立しました。

パククネ大統領の罷免です。


<iframe width="480" height="270" src="https://www.youtube.com/embed/c5A1wg5FA-g" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>


まじめにリンクしましょうかね。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/10/2017031001209.html?ent_rank_news
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/10/2017031001274.html
 


憲法裁判官8人全員一致での弾劾。

ふふふ、だれも反対しませんでしたね。

罪状は罷免に妥当ということなんですねぇ。


・ 大統領演説原稿という国家機密を流出させお友達に意見を求めたり、高官人事に意見を求めた国政介入。

・ セウォル号沈没事件において適切に対処できなかったこと。

・ お友達の事業に企業からの支援を求めたこと。



わたしはやっぱり、これまでの歴代韓国大統領のやってきた不正に比較して、また、韓国社会に当たり前のこととして根付くお目上様職権乱用パワハラ文化と比較して、

どうしても、弾劾されるほどの罪ではないのだと言う気持ちが抜けませんが、

まぁ、良い方に解釈してみましょうか。


これまで歴代大統領がそうであったように、

いえ、これまでずっと、

官僚や公務員や学校の先生や地域の各種役員、会社においては社長に上司、社会における「お目上様」たちが常にそうであったように、

そして今でもそうであり、これからもそうであるように、

韓国の一般社会ではほぼ当然視されてきた、

韓国のお目上様文化に根差した、お目上様の横暴、職権乱用と不正、あったりまえの収賄文化、

普段は旧悪とみなされながらも未だ社会常識に近いものが、

ここで突然、

パククネ大統領罷免にのみ、きらめく透明性と公正性を発揮し、

韓国民の怒りとともに新しい常識が適用され、
 
韓国の未来を明るくしたのだと。



パククネ大統領お疲れ様でした。

韓国の歴史に名を刻みました。

汚名をすべてかぶって無言で退陣し、これからも追及されることでしょうが、

もしかすると歴史の1000年後に、再評価がなされるかもしれません。




ダブスタなんだよねー。


逆情状酌量、というやつでしょうかね。

特別に重く見る。

日本に対してのみ、重箱の隅をつつくように執拗に、不正の暴露と捏造まで動員した陥れがまだまだ足りないこれからも追及すべき正義の鉄槌であるのですが、

パククネ大統領にも、正義が遂行されました。

そうそう、まだまだ足りないこれからも追及すべき正義の鉄槌なので、

任期中は起訴されないという大統領の特権を奪われた後に、

徹底的に葬られることでしょう。

アメリカやドイツに、パククネ大統領の記念碑でも立つんじゃないかしら?

世界に悪行を知らしめ、世界平和と韓国の誇らしい被害者精神と民主主義の勝利を称えるために。

なんか、同病相憐れむというか、憎めないんですよね。




一方の韓国は、悪者は退治した。これで韓国は安泰、春が来る、というわけです。


それは、大統領さえ罷免すればすべての問題が解決されると信じている、韓国の易姓革命の考え方にあります。

天が味方しない、徳のない指導者の下では、すべてがうまくいかないから、徳のある指導者に挿げ替えればすべてが解決されるという信仰なのでしょう。

けれども普通に考えれば、問題は問題として残りますし、遅延した分悪化しているはずです。

たぶん、地震の後に、政治と経済と安保の津波が幾波も到来することでしょう。

けれどもそれらも、パククネの残滓として、責任を転嫁しながら、末永く憎み続け、

憎むことでハイ解決、中国のご機嫌をとることでハイ解決、とすることでしょう。




実はパククネ大統領は、何度か法的に弁明する機会はありました。

かつては、自分は罷免されるほどの罪を犯したわけではない、法で解決する、法廷で明らかにする、とも発言していました。(うろ覚え)

でも説明する権利を行使しなかった。

おとなしく退陣することで、国の混乱を収めようと思ったのでしょうか。



野党と韓国の民衆デモは、即時退陣しないことを批判していました。

パククネ大統領が国政を国会に明け渡しながら、それでも黙って大統領職に居残っていたのは、

大きく振れた振り子の振り戻しを待っていたのか、新しい事実と新展開を待っていたのか、それとも法や手続きというものを重要視していたのか。



忍耐の時間は大きな効果もなく過ぎ、けれども太極旗集会という、右派が表に出て来たという、少々の効果はありました。

少なくとも、論争はできます。少なくとも新聞社が、大統領候補とその支持層つまり退任ロウソクデモ参加者への批判と牽制の記事を載せても我が身が無事であることができる程度の民意は確認されたことは、

政治的には大きくなくても、心理的には非常に大きなことだったと思います。


ひとつ例を挙げます。こういうの、ロウソクデモ最盛期にはマスコミすら声に出せなかったのよね。
http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2017030900754





さて、権力の空白期に(すでに入っていますが)です。




アメリカの大統領の交代の時期、権力の空白期に飛び出す、神がかった牽制、例えば、

沖縄の基地建設に反対するなら、台湾に一部移してもいいよーとかね、

大統領が存在したら絶対に言えないことが、ポンと出てくる。

(トランプさんはポンポン言っては取り消すかもしれませんがって、もう「二つの中国」を言って取り消してるけど)


過去記事 すごい策士がいる
http://ameblo.jp/edamamemame/entry-12239875494.html


そこにわたしは震撼し、アメリカの底力を思い知りました。

大統領と国務省とペンタゴンと、まぁそれぞれ方針はあるんでしょうけれども、

だれがプロデュースしているのだろう?とね。




まぁ、韓国にはそういう策士はいそうにありませんけれども、

(日系韓国人であるトンデモ保坂さんが登用されるくらいに)

空白期には、どこかのだれかの考えが、飛び出してくるのでしょうから、

まぁそうでなくても、大統領選挙では自分の公約や方針を述べるわけですから、

まぁそうでなくても、すでに候補者がどちらを向いているのか程度の方針はわかってますけれども、

引き続き、大まかな流れを見ていきたいと思います。





あそうそう、韓国ではね、約束というものは、

約束したから盤石というものではない、碁石の一つです。

「約束」という概念は、完成してないバグばかりの状況でも発売して、バグが見つかるたびにアップデートしたり、市場の要求に応じてXから7から8が売れなきゃ10へとね、状況に応じて勝手にアップデートもし、削除もし、

けれどもすくなくともマイクロソフト社は互換性を維持してくれていますけれど、韓国はそういうの関係し。

当然、大統領が変われば以前の約束は無効であるし、大統領が変わらなくても状況が変われば当然無効であるという概念で「約束」とか「条約」とか言いますので、

その辺、厳格すぎる日本と、ルーズすぎる韓国と、一般にまかり通る世界常識と、世界常識を当たり前に覆す、力の論理(ルールメーカー、米中あたり?)で、実際の感覚はたぶん相当違うと思います。日本感覚ではけしてないです。


