戦争は国家に許された正当な喧嘩手段だ。
したいしたくないは別問題。
その行為自体を非難すれば、世界中で非難されない国などいくつも残らない。

中国なぞ、鬼畜行為をいまだに続けながら被害者面しているしたたかな野蛮人、
日本のマスコミや売国奴議員たちの犯罪的な無知につけこみ焼けぶとりを繰り返している。

今回の論文事件において、具体的な行動をその立場を利用して起こしたのであれば、文民統制の観点からも望ましくない。

しかし自衛官だから、思想信条も国家支給のものを纏え、というのは噴飯ものだ。
これすなわち、全ての公務員は、法律以外の政府見解に全て思想を矯正しろというのに等しい。
民主党もバカだが、自民党もアホ。

挙げ句の果てに退職金も自発的に返上しろ?



夜も寝ないで国家と国民の安全を守る自衛官の誇りを踏み躙るような発言は、士気を下げ、愛国心と義務感を奪うだけだ。


今回の事件で、国会において彼が守りたかったものは、
持論でも退職金でもなく


全ての自衛官とその家族たちが持つ誇りだったのではないかと思う。
AD