皆さん、こんばんは。小娘です。

関東圏では桜が見頃のようですね。

来週あたり、我が街の桜も満開を迎えることかと

思います。

会社帰りに、桜が植わる土手へと降り、酔っ払った

サラリーマンに紛れて一人一杯やりたいものです。



さて。

今回は「ひ」をテーマに、お題は【秘書】で。

秘書という職業はよく耳にするのですが、

実際はあまりお会いする機会がありません。

それは、私が勤める会社が零細企業だからなので

しょうか。

まあ私のようなペーペー事務員が秘書の方と

接点がないのも当たり前の事なのですけれどもね。

うん? 書いていて悲しくなってきましたよ?



***



秘書【ひしょ】

平均月給:200,492円(関東圏)


秘書は社長や重役などの経営組織のトップクラスの

傍らで電話応対、資料や情報の収集・整理・管理、

スケジュール調整など、雑多な用事をこなしていく

のが仕事です。

秘書の仕事で特徴的なのは「頼まれたから、する」

のではなく、自発的に彼らのバックアップを行う

ということ。使い古した言葉で恐縮なのですが、

まさに痒い所に手が届く存在でなければならない

のです。

他企業の要人と接する機会が多いので、

きちんとしたオフィスマナーを身につけることも

仕事のうちです。



***



秘書。

どうして人はその名詞の語頭に「美人」を付けて

しまいたくなるのでしょうか。

医師、看護婦、OL、教師など、女性をイメージ

させる職業は他にも多々あるのですが、

その中でも秘書は別格な存在であると思います。


決して表に出る仕事ではない。

その仕事内容は大変細やかなものであるが、

欠いてしまっては会社運営に支障を来す。

秘書の「秘」という文字に色気を垣間見る。


この3つが秘書に「美人」を付けてしまいたく

なる要因を担っているのだ、と私は睨んでいます。






秘書を意味する「secretary」は、secretからきて

いるそうです。

つまり秘密ごとに大いに携わる仕事ですよ、という

直喩。

実際秘書は、まだ発表段階にない事柄に

かなり早い時期から携わり、

それ故誰にも相談せずに秘密を抱えて仕事を

していかなければなりません。

孤独ではありますが、自立心が確立される職業で

あることは確かなようです。



以前、とある社長秘書のブロガー様が

「社長と愛人関係にあった旨を、元秘書を名乗る

方が週刊誌に暴露していましたが、

そういうことは墓場まで持っていくものだ」という

内容をご自身のブログ内で書かれていらっしゃい

ました。(この方は聡明で、人間的にも大変魅力の

ある方です)

私生活に至るまで秘密を保持せねばならない職業

って、芸能人か秘書ぐらいですよね。

これまた下世話な話ですが。

社長付きの秘書は絶対社長とデキているという

構図も何故かすんなり肯定してしまえるのですが、

一体いつ頃からこの説が流布されたのでしょうか。

私はフランス書院あたりが仕掛けたのではないかと

睨んでいます。


秘書



『平成お仕事広辞苑』第27回【秘書】



― 終 ―




Writing by 小娘





AD

コメント(6)