約束したことは鉄壁ではなく、揺れて流れる流しそうめん。割竹の角度をあちらとこちらでどちらに流すかの攻防ですよ。下手すりゃこぼれるし。

いやー他に何に例えようかな?天然もののウナギのようなもので、

国際条約として約束したことも(いったん交わした口約束に過ぎず)常に管理し常に掴んでていないと、逃げ出し泥に潜り込み、何の効力もないのだということを、ぜひ頭に置いておいてほしいです。

遺憾砲も、コメントする気にならない砲も、

空砲であることを自覚し、そこに実弾かVXガスを詰め込んでさえも、ただの一発ものであり、

絶え間ない弾幕を張ってこそ、効力を発揮し、

それでも相手とこちらとの攻防であるので100%はない、意識したとしても50%すらもない、意識しなければ0%もありうる。

異文化との約束とは、碁石のひとつである、一つ置いて合意ができることもあるし、詰むまで追い詰め続けないといけない攻防であることもあると、知ってほしいです。




アメリカだって、自分が約束したパククネ大統領の罷免前にTHAADを輸送してしまいましたね。

中国は、土地を提供するロッテを圧迫し、THAAD反対派を大統領につけることでしょうし、

韓国民はもともと約束は破るもんだと思ってますし、悪いやつがした約束はすべて無効、まじめに履行しちゃ自分も悪者になると思ってますから、

これもかなりの攻防がありますよ。

持ってきたTHAADを最速でアメリカに持ち帰らないなら、中国に技術をうっぱらわれるかもねー。




とりあえず韓国の世間は(歓喜とともに)回っておりますし、

わたしも通常通りの出勤の予定です。





最後になりますが、

パククネ大統領の弾劾、罷免に反対する集会の人が、切腹をしたそうです。

あれ、変ですね?

韓国は、焼身であるはずです。

ここに不正があると、天下に知らしめる社会的儀式が、焼身です。

わたし、切腹して見せたのは、

パククネ容認派は親日派である、右派は親日派である、という

パフォーマンスに雇われた、

捨て身の工作だと思います。





 
AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(1)

テーマ:


お局様が会社を辞めてしまわれました。




社内政治にあれほど長けている方、ほぼ創設メンバー。(といっても7年目ですが)

前の社長から可愛がられ、今の社長の元でも一目置かれ、

上司は何度も替わっても、一様に自分のシフトは趣味を優先させて火曜と木曜の夕方は空けてくれるよう、他の人には許されない便宜を図らせて来た人です。



空かない火曜と木曜は、個人交渉でシフトを入れ替え、

「シフト変更は大概にしてください」との上司からのお達しも、

「人は暮らして見れば家族を優先しなければならない時がある」とのシフト変更容認社内世論を利用し(造成し)、子供の風邪で欠勤の多い上司を黙らせ、

度重なる遅刻も揉み消し、自分だけ数連休を作らせて海外旅行も行き放題だった人です。

日本にも東南アジアにも行ったから、次は中国だと計画していた強者。

それを噂はされても公式には黙らせる社内政治力を持っていた人。



かつて同じチームで制圧されながら、お人好し三人組が力を合わせて慰め会いミスをカバーし会い、弱味を握られシフトや仕事を押し付けられないようかばい会いながら生きていました。

(現在はわたしがまた同じチームです)




キムさんは、給料もらってもすぐになくなるだろ?

と、別部署の上司から言われるとは、どれだけ広い交流をしているのだろう。



人脈も広く、時々社内で友達の会社のアイスクリームやコーヒーを箱で安値で販売斡旋して「三方良し」をしていたり、いきなり果物の箱を持って来て配ったり、

新任社長の毎朝の巡回時にうちのチームでコーヒータイムをと、素敵な陶磁器の専用カップセットを準備して毎日お出迎えする、感動的に可愛い部下です。

行き過ぎた、いえ、生きた人脈の相互流通に、お金と物と労力の投資を惜しまない人です。



人脈の要所には投資をし、

上には媚びまた弱味を握り、下は粗を探して頭を挙げられない状態に。


利害が合えば強い味方で利害が反すればこてんぱにやられる相手。

顧客相手には、聞きたいことを言ってあげ、えこひいき特別対応をアピールし、できる以上の便宜を図り、できないことでもリップサービスして信頼され、嘘でも言って喜ばれ、

その代わりに一番聞きたくないことでもそつなく受け入れさせる優れ者。



その掌握力でまた上から信頼される人です。




どうせなら、実力を買って(私の便宜を図って)くれるところがいい。


と、社に忠誠を公言していたお局様です。





そのお局様が、規得権を放棄して、会社を辞めました。







ヘッドハンティングです。

オープンした競合会社がうまく行っていて、引き抜かれた元上司がお局様を引き抜いてくれたんです。



沈む陽よりも、登るところで早いうちに基盤を作っとこうと思ってね。



お局様の美学にマッチしたのですね。







ところがです。






3月から競合会社に行くはずだったのに、

なんと採用は中止とのこと。





お局様の普段の素行を知っている職員が採用に反対しているとの噂が、狭い業界、狭い町内の噂で飛び交います。

すでに代わりに来ないかとの早急な求人も、裏で回っている。

先方の会社は、裏で人づてに求人しておきながら、「人は足りているから、辞めずに待ってろ」と、本人およびうちの人事に対して言うのだそうですが、


そんな、人(うちの会社)を無視した扱いに、いくら人手不足とはいえ、うちの人事もプライドがある。


お局様の辞職届けは当初の期日で受理されることになり、

失業者になってしまうお局さまは、焦っていました。






やっぱり、人は誠実に仕事をしなくちゃいけない。

と、わたしらの間の最年長の人がわたしらに訓辞として言いました。






まとめます。



社内政治に長けた実力者であらせられるお局様が、元上司から、ヘッドハンティングされた。



わたしの同僚筋からわたしの耳に入った話は、お局様の素行が問題で採用に反対する人がいて、急遽別の人を探しているということ。



うちの人事を経て社内に流れて来た話では、募集をしたら過剰になった、空きができるまでしばらく辞めさせずに置いておいてくれと。(この勝手さにうちの人事が反発した。)

(話しにならないこの話、きっと元上司が個人の顔で元の職場にゴリ押ししようとする、お局様救済策)



また別筋の噂では、あちらの会社で、部長と課長と衝突していて、お互いが「自分の人脈」で職員を採用しようとして起きたものだと。




つまり、

あちらの社内政治の押し合いへし合いが、

こちらに飛び火した一件でした。






そして、


一旦は宙ぶらりんになりかけたお局様ですが、

当初の採用通知通り、3月からあちらにご就職です。


つまり、元上司が、社内政治に一旦押されはしたが、自分の人脈で職員を採用することに成功した。

それも、最強の助っ人でしょう。



お局様はきっと、新たな地、成長するオープン企業で手腕を発揮して、元上司を支え、権力を広げ、社の業績も上げて行くことでしょう。





最後の最後に、シフト変更の要請電話をわたしにしながら、

一番たくさんシフトを代わってもらった、ありがとうと、別れの言葉をくれました。




彼女はわたしにとって、お姑様に続く、

韓国の象徴のような人です。





パワフルで可愛くて大迷惑な、お局様の未来に幸あれ。






いいえ、心配するまでもなく、

お局様は、力強く自分の人生と、自分の社内権力を広げていくでしょう。



むしろ心配される側は、

お局様に、「沈み行く」と評されたうちの会社であり、

そこに残る私達です。




お局様は、得意の顧客もヘッドハンティングすることでしょうし、



移籍3日目にしてすでに、その徴候は、見えています。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



優先順位、間違ってるんじゃないかなーと、

10年来、感じておりました。




かつては、北朝鮮と日本との、安保政策の順位がね。

現在のところ可能性の低い日本の独島侵略に備えるより、

現在絶賛進行中の、北の核開発とミサイル開発とに備えるのが優先じゃないかなーと。



今は、安保や経済と、大統領弾劾との順位がね。どっちが急を要するのかと。




北朝鮮寄りの離島が砲撃された時、

新聞の一面トップを大きく飾る、黒煙を上げる衝撃の島の写真の脇に、

同じく右脇の上段トップから(韓国の新聞は横書き右開きなので)、脈絡なくスペースを割かれていた、日本軍慰安婦の記事と写真に、

ああこういう時にこそムリクリこう来るのかと、韓国のマスコミのものすごい執念というかバランス感覚を感じたものでした。



それはずっと変わらないどころか、中国の台頭が目覚ましくなって来ると、中国と(アメリカも含め)、日本を貶めるための歴史共闘をしようということになり、

尖閣諸島と南シナ海に関連した日米安保の強化で「アメリカが韓国を日本の侵略から守ってくれている韓米同盟」の定義が崩れると、北朝鮮の宣戦布告宣言を鶴の一声で帳消しにしてくれた中国への信頼がにわかに高まり、

けれども中国が北の核開発やミサイル開発を抑制してくれないことに失望もし、

それならやはりアメリカに頼るしかないかとTHAAD配備を決定したら、反対の立場で韓国を圧迫してくる中国に当惑し、





そういう中でもいちばん一生懸命にやったのが、大統領潰しと日本叩き。






釜山は韓進海運の倒産でワヤワヤやってても、いちばん早急な問題として頑張ってるのは、

日本領事館前の慰安婦像設置。




韓国の大企業も中小企業も家計債務も危ないらしいのに、たぶん次に起こるのは、大統領弾劾の可否。

弾劾が不成立なんてしたら、大変なデモが起こりそう。



大事なことそっちのけ、足元そっちのけ、生活そっちのけ、問題解決そっちのけで、

韓国の皆さん一体何をやっているのか。





どっかの新聞社のコラムが、日本はディテイルに優れるが、韓国は大局に優れるだったか言ってました。





ああ、そうなんですね。なんかわかったような気がします。






慰安婦なら慰安婦、

大統領弾劾なら弾劾、




慰安婦が、売春婦だったか、募集だったか、成人だったか、報酬を得ていたとか、騙したのは悪徳業者だったとか、朝鮮人斡旋業者だったとか、

そういうディテイルは関係ないんですね。





大統領の公私混同、人事への相談、機密文書である演説原稿を流出させて意見を求めたのがどの程度の罪、弾劾される程の罪に当たるかなんて、

そういうディテイルも、関係ない。



大統領の友達が犯した収賄、それを幇助するような発言をしたことが、大統領にどれ程の罪になるのか、

大統領の友達の娘が特待生として出席日数不足でも名門学校を卒業したことが、

大統領が弾劾されるべき罪にあたるのかどうか、

そういうディテイルも、関係ない。






この、まさに最悪を迎えようとしている、韓国の状況、

政治もどん詰まり、経済もどん詰まり、安保も宙ぶらりん、この状況で、

韓国の皆さん、

尻に火がついたのに、一体何をとち狂ってるんだろうな、反日と反政府がそんなに重要なのかと思ってたのですが、

なーるほど、そうなんですねー。




正に、韓国人の民衆の情緒のうねりが求めているものは、国の繁栄、

そのために、一刻も早く国を正すこと。

一刻も早く、悪い大統領を辞任させることで、

一刻も早く、悪い日本を叩き、可哀想な民族の歴史と恨みを晴らすことで、

国を正し、経済を繁栄状態に戻すこと。




過ちを正せば国が栄える





韓国人の的を得ない必死さは、ここから来ているにではないだろうか。


いえ、日本人には的を得てないように見えても、韓国人にとっては核心中の核心かもしれない。

日本人が慰安婦と歴史問題と竹島と東海を反省しないから地震が起き続けると信じてるんだもの。



その価値観でこの状況だからこそ、

反日と反政府が、

至上で至急の課題と言うわけか。




なんかわかった気がします。

すごーい、マクロ視点だと言うことが。^^



パク大統領という偶像を引きずり下ろし、慰安婦という偶像をグローバルに増殖させ拝むことが、

韓国の全ての問題解決の、

緊急かつ核心の部分でした。









確かにねー、ディテイルは、後からでいいんですよね?

だって、

まず政権が決まらないと、韓国を救う、起死回生の素晴らしい政策にも、当然手がつけられないしね。

米大使も任命してもらえないしね。

まず日本を屈服させ従属させないと、どんな関係改善も用日もできないしね。(過去の清算なしに未来はあり得ないとはこういう意味だと韓国は思ってる)




ならば、日本に近い釜山の皆さんも、がんばるしかない。

慰安婦の像を守り拝むという正しい行いをし、悪の日本を貶めれば、

釜山の再興も成されることでしょうよ。






思えば、

北朝鮮との安保の問題も、

ディテイルの方に分類されるんでしょうかね。

わたしはこっちこそ死活問題かと思いますけど、

でも確かに、北朝鮮問題は、米中間との大枠がさだまらないと、動けませんものね?

アメリカを軸とした力の均衡による平和か、

中国をスーパーパワーとしたアジアの平和か。

(で、アメリカ陣営の盾=戦場となるか、中国陣営の右腕になるか、どっちがお得かと言えば聞くまでもない妄想)




パンドラの希望。

エリア88で、司令官のサキさんが言ってました。

希望が一番たちのわるいものだって。






そのためのスケープゴートを必要とし、

怒りと嫌悪と憎しみと排除が正義である韓国は、

まあ、ひとつの正しさ、正しい国なんでしょうよねー。




正しさって、いろいろローカルごとにあるんですよねー。




今日もひとつ、マルチカルチャーウォッチングをしました。





いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:



ハンソル君は無事保護されており、マカオに到着。

金哲名義のパスポートを持つ故人と身内であることをDNA鑑定するそうです。



ハンソル君は金正日の孫、金正男の長男として北朝鮮を除く一般に知られている = ハンソル君の遺伝的父親なら故人は金正男。

そういう身元証明になるんですよね?



北朝鮮としては、パスポートの主は朝鮮人民である金哲だとしているので、

たとえ親子関係が証明されても、建前上、

金王朝とは何の関係もない金哲という名の朝鮮人民の息子のハンソル、と、

そういうことになるのかな?




余談ですが、

金哲という偽名は、次男の金正哲を想像してしまうっぽい。

だって金が姓で正がドルリムチャ(兄弟従兄弟の回し字)なら、個人名は哲とか男とか恩だもの。

次男のを拝借?

あるいは次男? なーんちゃって。影武者説があったからさ。




あと、

ハンソル君の漢字は、韓松なんですって。


へーそうなんだー。



半島古来、南の地域にあった国々が「韓」。

大韓民国だって、修飾詞を取れば国名は「韓」。



半島古来、北の地域にあった「朝鮮」という国々に対抗する歴史を持つ(匹敵はしないし国力は足りないけれど)

「韓」の字と、

韓国の国歌でも歌われる、松。

どういう意味を込めてつけた名前なのでしょうね。



ハンソル君の妹はソルヒちゃん18歳。

松姫、松喜、松希、松戯、かな? 日本の常用漢字じゃない字も色々ありますが、ヒはだいたい「明るい」という意味を持つようです。




ちなみに韓国の愛国歌の2番の歌詞で歌われる松は、こうなってます。Wikiを参考に訳しますと、


南山の上の老松が鉄の鎧をまとうがごとく、風霜変わらざるは、我等の気性なり。


南山の嶺線に沿って、王都ソウルを守る城壁が築かれています。

韓国語の原詞ではただの松なんですが、訳詞では老松になってます。南山の松って、若い木ばかりの韓国のよその山に比べて、樹齢があるんでしょうかね。


4番では、この気性で忠誠を尽くし国を愛せ、とあります。




正男さんが長男のハンソル君の韓と松に、こういうイメージを持たせたかどうかはわかりません。

松であっても南山の松ではないでしょうが、


韓国人が「韓松」という文字から受けとるイメージは、たぶんこうだと思います。

親しみを持ちやすい。

それどころか金日成の曾孫が韓松とは感動的。

本人も可愛いし。




あ、失礼しました。検索してみたら、


韓松、とも

漢率、とも。


どっちかな。



漢字次第で、どっちを向いてるか、

全然違うわな。






ともかくハンソル君は、お父さんが亡くなっても、未だ、もしかするとさらに、

北朝鮮への最強カードには違いありません。




民主主義ではただのボク。

おじいちゃんの孫。

けれども世襲制、血統を神聖化させた金王朝においては、

王位継承権第二位くらい?

しかも正恩君の手の内にない、

危険人物です。





........生きにくそう。

遊びにも出れないよね。





つけたし

そういえば、

韓国ではハングル表記ですから、どのみち漢字は出て来ないですね。

ハンソル君はただの音でのハンソル君でしかなかったです。

韓だ松だ漢だ率だと、感慨にふけることもないでしょうね。




あれ?

北朝鮮こそ、漢字を完全に廃絶してなかったっけ? (漢字の位置付けがわからんです)



中国では韓松あるいは漢率君でも、日本では、

カタカナ音読みの、ハンソル君、かな?


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



故人のご生前のご苦労を偲び 、謹んで敬弔の意を表します。



たぶんやはり家督は長男に譲って弟以下は恭順して兄を命を懸けてお支え奉ってるんでないといろいろと大変だという例。

(韓国はだから日本に謝罪と賠償と、本質では恭順とお支え奉れを要求する)

(それは「そんなアホなことがあるか?」ではなく、民族情緒の常識による当然の帰結)




そして、

キムハンソル君、元気で生き延びてください。

(ハンソル君はとっても可愛いです。現在21歳か22歳。)

(妹さんは狙われないとは思いますが)
 



ハンソル君インタビュー
http://tv.naver.com/v/1451689

2012年 フィンランドTV (16歳くらいの時のですね)

は政治に対して本当に関心がありません。
叔父に会ったことはなく、どうやって独裁者になったのかわかりません。
祖父と叔父との間のことですから。

母は常に、平凡な住民と同じ生活をしろと言いました。

それでこそ国民のことをよく理解できるのだと。

父も常に、自分の背景を忘れ、腹をすかせた国民がいるということを忘れてはいけないと言いました。

そして常に深く考え、現在の自分に対して感謝しなければならないと言いました。
南北の間に政治的なイシューが多いんですが、

来年韓国に関する授業を受けることにしています。面白そうです。


編集が違うので、インタビュー内容はこちらからも抜粋します。
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LPOD&mid=tvh&oid=052&aid=0000974841

1995年北朝鮮の首都ピョンヤンに生まれ、3歳でマカオに移住しました。
祖父が亡くなる前に会ってみたかったのですが、会って言葉を交わしたことはありません。

叔父がどうやって独裁者になったのかはわかりません。
韓国の友人たちと話をしながら、言語や文化が同じで、非常によく似ているということに気付きました。

ただ政治的な問題で民族が分断されたのでしょう。
私は常に、いつか北朝鮮に戻って住民たちの生活を改善しようという夢を持っています。

また、統一に対する夢も持っています。




父は政治に関心がなかった、と言っていますが、内容を見るとハンソル君、家庭で帝王学を学んでますね。

彼が健やかに成人していることを期待してます。

でもこのインタビューの発言内容だと、ハンソル君も、命は危ないんじゃないかなぁ。

だって、正男さんは「長男」、ハンソル君は「長孫」ですもの。

嫡子、嫡流です。

家督は三男が継いでいるとしても、三男亡き後、担ぎ上げられるに十分な継承順位です。

だれか、どこかの国が、保護してあげてほしいなぁ。

正恩君に後継者が生まれれば少しは風当たりが弱まるかもしれません。

甥、というのも脅威なもの。




て、いやぁねぇ! 嫡子?嫡流?家督を継ぐ?

まったく、お家騒動じゃぁないですか。

もう21世紀なのに。

共産主義の指導者様方が、何の封建時代の王朝のように、家長制にのっとって、21世紀にグローバルにお家騒動をやっているのですか。しかも国家主権の外でやっちゃいましたよ。



正恩君は、安倍総理の訪米中に、移動式発射台から固形燃料の弾道ミサイルを発射しました。ノドン級。迎撃ミサイルを無効にし、先制攻撃も難しくした、大きな大きな発展でした。

そしてもうひとつの大きな前進、兄、正男さんの暗殺。

正恩君、内政および安保に、盤石の態勢を敷きましたね。

ほくほくですか?

正恩君、あなたも可愛い顔してひねくれてるよ。恐怖による統治だなぁ。

いっそ悪人面してた方がいい。

(余談ですが韓国は現在、怒りと憎悪による統治ですね。こっちもある意味盤石かも。)




けれども、国際世論に、安保の問題に加えて情緒的な理由も与えてしまった。

独裁ではない国は、指導者が勝手に国を動かせませんが、世論が理性的または感情的に後押しすれば動けるのです。

でもアメリカは、ここまで出しゃばってくるかなぁ。フセイン大統領やオサマ・ビンラディンにしたみたいに?

トランプさんはまだ就任間もなくて自覚も状況判断もまだっぽそうですし。

それに対ノースコリアというのは、どこまでも危害を防ぐ意味であって、戦って特に益はなさそうですよね。得になるものがない。反撃されるだけ無駄。
 

(あー、だからこそ、反撃が半島限定、よくて日本までである、今のうちだったりするのかな?)



本当は韓国が出ていくべきなんでしょうけれどね。パククネ大統領失脚前は、暗殺用特殊部隊を編成するぞと計画(脅し)をしていましたけれどね、どうなったのだろう。立ち消えだよね?



結局、インドや中国の核開発を傍観したようになるのかもしれませんし、

あるいは、サウスコリアの成功例に倣って、民衆蜂起、名誉革命を起こすプロセスや起爆ボタンが、どこかにあるのかもしれません。

もしそういうのがあるなら、そういうところは同じ民族情緒を持つ韓国が巧みにやっててくれるべきものなのですけどねー。意外にやられるばっかりで。

韓ドラやK-POPの男の子女の子たちが北の兵士や人民の忠誠心を奪う威力を持つどころか、南の大統領が失脚するほど民族情緒が正義に侵されているという成功例・・・(^^;)




では最後にもう一度。

あの可愛らしいハンソル君が無事でありますように。

貧しい国民のことを常に考えよと、今の自分に感謝せよと教わったと、知的な落ち着いた姿で言いながら、身の危険を呼ぶ墓穴を掘る素直な子のまま育っていてほしい。

裏の裏をかく知恵はつけても、心根のひねくれた人間に育たないように。

また、まっすぐな目でゆがんだ正義を信奉する人間にも育ってほしくない。

2012年当時のほっぺふくふくのハンソル君と同じ年頃の息子を二人持つ親として、ですかね。

21ったらまだ大学生じゃないですか。





追記

2016年夏に、3年の学士過程を卒業したそうです。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/02/16/2017021603384.html?ent_rank_news




 

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(1)

テーマ:



【社説】鳥インフル・口蹄疫が年中行事のように起こる韓国

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/02/07/2017020700980.html
(略)
韓国各地の畜産農家には、口蹄疫ワクチンの接種が義務付けられている。農林畜産食品部(農食品部。省に相当)は、昨年10月から今年5月までを「口蹄疫特別防疫対策期間」と定め、昨年末の時点でウシは97.5%、ブタは75.7%のワクチン抗体形成率を維持しているとしていた。口蹄疫が全国に広がることはないだろうと自信を見せていた。

 

 しかし、韓国政府の発表をそのまま信じるのは困難だ。取りあえず、今回口蹄疫が発生した忠清北道報恩の乳牛農場だけを取り上げてみても、昨年10月にワクチンを接種した記録はあるが、抗体の形成率は19%にすぎなかった。一部の畜産農家は、ワクチンを買っても接種は後回しにするという。乳牛や肥育牛は、ワクチンを接種すると、一定期間あまり飼料を食べなくなる。そのぶん、牛乳や肉の生産が落ち込むため、畜産農家はワクチン接種を後回しにするのだ。鳥インフルエンザのときも、一部の農家や関係者の無責任な行動が、事態を取り返しのつかないものにした。

(略)



ど~こ~か~に あ~な~が  開いて~~いるぅ~~
  (どこかで春がの節で)

セーフティネットが機能しない。

福島第一の四重の電源崩壊よりももっと楽天的な穴・・・



わたしが常々思っております、ケンチャナヨ精神の時代の終焉

もう終焉(終わりの始まり)もすでに終わって、もう終わりの終盤なのだと思うのですが、いまだに生きて働いているその価値観に驚きます。



80年代に韓国を育て上げたケンチャナヨ精神。

未完成のまま見切り発車をしても、製品化までには成長が追いついた。

そのスピード。


それが2000年代に入って、

見切り発車で輸出契約をしたけど戦車のエンジンが国産化できなかったとか、

見切り発車で建設契約したけれども原子炉を作れなくて困ってるとか、

見切り発車で開発したけれどもロケットが軌道に乗らなかったとか、

見切り発車で霧の中船を出したけれども沈んだとか。

見切り発車で誘致したけれども会場がまだ整備できていないとか、

(F-1はギリギリ大会は開催されたけどその後放棄(違約金払ったのかな?)、アシアンゲームもギリギリ開催されて、ヒラマサはいよいよ危うい。)

羅老号やセウォル号あたりが、なんとかなったかならなかったかの、ターニングポイントだったかと思います。

すでにその成長パターンは崩壊しているはずなのに、

まだ外国のつり橋なんかを受注してるんですね。かつての「日本より安く早く」の古臭い考えのままで。



アンケンチャナヨ。(大丈夫じゃないよ)



もう崩壊してるっつーのに、まだそのパターンでつり橋受注。

あぁ、でも、韓国人感覚ではまだ崩壊してないのかな?

戦車だって、エンジン抜きでトルコに輸出できたしね、ロケットも飛びはしたしね、国際大会も一部開催はできるかもしれない。

それで成功とみなせばよいのかも~。未完の完成。

鳥類インフルエンザは最悪に蔓延したけど卵は高いけど売ってるし、卵液も輸入できたし、鶏肉もずっと安売りしているしー、(こわ~~)

口蹄疫もまた出始めたけれど、今度は初期対応を徹底しようねー。



それで成功とみなせばよいのかも?
(次につながってもつながらなくても)



まーだケンチャナヨをやってるのか~。
いい加減わかってよねー。


と、あきれた日本人視点の記事を書こうと思って書き始めたのですが、

書き始めたら結論が変わってしまいました。




まだ、  だましだまし、  国は動かせるね。

まだ、惰性で、動いてるね。




まだ底は打ってないものね。



底を打って底が抜けたら、底力が発揮されるんだろうね。



韓国の底力って、おぞましそうだね。

 



わたくし同じく常々言っております。コウモリでいいから「美学を見せてほしい」って。

例えば、かつて外国から馬鹿にされてた自死、ハラキリ、カミカゼだって、日本では究極の美学なわけです。外国人、わかってねーなーと。


だから韓国だって、美学を見せてくれるならいい、そう言ってるんですけどねー。

美学がね、成熟した民主主義の名誉革命とかね、慰安婦合意を破棄する道徳心とかね、日本とスワップ結ばない自尊心とかね、

日本人としてはやっぱり納得できないアホ臭いこれらが、

なるほど彼らの美学であったかと、最近思うわけです。



で、次はこの美学で国を導いて外交して生き残ってみろよとなる。

通用するのか、競争力がある美学なのか。

(美学で国が滅びても当事者にとっては美しいものなのかなー?)

(あ、そうですね、日本の場合も、滅んでよみがえって美学はかつてのものとしても、現在のものとしても生きているしね。)



まぁ、放っておいたら、ただの阿鼻叫喚ですからね。

価値観は同じではないから、という基準で、異なるという事実をそのまま受け入れるなら、

国民、民族の心を打つ「美学」によって大衆の心がひとつにまとまりコントロールでき統治でき、彼らの考える道徳へと突き進むことができるなら、・・・・まぁそういうことなのでしょう。

・・・・・・まぁそういうことなのでしょうね・・・・・・。




でも先が見えないなぁ。

歴史に学ぶなら・・・?

倭人が住んでいたという任那は早くに滅び、和と組んだ百済も滅び、唐と組んだ新羅は半島を統一し、元と組んだ高麗は新羅を乗っ取り、清と組んだ朝鮮は高麗から権力を奪い、日本に屈した朝鮮は吸収され、中華人民共和国の血盟の朝鮮民主主義人民共和国はかつて栄え、アメリカに守られ日本から利益を得た大韓民国は今まで栄えていた。

をー、すっきりわかるわ。日本と組むと滅びてるね。日本が弱かったのね。で、アメリカがアジアに出て日本がアメリカと組んでから変わってるわけだ。

海の向こうにアメリカがいるからちょっと海洋勢力が強かった。それが少々弱まってきてるからまた不安定なんだね。

中国が不安定になるならわからない。維持できるなら大陸に寄る。


中国は国力を維持する?

中国経済もやばいらしいけど今のところもってる。バブルのおこぼれと、ハードランディングのおこぼれまでも韓国に利益として来るかもしれない。

鳥類インフルは中国でも猛威を振るっていて、人にも感染している。

中国で、人へと感染する変異を遂げても、もしかすると生き残るのは中国で、滅びるのは海外諸国かもしれない。

なんだか知れない底深さ。それが中国の底力かも。



ああ、話があさっての方角へと飛んでしまいました。

まーだケンチャナヨをやってるのか~。いい加減わかってよねー。

で記事を書くつもりが、

ケンチャナヨで阿鼻叫喚になっても、生き残るのは阿鼻叫喚に慣れている国かもしれない、になってしまいました。

EUも阿鼻叫喚の世界になって来てるっぽいですものね。

地獄絵図ぽい。

世界でいいとこどこ?

そりゃぁもちろん・・・・。

・・・・信頼と秩序の勝利を願う。





 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:



不出馬じゃなくて


落馬馬馬馬

って言うんですね。^^ 面白い。

馬を出さないんじゃなくて、馬から落ちてるのか。




支持率が下がったんだそうです。以前までトップだったのに、慰安婦合意を支持したり、切符買えなかったりして、評判が落ちた。

支持率は水物。それくらい、選挙戦で勝ち取ろうと考えないのか。

すごーく打たれ弱かったんですね。

韓国で言うところの、世界大統領10年。

失うものが大きかった。傷ついてはならない名誉だったわけね。


私の純粋な愛国心と抱負は、人格殺人に近い陰湿な攻撃、各種の虚偽ニュースのために、政治交代という大義名分が見えなくなり、むしろ私個人や家族、そして私が10年務めた国連の名誉に大きな傷だけを残すこととなり、結局は国民の皆様に大きなご迷惑をかけることとなりました。また、一部政治家たちの旧態依然で偏狭な利己主義的な態度にも極めて失望し、結局、彼らと共に道を歩むことは無意味であるとの判断に至りました。韓国日報、2月1日)



でも、純粋な愛国心と抱負があるなら、選挙戦、論戦を戦って民意を説得し勝ち取る気概が欲しかったな。

もしも韓国民が正しいと思っている方向性が過ってると思うならね。

でも自分が"ちゃるもってった"(過っていた)って思うなら仕方がないです。政治の世界がこういうものとは思わなかった?日韓慰安婦合意を支持してしまったのがこう響くとは思わなかった?

パンギムン氏はエリート高級官僚であって、政治経験はなかった。

お膳立てされた家督を鳴り物入りで受け継ぐ大名であって、主権を勝ち取る戦国大名じゃなかったんかな。



いいえ......それもあるけれど、

アメリカからのラブレター(拘束要請)も、要因でしょうよね。




中国の抗日戦勝記念に参加し、北朝鮮とも仲良くすると言う、積極的な親中親北であったパンギムン前国連事務総長ですが、

ご本家親中親北の大統領候補を相手にするには、それだけでは足りません。保守系候補として彼に求められていたのは、

国際社会への影響力や、アメリカとの外交バランス。




しかしそのアメリカから、のっけからいきなり梯子を外されましたものね。



潘基文氏「心配かけ遺憾」 米当局の弟拘束要請報道受け
http://www.asahi.com/sp/articles/ASK1P5DL1K1PUHBI053.html


1月10日に、弟と甥が、アメリカで賄賂疑惑で起訴され、韓国に身柄拘束を要請した。

先回も思ったのですが、(台湾への米軍基地移転の言及など)

アメリカって、自分とこの大統領の不在の時を狙って、こういう政治的に重たいことをするんですね。

自分の顔を見せないで、韓国の保守大統領候補を潰す。

残りは左派ばかり。韓国の保守支持者は投票すべき人に迷うことになり、保守党は出す候補に困ることになった。




大統領不在時にってねぇ......

アメリカのこういう一手は、誰の意思で、誰のプロデュースなのだろう?




顔はなくとも国は動く。

それを二国の事例で実感してます。



惰性で、止まるまでは動いているっぽい、小脳と延髄で、頭なしでも鶏は生きて走るっぽいのが韓国ですが、

顔を見せない時にこそさらに鋭い一撃を入れるアメリカって、底知れない感じがします。


過去記事 「すごい策士がいる」
http://ameblo.jp/edamamemame/entry-12239875494.html

こういう相手は敵でなくて味方であった方がいい。^^



そしてこういう時でも理性を働かせようとしない韓国のペッチャン(太っ腹)、スーパーポピュリズムは、

余りに無邪気だなと思います。



国家権力に、人間の源泉的な感情まで支配されなければならないのか!!??


これは、ある脱北者の方の、悲痛な魂の叫びでしたが、

これに感動する韓国の人々を見てわたしも同様に、北朝鮮は非人間的だなと思いながらも、

それはあながち北ばかりの話ではないぞと、

韓国では過剰に支配されてないぞと、

人間の源泉的な感情が国家権力を支配しているぞと思ったのでした。

極端と極端ですね。

韓国の名誉革命をお手伝いしてあげたのが北朝鮮なら、

その成功をまた輸出してあげればいいですよ。^^ 逆輸出奨励。

正恩君も少し影響されたのか、人民への愛と尊重を十分に表せない苦悩を告白するパフォーマンスをしました。

北の人民らはきっと涙を流して感動したことでしょう。国家権力によって支配された感情によってね。



情緒が国家権力を支配する、世界が羨んでいるらしい誇らしい民主主義の成熟形態、(北は羨むだろうな)

スーパーポピュリズムの楽園、韓国では、(北は羨むだろうな)

福祉のバラマキでも、経済政策でも安保政策でもなく、

シャーマンを拝んだと言って下ろされたパククネ大統領の代わりに、

今度は慰安婦像をどの候補が最も崇拝するかが争点となり、対日強行姿勢がバラ撒かれる。









賽は投げられた

(匙は投げられた)

(梯子は投げられた)

(スワップは投げられた)





撤退戦の名手、アメリカは

「アジア最大の米軍基地を作る」という名目で実質韓国に散らばった基地をなくして軍縮小し、陸戦をしない変わりに海で合同演習したり、グァムから爆撃機編隊を無着陸で北朝鮮スレスレに飛ばしてくれたりと、

このまま、強固な関係をアピールしながら徐々に引いて行くのかとわたしは思ってましたので、

親米保守派に自らとどめを刺したのは、

実はとても意外でした。

これは、素人にはわからない神の一手でしょうか。

それとも、素人でも丸わかりの神の一手でしょうか。





さて。

日本は、ふんばりましょう。

力の見せ所だ。

前線は決定的に後退しました。

以前からするすると言ってて準備は着々として来ましたが、

いよいよ後退します。目の前の海まで、離島まで、海岸線の穴まで、重要施設の平時の警備の穴まで。

最前線が目前に引かれる覚悟。

覚悟って、何するのー?と思えば・・・

思えば・・・・・・安部総理はすでに全て準備してるみたいですねー。

方向性どころかお膳立ては地道にほぼ終わってたかも。

メディアや政治であぶり出しが進んだのは先見の名でした。これで韓国の二の舞にならずに済む。賢い国民の民主政治ができる。

既に南シナ海の安保の一角を支援してますし、インドやオーストラリアなど要地のあちこちと連携してる。

それは準備100%ではない、押し合い圧し合いの中で51%かもしれませんし、

9条のせいで半分にもいかないかもしれません。

でも素人主婦が思いつくことはやっている、というか、素人主婦にかくあるべきだと教えてくれているから後追いで知っている。今の制約の中でできる限りのことをやっている。

それもたぶん言われてやったんじゃない、

自分で築いてアメリカに議会演説で安保を売り出しに行ったものね。すごいなー。

(バイマイアベノミクスも以前やったしね。)

あとは日本国民の自覚かな。

いつか一度、どこかで小さな火蓋が切られる経験をしたときに、国民の圧倒的大多数が当然の国防として政府と自衛隊を支持できれば・・・。


日本は持ちこたえ、繁栄することでしょう。

ブルーチームの最前線は繁栄しますよね。さらに日本は繁栄を後押しできる国力がある。

対してレッドチームの周辺地域は、旧宗主国様からも新宗主国様からも、たぶん力を押さえられるんじゃないでしょうか。 ブルーチームの長は、メンバーを相手チームにトレードするなら力を弱めて送り出したいだろうし、レッドチームの長は、新メンバーが従順にいう事を聞くまで締め付けて躾をしなくちゃいけないし。

(北朝鮮の面倒を見させれば一石二鳥とか考えるかな?)



そして後退した前線に置いてけぼりにされる韓国在住の日本人たちは・・・・・

置いてけぼりにされない努力をするか、

それでもさらなるアウェイでドラマチックに楽しく暮らす、気持ちの強さを持ちましょうよね。

わたし、日本人には、恨みっぽくならないでほしいです。

湿地でも高地でも砂漠でも一人でも、根を張って元気に生きてほしい。


 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(2)

テーマ:



うちの選挙区で選出している国会議員、●●●さん。

韓国の国会議員はしばしば「渡り鳥」と評されまして、

わたしもこれまで何度か、地元でバードウォッチングをしていました。


先日、パククネ大統領の権威失墜に伴う、セヌリ党分裂の際に、

うちの選挙区の渡り鳥議員さんは、ササっと処世をし、離党しました。 

やっぱりね。

そして離党を高らかに、誇らしげに宣伝する。



政治理念があるんじゃない、機会主義者だ。



とうちのだんなは評します。

あぁそっか。

わたしは「事大」と考えていましたが、だんなの方が的確ですね。

機会主義  です。

まず過去記事をさらっとご覧ください。



過去記事
チョルセ(渡り鳥)その1 韓国国会議員選挙に関連して
http://ameblo.jp/edamamemame/entry-10078259019.html

チョルセ(渡り鳥)その2
http://ameblo.jp/edamamemame/entry-10083761124.html

 

チョルセ(渡り鳥)の力

http://ameblo.jp/edamamemame/entry-10087102295.html

 

で、実はここで、日本語がほぼネイティブな韓国人さんから、「反日ではないけれど渡り鳥は事大主義ではない、こじつけこの上ない」「不快感」、というコメントをいただきまして、

「わたしも韓国を研究中で理解できない部分が多い、生半可な論評であるのは指摘してくれるとありがたい」という趣旨の回答をしました。


渡り鳥の巣
http://ameblo.jp/edamamemame/entry-10258827425.html


そして本日、

セヌリ党から離党したうちの選挙区の渡り鳥さんの行方を、

シンシアリーさんの記事で知りました。




この写真の後ろの方のあのお顔は、

もしかしてわたしが数年来バードウォッチングをしている、あの渡り鳥さんではないだろうか?

さっそくネイバーで検索してみましたら、

出ました。地元ニュース。

昨日、「正しい政党」の創立大会が開催され、そこでうちらの国会議員さんは、党のなんらかの委員長に任命されたようです。

韓国では、うちの選挙区では、渡り鳥がトップ当選するのです。

機を見るのに長けている、これは機会主義

しかし、「正しさ」の地磁気に惹かれながら、求め続け、彷徨い続ける

いえ、

季節風が吹くごとに、北へ南へ東へ西へ、

正しさが変わるたびに、

毎年ブレずに正しい方角に力いっぱい飛び続ける、



事大だと、わたしはやっぱり、思います。

権力への事大というか、正しさへの事大というか。


正しさが変わるたびに、季節が変わる毎に。

機敏に動くその感知力が、もう20年にも渡る、トップ当選の秘訣なのでしょう。

(それまでの実績の積み重ねである、とも言えるでしょうけどね、でも実績だけなら無所蔵でもいいはずなのに、党を何度も渡り歩くのは、やはり背負う看板の光りの効果が大きいからでしょうよね?)



ちなみに「正しい政党」は、パンギムン元国連事務総長を、

大統領候補として支持しています。




 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


右の頬を殴られたら左の頬を差し出せ


というキリスト教の教えが、

昨日、なんかストンと腑に落ちました。




昨日、職場で職員同士(女性)が金切り声をあげながら喧嘩したんです。

職務上のことなんですけれど、

をを!!

分家してお姑さまの元を離れてから久しぶりに見る韓国人の生態だなあと、脇で見物していました。

脇で見物とはいえ、野次馬の取り囲みではなく自分の仕事を淡々とこなしてはいましたよ。

でも無視しちゃいけない、アイコンタクトで肩をすくめる程度の共感はしましたが。



後ほど証言を求められました。

えだまめさん!! あの人私に対してパンマル使たよね!!?

(注: パンマル: ぞんざいな言葉使い)

(実際、ですます抜きで、うるさい黙れがついていた)

けれど、お局様から証言を求められても、


何でそこで黙ってるの!!??

おっと、お姑さまとの同居の癖で、

わめき声は「BGMスルー」する耳の仕組みになっていまして、

詳しい内容は脳内に記録されておりません......。

証人失格。

ここでお局様を擁護しながら一緒に憤慨して力強い証人になってあげれば、

その後「ウリ認定」に一歩近づけて職場生活が少々楽になるとはわかっているのですが、日本人は正直なので、

ヒアリングできませんでした。

と答える。

放送ではピーと言う場面ですからねぇ。




が、ひとつわかるのは、

売り言葉を2倍で買って怒鳴って返して相手を制圧して勝つ

という対話スタイルの二人だったことです。

右の頬を叩かれたら両方の頬をぶっ叩いて金切り声を出せ式




素晴らしい試合でした。

倍々ゲームですから、面白いほどエスカレートしていくのです。

韓国ドラマは日常にあり。

突き抜ける感情の高まりは、日本には存在しないので説明に困ります。

韓国ドラマを知ってるなら理解してもらえるでしょうが、あれは演技ですからね。


その言葉使いは何!!??

職務上の本題よりも、どっちの指示に従うかの上下の秩序の問題にすりかわり、言葉使いの問題になる。

一応、職務的には理はお局様にありましたが......。




そしてなんと、

お局様の敗北だったんですよ。







真の敵は、自らの交感神経でしたね。

熾烈だと噂されるお局様宅の夫婦喧嘩でも、ここまで興奮したことはないそうです。

人が凶器を手に取るのがよくわかったそうです。

でも手が痙攣をおこして麻痺したので、それ以上のダメージを恐れて、自らの怒りを終わらせることにしたのです。

あそっか、それは敗戦ではない、「終戦」ですね。

それに日本でも、「怒りに震える」という表現はありますもんね、未知ではないか。



それでもしばらくの間、怒気が抜けずに収まらぬ感情をもてあましていましたよ。

山が高いので、クールダウンも相当な標高を徐々に降りて来なければならない。

引き継ぎの時にもまた込み上げ、所々で蒸気爆発を起こし、先程の怒鳴り合いを身振り手振りで再現しながら、

次の会議にかけろと、問題提起をしていました。

(職務上の問題でもあり、感情的な報復でもある。感情が上だな。)

上にチクって周辺国を味方につけて勝つ、例の手法です。




倍返し

声の大きい方が制圧する

きっさうむ(気の戦い)

自律神経の乱れ

権力の濫用



「右の頬の教え」を韓国人が実行すれば、喧嘩もストレスも減ることでしょう。

怒りの倍々倍々連鎖を断ち切る教え、性質に合ったよい教えです。

だって喧嘩の発端は業務連絡なのですから。

「はい」で済んだものなのです。

(その「はい」を言わせられなかったお局様です)



お局様はね、公式の段階をすっとばして社長に直訴し采配を振るわせる非公式の人事権を持ってます。

それはちょっとしたアイスクリームの箱であったり、素敵なティーカップのセットだったり、手作りの写真立てであったり、奥さまと二人でよい時間を過ごして下さいの一言だったりします。

部下に愛される上司は、すごく嬉しいらしいですね。それも、浮いた存在である新社長とかにとっては。

同僚をまとめ顧客満足、上司に仕える親和力。

ミスを探して公開処刑をするのが趣味なので困るのですが、

秩序ある権力の座を築けば比較的穏やかで、尊重し頼れば喜び、人をたらす能力は逸品。

口喧嘩に負けはしても、政治力で負けはしないでしょう。

(なんかどっかの事件に似てるようですが)




あ、

右側の頬を叩かれたら左の頬を差し出せとは、

「権力に従順になれ」という教訓のつもりではなかったはずなのに、書いていたらそういう処世術っぽくなってしまいましたね。

本来書きたかった意味は、

「倍返しだと、意味不明にコトが大きくなるから悪循環を断ちましょう」

なんですけど、

自分でもわからないな、韓国の実際はこうなるから。






もうひとつ、



偶然を崇拝してはいけない



これも昨日、すとんと腑に落ちました。

どんどん、本題を離れてエスカレートし、どうにもならなくなるんですね。





でも実際、本質にはどんどん肉薄して行っている。





本質は恨みであり、





どんな話題も一事が万事でそこに行き着くのですから。





そしてその本質の昇華の象徴が、偶像となる。






どんな問題も偶像にたどり着き、

昇華の象徴でありながらも偶像には問題解決の力は何もなく、

結果、建設的な解決方法は全て、考えることすら放棄され、人々は偶像を感動の心で仰ぎ見続ける。

国の問題解決の筆頭に立つべき人ですら。

民意は大事ですものね。

仰ぎ見ちゃってるよね、民意の象徴を。

北も偶像の銅像や肖像が好きそうだけど。



何か変。

こういうことを戒める教えだったんだなあって。




ほら、韓国人の気質にぴったりのキリスト教、

いまこそ、迷える魂を導く仕事をしないの?


(魔鬼が早く改心し、偶像の心が安らかであるようにと日々祈りを捧げています。)
(たぶん)





いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。